2007年 08月 13日 ( 3 )

グッバイ・レーニン!

勝手にドイツ映画祭り 第6弾!

ドイツがまだ東西に別れていた頃
夫が西へ逃れたショックで母は口がきけなくなる。
回復後は社会活動に熱心になり
共産社会に固執していく。

息子のアレックスは時代の変化を感じ
ベルリンの壁を行き来する自由を求めるデモに参加する。
その姿を発見した母は心臓発作になり
8ヶ月意識不明。
意識が戻ったときは『壁』が崩壊しているのだが
母の病状が悪化しないように
東西合併のことは秘密にすることを決心。

ここからアレックスの奔走が始まる。
周りの人々と協力して守っていく。
偽ニュースを作るのが可笑しかった。
撮影から編集から出演まで全部自分たちで制作。
協力してくれた友だちが良いヤツだねぇ。
友だちだけど顔がバレちゃいけないから
お見舞いに行けないってのが残念だったかもな。
生の反応を見たかったろうし。

40年間のヘソクリが数日でただの紙になった場面は
もうちょっと融通してやれよと思った。
国が経済的に崩壊したわけじゃないのに
元は同じ国なのに、、、無期限にすればいいのに。
お金って、やっぱ紙で
世界がこんだけの価値があるって思い込まないと
何の役にもたたないんだな。ンっとにねぇ・・・

ここまで一途に、無償の愛で
行動し続けるのってスゴいことだ。
国に振り回されたけれど
愛情がたくさんあってよかったな。★★★★ 

e0038717_1523150.jpgグッバイ・レーニン!
激動の80年代末のドイツを舞台に繰り広げられるコメディドラマ。心臓発作による昏睡状態にあったため、ベルリンの壁崩壊、東西ドイツ統一の事実を知らない社会主義者の母親。ショックを与えることが命取りになることから、息子は事実を隠そうとする。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-08-13 15:03 | 海外映画

ドリームシップ エピソード1/2

勝手にドイツ映画祭り 第5弾!

「荒野のマニト」(8/12blog参照)の監督で主要出演者が再登場。

未来の地球が火星人たちと
戦争になるかもしれないっ
過去に戻って火星の植民地化を防げば
戦争が避けられる。
そこで任命されたのがドーリームシップ号の
心は乙女な男たち。
ソファのタイムマシンでいざ2004年に!

この監督は西部劇と小学生男子が喜びそうな下ネタと
オカマちゃんが好きなようだ。
今回はCGも増量。

先きに“荒野のマニト”見た方がいいかも。
その他いろんな映画も?
エンドロールの後に何かが! ★★★☆ 

e0038717_1472368.jpgドリームシップ エピソード1/2
宇宙暦2304年。300年前にネバダ砂漠に墜落したUFOの中に、人類は火星を植民地化するための科学的な手掛かりを発見し、半世紀後にそれが実践されることになる。そして今、最初の入植者の子孫たちが地球への帰還を果たそうとしている—信じられないほど邪悪なレギュレーター・ローグル、そしてもっともっと邪悪な彼の弟子、ジェンズ・モールに率いられて。そう、彼らは正真正銘の'ワル'なのだ。その証拠に、火星人たちは青い地球を服従させ、真っ赤っ赤にしてしまおうと企んでいたのだった。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-08-13 14:10 | 海外映画

ミクロの決死圏

医療界の重鎮が襲われ意識不明になる。
脳に障害が起きているので
小さくなって人体の中に入り
悪い部分を治療する。タイムリミットは1時間。

はじまってからしばらくは会話がないので
音声が飛んだのかと戸惑った。

手順も細かく丁寧に練ってある。
一気に小さくして
チュッと注射器で吸い上げて
ピュッと打っちゃえばいいんじゃないの?
と思っていたけれど、そうか
ミクロ化した人たちには衝撃が大きすぎるのか。
すごく慎重に段階を踏んで行われる。

装置や体内の作りに手作り感があって
なかなかいいなぁ。
こんなのでゴッコ遊びしたら
相当楽しいだろうなぁ☆

通信がツーツートントンで
船内の人体図が紙なのがアナログ。
パソコンの存在を感じられないのが
時代を感じて面白い。

いろんなトラブルが起こってハラハラする。
ミステリ的どんでん返しも見所です。

人体の免疫力ってスゴい。守られているんだな。★★★★☆


ミクロの決死圏ってタイトルを
レンタルショップで見かけて借りてみました。
好きなテレビ番組、村上龍さんが司会する
『カンブリア宮殿』の中のコーナー名で
「ミクロの決死件」ってのがあるのです。
一般の人からの質問にゲストが答えるコーナー。

で、このDVDを手に取ると
上記の内容が書いてあって
昔、こんなアニメがあったなぁと思い出した。
結構好きだったのでボンヤリ覚えているのですが
タイトルが全く思い出せない。
設定のみ何となーく記憶しています。

そこで「ミクロの決死圏 アニメ」って検索してみました。
『ワンダービートS(スクランブル)』

こんな絵だったかなぁ〜? たぶんコレだろうな。
今見るとどうなのか分かりませんが
当時はすごく楽しみにしていた。
手塚治虫さんだったのかぁ。
機会があって興味があれば見てみてください。

e0038717_13354482.jpgミクロの決死圏
手術不可能な脳内出血患者を救うべく、人間を細菌以下にミクロ化し、人体内部から治療しようという前代未聞の極秘プロジェクトが開始され、5人の医者が体内へ送り込まれていく。しかし、彼らがミクロ化していられる時間はわずか60分しかない…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-08-13 13:38 | 海外映画