ランド・オブ・プレンティ

ヴィム・ヴェンダース監督の
ドキュメンタリー的なカラー作品。

9.11後のアメリカ。
誰に頼まれるわけでもなく
自国を守りたいと思うあまり
街をパトロールするポール伯父さんを
長年、海外で生活していた姪が
母(伯父さんの妹)の手紙を持って訪ねてくる。

二人は中東に対する意識が真逆。
伯父さんはターバンを巻いている人を見るだけで
テロリストだと決めつけ、
ビデオカメラや遠隔スコープなど搭載したボロボロのバンで
執拗に追跡し調査記録をつける。

姪は人種を差別することなく
お世話になっている教会で
貧しい人たちに混ざって
配給をしている。


アメリカは正義だと強く信じる伯父の目の前で
ある事件が起こる。
徐々に状況を見つめながら
姪に導かれつつ
あたらしい事実に気づいていくのだが・・・

伯父はベトナム戦争の経験があり
9.11でその時の場面がフラッシュバックを起こし
ピンク剤と呼ばれる枯れ葉剤の影響で
いまも苦痛を強いられながらも
戦争に勝ったしアメリカのしてきたことを信じてきた。
情報が限られた状況に置かれただろうし
自国を救いたい!って強い気持ちは責められない。

マイケル・ムーア監督ほど
パワフルでガンガンと強烈に訴えてはこないけれど
市民の気持ちと事実の間にある捻れに
本当に自由の国なんだろうかと感じた。


姪と伯父さんがある家を訪ねたとき
ハチドリがプププと飛んできて
家先の餌にくちばしをのばすシーンが印象的。

姪の信仰するキリスト教の「慈悲」という思想が
抜け道がないようなどうしたらいいのか分からない状況に
救いを与えているような気がした。★★★★☆
ぜひ、監督のインタビューも見てみてください。

e0038717_1246741.jpgランド・オブ・プレンティ
イスラエルで育ったアメリカ人のラナは、亡き母の手紙を伯父ポールに渡すために10年ぶりにアメリカの地を踏む。伯父はベトナム帰還兵。9.11のテロ以来、アメリカを守ろうとひとりで警備を続けている。そんな彼らがアラブ人の殺人事件をきっかけに再会。ラナは遺体を家族に渡すため、ポールは事件の真相を究明するために、一緒に旅立つことに。
[PR]
# by ukigumo-kaza | 2010-02-21 12:51 | 海外映画

ナイト・ミュージアム2

夜警から社長になっていたのか、主人公は。
もう、ファンタジーなので
少々の強引な展開は仕方ない。
とはいえ・・・

ドタバタな展開の中で
なんか強引に進んで行った気がするんだよなぁ。
「走れメロス」的な救出劇がメインのようで
元の博物館に戻りたいっていう
展示物たちを救うようで
どっちもメインになりきれてないような。
息子の遠隔援護も
途中で携帯を絵の中に落としたばかりに
結局やりきれてなかったし。

前回活躍したキャラクターが
ものっすごい脇役になっていて
じゃあ新登場の悪役キャラクターが
強いかっていったら
おバカすぎてなんてことない。

子どもたちも満足いかなかったんじゃないだろうか。★★☆

e0038717_12151184.jpgナイト・ミュージアム2
ある日、ニューヨークの自然史博物館にいた展示物から元警備員のラリーに電話が入る。その前日、展示物たちはワシントンにある世界最大の博物館スミソニアンの倉庫に移送されたが、不思議な力をもつ“魔法の石板”が一緒に運び込まれてしまったために、新たな博物館であらゆるものが生き返ってしまったというのだ。
[PR]
# by ukigumo-kaza | 2010-02-11 12:16 | 海外映画

ことの次第

ヴィム・ヴェンダース監督のモノクロ映画。

映画をつくっている途中で
資金とフィルムが底をつき
スタッフ、出演者が
荒廃した建物でどうすることもできず
もんもんと時を過ごす。

モノクロのSFより
カラーのハリウッドだよ映画は。って話か?
出資者は組織のお金に手をだしていたので
追われる身にもなっていて。

主なテーマは「売れる映画」と
「監督のとりたい映画」でのズレによる
関わった人たちの苦悩みたいな感じかなぁ。
そして、「死」が所々に現れて
いっそうやるせない感じが漂う。

10歳くらいの少女が2人出てきて
「死ぬって眠ることと同じだと思うの」みたいな会話をする。
死について割と冷静に恐がりもせず
悟った感じが不思議。

ところどころ出演者やスタッフたちが
含蓄ある言葉をつぶやくので
それがこの映画をちょっと深いところに沈めている感じ。

ラストの展開がちょっと「ん?」となったけれど
やはり、これはこれで映画製作の
苦悩と困難を表しているのかなぁ。★★★
e0038717_18535620.jpgことの次第
ポルトガルの海岸に建つホテルに滞在中の映画撮影のスタッフたちは、資金が足りなくなりLAに戻ったプロデューサーが戻ってくるのを待っていた。しかし、一向に戻ってこないため、監督はプロデューサーを探しにLAに飛ぶが…。ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作品。
[PR]
# by ukigumo-kaza | 2010-02-07 18:55 | 海外映画

