タグ:アニメ・ドラマ ( 19 ) タグの人気記事

借りぐらしのアリエッティ

胸キュンになること間違いなしの
ジブリの新作を観てきた。

印象的な主題歌からワクワクしすぎて
映画が始まったとき高揚感で
少しふるえたんだけれど・・・

BGMとか効果音の音が
シーンとずれてる感じがした。
やけに大きな音量と
ここでこの音楽かぁと。

アリエッティが初めて人間の生活空間に
立ち入ったときの衝撃を表現した効果音が
著しく違和感があった。
ストーリーを追っている中で
違和感が否めなかったのだ。
エラそーなこと言ってますが
感じちゃったんだよなぁ。

一人の顔がアップになって
しばらく台詞が続くのも
冗長ぎみだったし
間の感じがどうもズレているような・・・
終わったときは、もっとこのエピソードを
じっくり観たいと思ってしまった。

この映画はジブリの中の違う人が監督したという。
絵が宮崎駿さんだからって
監督が違っても、同じような展開で
同じようなクオリティを作れるわけじゃないのかな。
やっぱ宮崎駿さんてスゴいなぁ。
逆に、1から自分の世界を積み上げて行くってのも大変だけれど
もう出来上がっている場所で、違う人が継いでいくってのも
そうとう大変でプレッシャーなんだろうな。

近いとこでゲド戦記も違う監督が作っていて
どちらも既存の物語を、しかもシリーズものの
1編を映画にしたってところで
物足りなさを残してしまったのかもしれない。

サントラを買うつもりだったけれど
結局やめてしまった。
映画中での違和感が拭えず
他作品の時のように
音楽を聞いて作品の空気感を思い出すってことが
難しそうだったから。

こんなにズレるなら、むしろ音楽は無くてもよかったかも。
先日観た「ぐるりのこと。」では始まって1時間45分くらいで
ようやくBGMが入った。
そのくらいでも効果はあると思う。

トトロをオマージュしたかのようなシーンがあった。
借りぐらしのアリエッティ オフィシャルサイト
e0038717_2137431.jpg
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-08-14 21:40 | 邦画

つみきのいえ

「カールじいさんの空飛ぶ家」と
ペアで届いたのがこの作品。

じいさんの家、CGハリウッド VS ハンドメイド日本 か?
他にも優先的な映画を予約リストに入れてあるのですが
あえてこの2作品を組み合わせてくれたんでしょうね。
TSUTAYAディスカス、合わせなくていいから。

とはいえ、この作品は短いながらも
やはり妻への愛が伝わってきて
とてもステキな作品でした。

手作りの暖かみもあるし
静かな穏やかな間がある雰囲気は
とても日本的なんじゃないかと。
コマ撮りアニメ大好き。たまらん。

こういうコマ撮りアニメの雰囲気って
割と決まっているのかな、とも思った。
BGMとかナレーションの有無とか、
ストーリーや画風は違っていても
この手法でつくったアニメは
こういう感じじゃなきゃダメなんだ、というような。

セルアニメ(今もあるのか?)とか
3DアニメのBGMとは
一線を画してるけれど
でも、作家は違っても
印象がこんな感じなんだよな。お金の関係もあるのかな。







適当に集めてみましたが
やはり独特の、でも何となく共通した雰囲気。

お気に入りのパイプを取りに
海に潜っていくと
思い出の部屋を家族の歴史を遡るのと比例する感じで
通り過ぎて行くんだよね。
実家を離れて暮らしているので
ちょっと親に会いたくなったな。★★★★☆
時間が短い作品であるにもかかわらず
CGハリウッド VS ハンドメイド日本  において
まったく引けをとらない映画でした。

e0038717_21295371.jpgつみきのいえ
まるで「積み木」のような家。海面が、どんどん上がってくるので、家を上へ上へと「建て増し」続けてきました。そんな家に住んでいるおじいさんの、家族との思い出の物語。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-06-19 21:38 | 邦画

カールじいさんの空飛ぶ家

1ヶ月以上も更新してなかったのか!!!

