<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東京物語

昭和2〜30年代の映画が好きでみるわりに
この、有名すぎる作品は今までみたことが無かった。
借りようと思ったタイミングだと
いつも借りられてたんだよねぇ。
ついにみることができました。

お気に入りのヴィム・ヴェンダース監督も
この作品に触発され自身もたしか『東京画』だったかを
作られていたんじゃなかったか。
調べた。「東京画」
あぁ、やはりそうですね。ドキュメンタリーだったのかぁ。
これ、みたいんだけれどDISCASにはないですね。残念。

話は戻りまして、東京物語。
親子、家族の話です。
年老いて行く両親と邪魔にする子どもたち。
末っ子と息子の嫁は心優しく気遣っている。

孝行しようと思ったときは
もう親はこの世にいない、
いつまでも、あると思うな親と金って
昔からよくいわれることですが
この映画のテーマではなかろうか。

杉村春子さん演じる娘が
まぁーー歯に衣着せぬ物言いで
ほんとにキツい。なんでそこまでドライになれるのか。
正直っちゃぁ正直なんだけれど
みていてすごく悲しくなった。
末っ子もそう感じているらしく
原節子さん演じる義姉に投げかけるのですが
姉さんは「皆それぞれの生活をしているの。仕方ないのよ」と
そのシーンがチクチクと刺さったな。
そうなのかな、そうなんだろうなぁ・・・

当時は広島の尾道から東京までは電車で
16〜7時間かかってたのかっ。
およそ60年後の現在は
山口から東京を4時間程度!で移動できます。
飛行機つかったらもっと短いのかな。
夜行バスでさえ、そんなにはかからないんだから
時代の流れって、えげつないなぁ。と
若干怖くなりました。

原節子さんの所作や言葉遣いがとても素敵だった。
当時でさえ当たり前だったわけじゃないようで
熱海の宿に出てくる女の子は
すでにガッチャガチャしてた。

とはいえ、会社とかで「お茶をお持ちしますわ」とか言ったら
メイドカフェかよってなりそうだし
「お休みですもの」みたいなのって聞かない。

流行語のほかに日常の言葉づかいだって
確実に流れているのだなぁ。★★★★★

遠くの母に逢いたくなった。おかぁちゃん・・・

e0038717_17242256.jpg東京物語
日本映画を代表する傑作の1本。巨匠・小津安二郎監督が、戦後変わりつつある家族の関係をテーマに人間の生と死までをも見つめた深淵なドラマ。故郷の尾道から20年ぶりに東京へ出てきた老夫婦。成人した子どもたちの家を訪ねるが、みなそれぞれの生活に精一杯だった。唯一、戦死した次男の未亡人だけが皮肉にも優しい心遣いを示すのだった…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-04-24 17:26 | 邦画

東南角部屋二階の女

この二人が共演したら
どんな雰囲気になるんだろう、と思っていたら
そんな映画が既にありました。
西島秀俊さんと加瀬亮さんです。

登場人物の個性が役者の人たちにピッタリ。
はじめてみる、モデルっぽい女の子が
感じも声も可愛らしかった。

和室で日当たりのいい部屋っていいなぁ。気持ちいい。
前住んでたぼろアパートは和室で広かったけれど
隣の話し声がだだ漏れで
こんな家もあるんだ!とかなり衝撃的だった。
壁がベニヤみたいだったんだよねぇ。
隣が引っ越して行って
部屋のクリーニングがあったとき
壁の下から隣の明かりが漏れていた!!!!!
そんなことってあるー?
壁が薄いにもほどがあるだろう。な部屋。
なので古いアパートは雰囲気があっていいなぁと思う反面
音問題が無ければなぁ・・・と思い出しながらみてました。

