<   2009年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

THIS IS IT

劇場公開はもう終っちゃいましたが
DVD、ブルーレイの予約が始まったようです。
発売日は来年の1月27日。
特典映像の時間がいろいろに別れているよう。
ブルーレイはDVDより35分くらい長いみたい。
どれを買おうか迷うなぁ。ブルーレイ持ってないけど。


さて、劇場には2回観に行きました。
久しぶりに映画館で見た作品で
大抵は1回で納得するので珍しいことです。
おそらくマイケル・ジャクソンが
生きている中での公開であっても
変わらなかっただろうな。


やはり劇場の画面の大きさと音は
家のと比べ物にならないので
見ていて、あたかもリハーサルに
参加しているような錯覚が起こって
何度、歌ごとに拍手しそうになったことかっ

集中力が散漫になることなく全く飽きなかった。
むしろ引き込まれてワクワクするし
もう本当にこの人はいないんだろうかと思うと
とても胸が痛くなって悲しくなりました。

ダンスのオーディションに来た人の
インタビューから始まるのだが
感極まって涙を流す人もいて
いかに彼らがコンサートを作ることに
胸躍らせているかを見ると
途中で夢が終ってしまった事に
どんなに落胆しているか想像できない。

映画を全部通して
このコンサートに賭けるスタッフ含め全体が
ワクワクとプライドとプレッシャーをもって準備していたか。
そして、みんなの表情は柔らかく笑顔で
とても楽しんでいるのが伝わってきて素敵だった。

いいものを作るとき神経質になりすぎて
緊張してギチギチになったりするものだが
マイケル・ジャクソンを尊敬しながら
同等に近い立場でそれぞれが接している。
これは欧米の特徴なのかな?分からないけれど
こういった舞台裏を見る事ができて
本当に良かったなぁと思った。
「I love you. 」と「God blass you」を度々言っていたのが印象的。

なんか、指示をするときスーパーセレブな人たちは
「そこはそうじゃない!もう一度やり直し!キーーーッ!」って
イメージだったのでとても静かに穏やかに気遣いながら
スタッフに伝えているのを見て驚いた。

以前は名前と顔と歌を知っている程度で
激しい噂が起こる有名人って認識でした。
歌は好きなのあるけれど
プライベートは遠い国の話しで
ブリトニー・スピアーズとかビヨンセとか
マドンナとかと気分的に変わらなかったって人も
結構いるんじゃないだろうか。
THIS IS IT以前に新曲出したのっていつだっけ?ってくらい。
ゴシップなんて知らない方がいい。

ロンドンでコンサートをするって発表したNEWSを見たときは
どれがホントでウソか分からないくらい
周りにヒッパリ回されていたことなんか
全く左右されていない熱狂的なファンが
たくさんいて良かったなと思った。
常に人気の衰えない人だったんだ。

50歳であのダンスと歌声って
どんだけプロなんだっていう。手が長くてでっかい。
あの服はマイケルじゃないと似合わないよなぁ。

そんなに頻繁に新曲を出していなかったようなので
もう歌うことが嫌になっちゃってたのかなと、
すごく勿体ない気分になっていたけれど
あんだけのコンディションを保っていたって事は
コンサートが決まってから整えはじめたんじゃないのかもしれない。
以前から、ずっと機会をまっていて
いつでも始動できる準備をしていたのかも。
なんども見たくなるドキュメンタリー作品。★★★★★

コンサートや子ども達を残して世を去るって
どんなに心残りで悔しいだろう。
でも1割くらいは
「あぁ、これでゆっくり休める。様々な苦悩から解放される」と
平穏を感じているかもしれないな。
せめてもの救いかもしれない。


全部ひっくるめてでかした、オルテガ!

e0038717_1647283.jpgTHIS IS IT
今年の夏、ロンドンのO2アリーナで開催されるはずだったマイケル・ジャクソンのコンサート”THIS IS IT”。2009年4月から6月までの時間の流れを追いつつ、100時間以上にも及ぶリハーサルと舞台裏の貴重な映像を収録。幻となったロンドン公演の監督を務めていたケニー・オルテガが映画も監督し、全世界同時公開された。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-30 17:03 | 海外映画

なくもんか

阿部サダヲさん主演のコメディ。

とてもオモシロそうなので
ちょっと前に見てきました。

商店街と沖縄で舞台が別れますが
いきなり沖縄を舞台にしたことに違和感を覚える。
制作スタッフが「あ〜〜沖縄行きたいなぁ」な
「じゃ、行っちゃうかぁ」な
話しの流れより、単に行きたくなっちゃっただけだろうな・・・
と思わずにはおれない展開。
商店街での展開がもっと見たかった。