ド・久しぶりでございます。
ゴ・無沙汰しておりました。
オ・元気でしたか?
そうですか。それは何より。

このところ、「つぶやき」でさえ
一言も発していないしだい。

て、ことで
カールじいさんですよ。
「カールじいさん」って言や
日本で生まれ育った人としては
あの、カルビーのサクサクおやつ。
あっちはオジさんでしたか。

もうね、借りたのは随分前ですが
何回も観たくなりました。
子どもとジイちゃんと動物の友情ってのは
けっこう鉄板的に感動する組み合わせですが
愛を一人だけに捧げたという部分でも
グッときたのであります。
や、子どもや動物にも
愛情を感じているんですが
一人の伴侶にってことですよ。グルグル(頭がyaya混乱)

悪役が、かつてのアコガレだった人ってのは
哀しいものですが
割と現実にもある気がしたな。
実際会ってみたら、違ったな。ってのが。
勝手に理想化したのはアンタでしょって言われりゃ
そうなんですけどねー。
イメージ戦略をマルッと信じちゃった
ピュアさっていうんですか?

悪役との戦いがメインではなく
物語のスパイスとしてで
それを含めたさまざまな
若干ドジな困難に遭って
果たして妻との約束が
無事叶えられるのかってのが
柱になているわけです。

笑いあり、涙あり、感動ありで
大人の心もキュンとさせるアニメなんて
とても素敵じゃないか、と思いました。

鳥と犬らが可笑しかったなぁ。
子どもがアジア系だったのも
なんだか良かった。★★★★☆

e0038717_20191546.jpgカールじいさんの空飛ぶ家
カール・フレドリクセンは78歳のおじいさん。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まった家で、一人きりで暮らしていた。
ある日、カールはトラブルを起こし、老人ホームに強制収容されることに。その時、彼はエリーとの「いつか南米を冒険しよう」という約束を果たすため、人生最初で最後の冒険の旅に出ることを決意する。そ

[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-06-19 20:27 | 海外映画

スカイ・クロラ

去年の夏ごろオススメしてもらって
年を越え、やっと観ました。

↓ネタばれ注意↓

戦闘ものアニメーションって
哲学がもりこまれていて
難しそうだなぁと
なんとなく気後れしていて観るのが遅くなった。

もちろんこの作品にも
哲学的なメッセージが込められているでしょう。
すべてを汲み取れてないかもしれないなぁ。


主人公の青年(少年?)は
戦闘目的で遺伝子を人工的に作られた人らしい。
彼がいうには
「大人になれないんじゃなくて、ならないんだ」だそうで
戦争も当初の原因がなんであったかは
すでに消え去り、どうでもよくなっている。
向かってくるから撃ち落とすだけ。
相手が人間だとかは、もはや無意味らしい。

驚くべきことに、もっとも強い敵である「ティーチャー」は
過去については少し触れるけれど
結局誰なのか、どんな人なのか
最後まで姿を現さなかった。黒ヒョウマークの戦闘機だけ。
不気味。

“主人公”っていうと
その世界において最も重要なキャラクターであるので
もし死ぬにしても、それがメインになるほど
大きな取りあつかいになるはずなのに
この作品では、あえて流れの中の一コマとして描かれている。

特殊な性質を持って作られた本人たちは
不自然な生体と環境のために
心を崩していく。
そうなるよなぁ。永遠の命をもらっても
人生の目的は戦争だもんな。

アマゾンの内容紹介をみたら
シリーズ作品らしい。
ってことは、この続きが原作ではあるってことか?
原作者の森 博嗣さんといえば
お家にでかい電車模型がある
面白いガッコの先生だったよな。

なんか評価が分かれるようですが
オススメしてもらったのを抜きにしてもよかった。★★★★
CGIと音楽がまた見どころ。

e0038717_1553429.jpgスカイ・クロラ
日本が誇るアニメ界の巨匠・押井守監督が手掛けた長編SFアニメ。現代に似たもうひとつの世界。平和を実感するために“ショーとしての戦争”が行われる中、思春期のまま戦闘機のパイロットとなることを余儀なくされた通称“キルドレ”たちの運命を描く。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-01-16 16:03 | 邦画

HEROESseason3 vol.1〜3

久しぶりにヒーローズ。

どんどん混乱してハラハラして
観ているあいだ
眉間にシワがよってました。ムムム・・・

善と悪の混濁。
もはや地球を救うヒーローは誰なのか
全く分からなくなった。

特殊能力を持っている人が
それぞれの場所で
世界を滅ぼすとか救うとか躍起になっているんだよな。
ヒロが地球を救おうと奮闘している別のところで
ピーターやクレアも救おうとしていて
それぞれがそれぞれの行動をするので
なかなか状況を収拾できないんじゃ?