スカイ・クロラ

去年の夏ごろオススメしてもらって
年を越え、やっと観ました。

↓ネタばれ注意↓

戦闘ものアニメーションって
哲学がもりこまれていて
難しそうだなぁと
なんとなく気後れしていて観るのが遅くなった。

もちろんこの作品にも
哲学的なメッセージが込められているでしょう。
すべてを汲み取れてないかもしれないなぁ。


主人公の青年(少年?)は
戦闘目的で遺伝子を人工的に作られた人らしい。
彼がいうには
「大人になれないんじゃなくて、ならないんだ」だそうで
戦争も当初の原因がなんであったかは
すでに消え去り、どうでもよくなっている。
向かってくるから撃ち落とすだけ。
相手が人間だとかは、もはや無意味らしい。

驚くべきことに、もっとも強い敵である「ティーチャー」は
過去については少し触れるけれど
結局誰なのか、どんな人なのか
最後まで姿を現さなかった。黒ヒョウマークの戦闘機だけ。
不気味。

“主人公”っていうと
その世界において最も重要なキャラクターであるので
もし死ぬにしても、それがメインになるほど
大きな取りあつかいになるはずなのに
この作品では、あえて流れの中の一コマとして描かれている。

特殊な性質を持って作られた本人たちは
不自然な生体と環境のために
心を崩していく。
そうなるよなぁ。永遠の命をもらっても
人生の目的は戦争だもんな。

アマゾンの内容紹介をみたら
シリーズ作品らしい。
ってことは、この続きが原作ではあるってことか?
原作者の森 博嗣さんといえば
お家にでかい電車模型がある
面白いガッコの先生だったよな。

なんか評価が分かれるようですが
オススメしてもらったのを抜きにしてもよかった。★★★★
CGIと音楽がまた見どころ。

e0038717_1553429.jpgスカイ・クロラ
日本が誇るアニメ界の巨匠・押井守監督が手掛けた長編SFアニメ。現代に似たもうひとつの世界。平和を実感するために“ショーとしての戦争”が行われる中、思春期のまま戦闘機のパイロットとなることを余儀なくされた通称“キルドレ”たちの運命を描く。
[PR]
# by ukigumo-kaza | 2010-01-16 16:03 | 邦画

HEROESseason3 vol.1〜3

久しぶりにヒーローズ。

どんどん混乱してハラハラして
観ているあいだ
眉間にシワがよってました。ムムム・・・

善と悪の混濁。
もはや地球を救うヒーローは誰なのか
全く分からなくなった。

特殊能力を持っている人が
それぞれの場所で
世界を滅ぼすとか救うとか躍起になっているんだよな。
ヒロが地球を救おうと奮闘している別のところで
ピーターやクレアも救おうとしていて
それぞれがそれぞれの行動をするので
なかなか状況を収拾できないんじゃ?

さらにヒロとピーターの二人が
過去と未来を行き来していて
知らないところで未来をかえあっているから
「あれっ?こんなはずじゃなかったのに」って
展開になるんじゃ。

日本人のヒロとアンドウ取り巻く出来事が
可笑しくて緊張を緩和する。
日本人とからむとき他の人たちの
どこかぎこちない感じもちょっと笑っちゃうな。

e0038717_17553262.jpgHEROES season3
突如、特別な能力に目覚めた普通の人々。彼らは戸惑いながらも自らの運命に従い、人類を滅亡の危機から救った。だがそれは、これから始まる本当の脅威の序章にすぎなかった。能力を取り戻し、真の怪物と化したサイラーの復活。また、心の闇に支配された能力者たちが現れ、善と悪の境界線が崩壊する。
[PR]
# by ukigumo-kaza | 2010-01-09 17:58

あけましておめでとうございます2010

e0038717_13142423.jpg

カレンダーも新しくしまして
心なしか太陽の光も去年と違うような
新鮮さを感じます。

みなさま、よい一年を過ごせますように。
[PR]
# by ukigumo-kaza | 2010-01-01 13:21 | 今日のひとしゃべり

ゆく年くる年

2009年も終わりに近づいてまいりました。

毎年恒例の「今年も一年ありがとう参り」を浅草寺へしてきました。
毎年恒例の年越しうどんも食べました。
年を越す準備オッケー!
e0038717_20552753.jpg
みなさんにとってどんな1年でしたか?

