<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

かいじゅうたちのいるところ

でっかいかいじゅうが
ぼーーんっどかーーんっ
ぶん投げられたり、飛びかかったり。
かいじゅうには
かいじゅう世界のオキマリがあるんだねぇ。
人間世界では支離滅裂。

大人があの世界に行ったら
きっと食べられちゃってるな。
子どものあの子だから
生きて帰れただけじゃなく
彼らを受け入れて友達になったんだろうな。
(なりきれてなかったかな?)

なんだか、かいじゅうたちに入り込めなかったなぁ。

これって児童書が原作なんだよね。
時に嘘をつくことだって
よくも悪くも
生きる上では大切です。って言ってる気がする。★★★

e0038717_23145663.jpg
マックスは8歳になる男の子。
ある晩、ママに怒られて、泣きながら家を飛び出した。
通りを抜け、林を抜け、気がつけば見知らぬ浜辺。マックスは目の前にあったボートに飛び乗り、ひとりで海へ漕ぎ出した。荒れ狂う波を潜り抜け、やがてボートはひとつの島にたどり着く。島の奥へと入っていくと、そこにいたのは・・・見たこともない大きな体のかいじゅうたち!マックスを食べようとするかいじゅうたちに、マックスはとっさに嘘をつく。

[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-07-25 23:19 | 海外映画

Dr.パルナサスの鏡

どうでもいいことですけどね、
Dr.モンパルナスの鏡って言っちゃうよね。
パルナサスね。

大人のおとぎ話。
もぅ、ハッピーエンドなのかアンハッピーエンドなのか。
パルナサスはいったい何者なのか。

驚いたのは
ストーリーよりも
あれ?この人ヒース・レジャー?
ジョニー・デップ?
この眉毛の太い彼は・・・
一人の人物を幻想世界に入ることで
別人になっちゃったという設定、
まったく不自然に感じなかったなぁ。
むしろ色んな人が出てて楽しめたというか。
苦肉の策みたいなことらしいけれど。

人の煩悩をあぶり出す作品。
ところどころ日本びいきな感じを受けて
ありがたいやら、なんか違う日本だなぁ、やら。

海外版江戸川乱歩なのかエドガー・アランポーなのか。
ファンタジーと怪奇は紙一重。★★★★

e0038717_22495087.jpgDr.パルナサスの鏡
2007年、ロンドン。パルナサス博士が率いる旅芸人の一座が街にやってきた。博士の出し物は、人が密かに心に隠し持つ欲望の世界を、鏡の向こうで形にして見せる「イマジナリウム」。博士の鏡をくぐりぬけると、そこにはどんな願いも叶う摩訶不思議な迷宮が待っている。しかし、1000歳になるという博士には、悲しい秘密があった。それは、たった一人の娘が16歳になったときに悪魔に差し出すという約束をしたこと。タイムリミットは、3日後に迫った娘の誕生日。一座に加わった記憶喪失の青年トニーとともに、博士は、鏡の迷宮で最後の賭けに出る。彼らは、娘を守ることができるのか?

[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-07-25 23:05 | 海外映画

スラムドッグ$ミリオネア

撮影背景を先に何かで見ていた。
物語じゃなく
子どもが過酷な労働をさせられているという
厳しい現実を見せつつも
軽快な音楽と、フィクションならではの展開に
グングン引き込まれていった。

路上生活をしていた少年が
クイズ番組で巨額の賞金をゲットするってのが
タイトルからも柱になっている話しだろうけれど
主としてはラブ・ストーリーの映画だな。
1人の女性を愛し続けたっていう。

悪役の人がメッチャクチャコワくて悪そうだった。
実際はすごく優しい人かもなぁとか想像したり。

音楽が印象的なので
コンポにつないで音が響くようにしたら
本物に遠く及ばないまでも
ホームシアター。ひそやかな楽しみ方のひとつ。★★★★☆

e0038717_22324579.jpgスラムドッグ$ミリオネア
『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督が手掛けた社会派エンタテインメント。インドのスラム育ちのジャマールはクイズ番組に出場し、あと1問で大金獲得という段に到達。だが無学な彼は不正の嫌疑を受け、警察から尋問されるはめに。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-07-25 22:37 | 海外映画

インスタント沼

説明できない物語。
なんじゃこりゃ!!
キーーンとしたテンションで
なかなかの疲労感。
コメディ好きだけれど
同監督の他の作品は結構好きなのあるけれど
この映画はあまり楽しめなかったなぁ。

見るときの気分でも左右する作品かもー。★★★

e0038717_22122459.jpgインスタント沼
『時効警察』の三木聡監督が、麻生久美子をヒロインに迎えて贈る奇想天外なハートフルコメディ。職を失い、男にも振られ人生不運続きのハナメ。ある時、自分が会ったこともない父の存在を知った彼女は彼を訪ねるが、そこにいたのは奇妙な風貌の男で…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-07-25 22:16 | 邦画