さらにヒロとピーターの二人が
過去と未来を行き来していて
知らないところで未来をかえあっているから
「あれっ?こんなはずじゃなかったのに」って
展開になるんじゃ。

日本人のヒロとアンドウ取り巻く出来事が
可笑しくて緊張を緩和する。
日本人とからむとき他の人たちの
どこかぎこちない感じもちょっと笑っちゃうな。

e0038717_17553262.jpgHEROES season3
突如、特別な能力に目覚めた普通の人々。彼らは戸惑いながらも自らの運命に従い、人類を滅亡の危機から救った。だがそれは、これから始まる本当の脅威の序章にすぎなかった。能力を取り戻し、真の怪物と化したサイラーの復活。また、心の闇に支配された能力者たちが現れ、善と悪の境界線が崩壊する。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-01-09 17:58

恋愛偏差値 第1章「燃えつきるまで」

ずいぶん前に予約していて
すっかり忘れていたので
届いた時驚いた。

関口知宏さんが出演しているから
きっと予約してたんだろうなぁ。

テーマは「女の嫉妬」。
これはドラマなので
ここまであからさまなのは滅多にないにしても
大なり小なり誰しも持っているものだろうな。

嫉妬心がわいたときに
人ってどうするかってのが話しの柱で
普通、主人公って品行方正な人だけれど
このドラマの中谷美紀さん演じる主人公は
別れた恋人の合鍵を返さず
こっそり部屋に入ってチェックするという
異常な行動に出てしまう。

それを止めてくれる人が側にいたから
苦しみながらそれに気づき救われるのですが。

その部屋に入られた元恋人役が
関口知宏さんでした。笑顔が素敵。

そうじてドロドロとした
見ていて楽しくなる内容ではなかったので
途中何度も早送りしてしまった。★★★
ドラマってその時の時代性もあるからなぁ。
雰囲気というか微妙に古く感じるところもあったり。

シリーズもので
第2章「PARTY」は常磐貴子さんが、
第3章「彼女の嫌いな彼女」は
財前直見さんと柴崎コウさんが主人公。

テーマソング、MISIAの「眠れぬ夜は君のせい」が
この季節とてもあっていてグッときた。

岡田准一さんのちょっと切ない役が評判だったようです。

e0038717_0185535.jpg恋愛偏差値 第1章
恋も仕事も順調だった女性が、恋人にふられたことで、人生の歯車が狂ってゆく。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-12-21 00:24 | ドラマ・アニメ

おじいさん先生 熱闘篇vol.1

大宮エリーさん演出。

電気グルーヴのピエール瀧さんが
ひん死のオジィジに扮し、
その脱力感によって“やんくみ”的活躍をするという話し。

あの人は男闘呼組だった人?
しかしこの↑あて字スゴいですね。
エンドロールで知りましたが
イラストレーターの五月女ケイ子さんが出演していたり
なかなかマニアックな人選です。

じぃじを演じていても
若い活力は隠せない。んーーむ。★★★
e0038717_2362419.jpgおじいさん先生 熱闘篇vol.1
『サラリーマンNEO 』の脚本を手掛ける大宮エリーが監督を務める学園コメディの第1巻。エンペラー学園の3年D組は、いつも不良たちの溜まり場。そんな不良たちに業を煮やしたマドンナ先生は彼らを叱り付けるのだが…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-06-27 23:14 | 邦画

1min.ドラマ エル・ポポラッチがゆく!!

大宮エリーさん脚本で借りました。

NHKの番組と番組の間にはいる
1分間で終わるドラマということです。
なんどか見たことあるけれど
まさか1分で終了とは。
15分ドラマの宣伝かと思っていました。
気になっていたわりに忘れてた。

面白いのに民間放送じゃ
スポンサーとかの関係でできなそうな
NHKっぽくなくて、NHKの雰囲気じゃないとダメなような。

大宮エリーさんは随分前に
ラジオのゲストで出られていて知りました。
東京大学出身で頭脳明晰であろうのに
大胆かつ、ざっくばらんなサバサバ感が面白くて
エッセイ本「生きるコント」を読むと
んーやっぱり可笑しい。