自分にとっては良くも悪くも変化に富んだ年になりました。
来年はどんな年になるんだろうなぁ。
e0038717_21281316.jpg
みなさんにとって素敵な一年になりますように。

よいお年を☆
[PR]
# by ukigumo-kaza | 2009-12-31 21:43 | 今日のひとしゃべり

ラースと、その彼女

ネットで注文した人形を
生きている人間で、自分の彼女と思い込み
周囲は戸惑いつつも、ラースの人柄が好きなので
実際の人として合わせてくれる。

イマジナリーフレンドの彼女版なのかな。
義姉の妊娠が自分のせいで
母は死んだと思い出し
大切な人が出産によってまたいなくなるんじゃないかと
不安が高ぶったから妊娠も出産もない
人形に走ったのかも。

こんな小さな街で
ひとたび不信な噂がながれると
かなり厳しい立場になると思うのだけれど
映画だからなのか、ラースの性格か
多くの人が協力的で優しい。

ラースはその優しさに気づかず
孤独感と自責の念を
ずっと抱えている。

一番大きいのはマーゴの存在だな。
特別美人でもないけれど
心が優しくて可愛らしい。
彼女自身もイマジナリーフレンドのクマちゃんを
会社に置いてたりするから
相通ずるところがあったんだろうな。

マーゴがいなかったら
もっと時間がかかっていたかもしれない。
一生そのままだったかも。
現実にはそういうこともあるだろうけれど
快復もこの映画のテーマになっているので
彼女がいてくれてホントによかったなぁと思った。★★★☆


e0038717_12295487.jpgラースと、その彼女
アメリカ中西部。雪が降り積もる小さな田舎町に暮らすラースは、シャイで女の子が大の苦手。でも、人一倍優しくて純粋な心を持っている。そんなある日、同じ敷地内に住む兄夫婦に、ラースが「彼女を紹介するよ」と言って連れてきたのは、等身大のリアルドール、ビアンカだった!
[PR]
# by ukigumo-kaza | 2009-12-30 12:43 | 海外映画

ホルテンさんのはじめての冒険

オープニングから好きな雰囲気だったので
ワクワクしながら展開を待っていた。

主人公が列車の運転手。
列車が白銀の世界を走っていくさまは
とても旅情をかき立てて
雪しか見えない車窓も素敵だったのだが・・・

真面目に働いてきて
いよいよ定年退職の日。
お祝いのパーティーが催されるアパートに
ちょっとした手違いで入れず
むちゃな方法をとったために
ちょっとずつ歯車がずれていき。

作中、違う場所で2回閉め出されて
そこからおかしな展開に巻き込まれていくんだけれど
ホルテンさんの優しさなのか
危機回避をしないのか
行き当たりばったりで
長年慎重に生きてきた人と思えない行動をとる。

なんだかよく分からない映画だったなぁ。
ホルテンさんの人柄も混乱していたし
最初のほうで飛行機に乗って云々ってのは
結局スルーされたのか?意味深だったのは気のせいか。

いかにもヨーロッパ!な色や建物のディティールは
とてもオシャレで素敵だったのにな。★★★

e0038717_10585286.jpgホルテンさんのはじめての冒険
生真面目なホルテンさんが、定年退職のその朝に大遅刻!果たしてホルテンさんを待ち受ける運命は?—ちょっと可笑しくて心温まる物語—
[PR]
# by ukigumo-kaza | 2009-12-26 11:03 | 海外映画

恋愛偏差値 第1章「燃えつきるまで」

ずいぶん前に予約していて
すっかり忘れていたので
届いた時驚いた。

関口知宏さんが出演しているから
きっと予約してたんだろうなぁ。

テーマは「女の嫉妬」。
これはドラマなので
ここまであからさまなのは滅多にないにしても
大なり小なり誰しも持っているものだろうな。

嫉妬心がわいたときに
人ってどうするかってのが話しの柱で
普通、主人公って品行方正な人だけれど
このドラマの中谷美紀さん演じる主人公は
別れた恋人の合鍵を返さず
こっそり部屋に入ってチェックするという
異常な行動に出てしまう。

それを止めてくれる人が側にいたから
苦しみながらそれに気づき救われるのですが。

その部屋に入られた元恋人役が
関口知宏さんでした。笑顔が素敵。

そうじてドロドロとした
見ていて楽しくなる内容ではなかったので
途中何度も早送りしてしまった。★★★
ドラマってその時の時代性もあるからなぁ。
雰囲気というか微妙に古く感じるところもあったり。

シリーズもので
第2章「PARTY」は常磐貴子さんが、
第3章「彼女の嫌いな彼女」は
財前直見さんと柴崎コウさんが主人公。

テーマソング、MISIAの「眠れぬ夜は君のせい」が
この季節とてもあっていてグッときた。

岡田准一さんのちょっと切ない役が評判だったようです。

e0038717_0185535.jpg恋愛偏差値 第1章
恋も仕事も順調だった女性が、恋人にふられたことで、人生の歯車が狂ってゆく。
[PR]
# by ukigumo-kaza | 2009-12-21 00:24 | ドラマ・アニメ