この映画みたいに、穏やかな人が住んでたら
また違うのかもしれない。★★★★


e0038717_16104326.jpg東南角部屋二階の女
死んだ父親の借金を背負い、古アパートが建つ祖父の土地を売ろうとした僕。理不尽な仕事から逃れようと突発的に会社を辞めてしまった後輩。フリーの仕事もままならず、結婚でその不安を解消しようとする彼女。社会のどこにも属することなく、不安と焦りを抱えながら、偶然取り壊し寸前のアパートに集まった3 人。やがて、近くにある確かなものを見逃してきた彼らに、手にしたものも、失ったものも、愛おしく心の片隅に置くことで生きてきた人生の先輩たちとの出会いが訪れる…。

↑あ、父ちゃん逃げてるのかと思ってた。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-04-24 16:42 | 邦画

ジャージの二人

もう期間があきすぎて
何の映画をみたのか忘れてきています。
そういうことがないようにとブログつけているはずなのに
レンタルの履歴をみて「あぁ、そうだった。これみてた」と思う。

ジャージの二人は親子なんだけれど
なんだろう、友達っぽい距離感というか
よそよそしすぎない他人行儀。

堺雅人さんのニコニコ笑顔でみていてほのぼのしてくる。
ちょっと頑固なところもあったりして。
奥さんがなぜそういうことをしたのか
もともとの原因が分からないけれど
頑になるのも無理ないな。

登場人物がみんなどこか浮世離れしている感じって
こういう'ちょっとオシャレ邦画'によくある。
ちょっと日常と違う、ありそでない世界。

ジャージの人数が変わるのが可笑しかったなぁ。
自分だったら喜んで着ちゃうけど
そういう人はこの仲間には入れない気がする。★★★★

e0038717_15585560.jpgジャージの二人
会社を辞めたばかりの息子(32歳)が、グラビアカメラマンの父(54歳)に誘われ、避暑地・北軽井沢の山荘で過ごす夏休み。二人は、亡き祖母が集めてきた古着のジャージを着て、ゆったりとした時間の流れに身をゆだねる。だが、東京では息子の妻がよその男と恋愛中、父は3度目の結婚も黄色信号と、それぞれ抱える悩みがあった。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-04-24 16:01 | 邦画

ぼくの伯父さんの休暇

ぼくの伯父さん』の続編になるのかな。
今回、伯父さんは休暇をすごすために
海沿いの小さな旅館?に滞在。
伯父さんが動くたびに
ハプニングが巻き起こり周りが大迷惑。
でも伯父さんの人柄なのか
そのハプニングを楽しむ人もいたりして。

「ぼく」とタイトルについていますが
今回ぼくは出てきません。

台詞はほとんどなくて
動きと音楽で話が展開していきます。

伯父さんのブーツについてる金具に
敷物になったキツネが噛み付くのが可笑しかった。
それも伯父さんが起こしたおっちょこちょいによって。

あ、伯父さん自身をジャック・タチ監督が演じていたのか。
今知ったっ★★★☆

e0038717_23381697.jpgぼくの伯父さんの休暇
バカンスのため次々と海へ向かう人々の中に、ポンコツ車を駆るユロ氏の姿があった。ようやく宿へ到着したユロ氏と、同じく休暇を楽しむべく海へ現れた人々との交流が始まる…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-04-08 23:40 | 海外映画

少年メリケンサック

やっとみつけたパンクバンド。
観たのは古い映像で
メンバーはすでに若き日の見る影はなくオジジに。

んーむ。3週間くらい前に観たので
あまり記憶に残ってないなぁ。
宮崎あおいさんが
ものすごく振り回されて
大変そうだったな。★★★

e0038717_23181124.jpg少年メリケンサック
レコード会社OL・かんな(宮あおい)が、動画サイトで見つけた〈少年メリケンサック〉のライブ映像。そこには凶悪な絶叫パフォーマンスのイケメンが!!契約を取るために会いに向かうと、そこにはなぜか酔い潰れた50歳すぎのオッサンが!!「これ誰っ!?」・・・
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-04-08 23:20 | 邦画