エル・ポポラッチは覆面レスラーで
正体不明のわりにバレバレな感じもゆるくていいなぁ。
女優陣のコメディエンヌぶりが可愛らしい。★★★★☆



e0038717_937446.jpgエル・ポポラッチがゆく!!
「エルポポラッチが行く!!」とは… 謎の覆面レスラー「エル・ポポラッチ」(演者不詳)と、彼を取り巻く人々との交流を描く、僅か1分のナンセンスドラマ。2006年3月より、NHKで始まったこのドラマはえっ!なにっ?今の番組?それともCM?と気になったときには終わってしまう。しかも、前代未聞のゲリラ放送、番組表にさえ告知されていない。それにもかかわらず、通常のドラマ並みの豪華な出演者… NHKの斬新な試みが、ネットで話題となり、「どうやってみるの?」「何話あるの?」と問い合わせが殺到した。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-06-21 09:50 | 邦画

ムー 1巻

1970年代のホームコメディドラマ。

ジャケットの絵が横尾忠則さんだったので借りました。
展覧会とかで見たことあったこの絵は
このドラマのだったんだ。へぇ〜〜☆と感動。
オープニングの横尾作品の映像と
シタールの奏でるインドっぽい音楽とともに
このドラマってどんな話し?と若干の混乱をもよおします。

内容はインドと全く関係なく
東京の足袋職人一家を中心に
家政婦とかご近所とかをまきこんで
色んな出来事が起こるって感じでしょうか。
コメディなんだけれど70年代という時代のせいか
今のドラマより思い切った感があって逆に新鮮な気がする。
希木樹林さんと郷ひろみさんの
突然のダンスとか、頻繁に起こる階段落ちとか。

現在はほとんど見なくなった木造で
足袋を作る作業場とお店と家が一緒になっている家ン中を
働き者だから小走りで家事をする。

名前の後に(新人)とついている
岸本加世子さんがピョコンピョコンとしてて可愛らしい。
お姉ちゃん役の人、名前が分からないけれど
見た感じが今もあまり変わらないんじゃないかなぁ。見たことあるなぁ。
チャキチャキの江戸っ子なサッパリしてて、とても素敵です。
当時は売れっ子アイドルだった郷ひろみさんは
むしろ今の方が濃いというか鍛えてる。同一人物なんだよなぁ。
希木樹林さんとのコントが今に通じるか。「郷れすっ☆」
希木さんの神出鬼没でクニャクニャした感じの家政婦が
なかなかのトラブルメーカーで不思議な存在感。

今見ても面白い、今じゃちょっと観れない感じのドラマですね。

(後日記)×希木樹林さん → ○樹木希林さん でした。

↓コレッ 横尾さんの絵だーっ
e0038717_1858565.jpg
ムー 1巻
足袋の老舗「うさぎ屋」を舞台に、型破りな一家が巻き起こす奇想天外な騒動の数々を、コミカルに描く。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-02-11 20:39 | 邦画

ヒーローズ vol.1-1

何の話か全く分からないけれど
「ヤッターーーーッッッ」
高い声で叫ぶ日本人が気になってた。
偶然テレビをつけたらその人が出ていたので
見てみるとマシ・オカって人らしい。
ってことから借りてみました。

自分の超人的能力に気づき始めた人たち。
ある使命によって繋がっていることが明らかになっていく。
それは何者かの策略を暴き
立ち向かうためだったのだ!って感じなんでしょうか。

ときどきグロくて、オェ〜〜っとなりますが
違和感ありまくりの日本風景と日本人が
笑いの要素となって面白い。

1枚のDVDに3話あったけれど
イントロのようなので
これからどうなっていくか気になります。

e0038717_2341193.jpgヒーローズvol.1-1
ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガス、テキサス、そしてインド、東京。何千何万kmも隔てたそれぞれの土地で、ある奇妙な現象が同時に発生する。それは平凡な人々に突如、スーパーヒーローのような超能力が備わるというもの。ある者は空を飛び、ある者は不死身の肉体となり、ある者は未来を予知し、ある者は時空を曲げるなどの能力を手に入れ、使命を感じる者もいれば、不安におちいる者もいる。いったい誰が、何のために、彼らにそんな能力を授けたのか。人類を救うためか、それとも只のいたずらか。そして、彼ら HEROESや人類を待ち受ける、巨大な運命とは……!?
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-08-12 23:49 | 海外映画