住む世界が違う生き別れ兄弟の再会がメイン。
阿部サダヲさんのぶっ飛んだ強烈な可笑しさ+猫目力と
竹内結子さんの思い切りの良さが楽しかったな。
イケメン俳優のお笑い場面でスッと笑いが引いちゃったのが
なんか勿体なかった。
寒気が背中をサーッと下りていくのを感じるのだ。
彼らのファンだったら楽しいかもしれない。
なんか、妙にムラのある映画だったなぁ。んーーーム・・・★★★☆

e0038717_14213515.jpgなくもんか
兄・祐太(阿部サダヲ)は、東京下町・善人通り商店街の顔になっていた。8才のときに父(伊原剛志)に捨てられた祐太は、善人通り商店街の「デリカの山ちゃん」初代店主夫婦(カンニング竹山&いしだあゆみ)に、実の息子のように優しく育てられた。その恩返しとばかりに、祐太はバカみたいに働いた。商店街すべてのお店の手伝いはもちろん、地元住民の買物の手伝い。挙句の果てには、犬の散歩、草むしり、電球の交換などなど。今では、働くバカとまで言われている、究極のお人好し。その人柄と、40年間注ぎ足してきた秘伝のソースをかけたハムカツを名物に、「山ちゃん」を行列のできる超人気店へと成長させていた。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-30 14:29 | 邦画

天才マックスの世界

DVDのジャケットから
支離滅裂のドタバタコメディかと思っていたら
なかなかジンとくる作品だった。

奨学金で名門校に通うマックスは
このところ学業より沢山のクラブ活動で忙しい。
独りよがりじゃなく人望も厚いようだ。
人を動かすカリスマ性があって
上にも下にも歳を越えた友だちがいる。
学校に講演にきていた鉄工所の社長と仲良くなって
無鉄砲な計画に融資してくれたり。

しかし、成績悪化のため次に赤点とったら
退学になると校長から通告される。
で、勉強に励むかと思いきや
年上の女性に雷で打たれたように恋心が芽生え
振り向いてほしいために突飛な出来事を次々起こすのだが。

恋敵と闘うのが、どっちも子どもっぽすぎて可笑しかった。
マックスは15歳だけれど、ライバルはオジジだもんな。
やりすぎだろー。

マックスは自分の父親の仕事を脳外科医だと嘘をつく。
理容店が嫌いというより自身の見栄なだけで
父親を尊敬しているし大好きなのだ。
頭に刃物関係で一致しているな。

優等生の中国系女子が
マックスを気になって気になってな感じが
とっても可愛かった。

この作品、前回一度借りた事がある。
そのときDVDの何かの影響でチットモ見れなかったので
再度借り直すの、やめとこうかなと思っていたのだ。
10代のリアルな片思いとか
中年の崩れた現実とか
非現実な計画とか面白かったから借りて良かった。★★★★☆
ビル・マーレイが時折ウンナンのナンチャンに見えた・・・
いつも何だか情けない表情をしてるなぁ。

e0038717_1357465.jpg天才マックスの世界
中高一貫の名門私立校に通う奨学生のマックス(ジェイソン・シュワルツマン)は、19ものクラブを切り盛りする一風変わった少年。小学部の教師であるローズマリー(オリビア・ウィリアムズ)に一目ぼれしたマックスは、同級生の父親で親友の鋼鉄会社社長のブルーム(ビル・マーレイ)の手を借りて彼女のために校内に水族館を建設しようとする。が、ブルームもローズマリーを好きになってしまい…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-30 14:00 | 海外映画

ぼくの大切なともだち

前回の「画家と庭師とカンパーニュ」に主演していた人が
この映画にも出ていた。

まったくの偶然なんだけれど
この作品も「友だち」を題材にしていて
今回は友だちを作ることがメインだった。

ある人のお葬式に出席した主人公。
数日後、会食に出席した際
「俺以外は皆親族で友だちが来てなかったんだぜ。
 そんなの嫌だよなぁ」というと
「お前の時はもっと少ないよ」と同席していた皆に言われた。
「えぇ!?!ここにいる皆は?」
「さぁ誰だろうね。でも誰も出席しないよ」

本人を目の前に「お前の葬式には誰も行かない」っていう方もスゴいが
逆にとらえれば、表では「そんなことないですよぅ」って言って
腹の中で舌を出しているよりは、遠慮ないってところで
断然気のおけない仲なんじゃないか?


ある友情をモチーフにした古い壷を
オークションで衝動買いした主人公は
会食での「葬式で友人が来るか」をめぐって
仕事上のパートナーとその壷を賭けて勝負をするはめに。
友だちがいることを証明できたら壷は主人公のものに
できなかったらパートナーのもとに。
二人は画商なのだ。

で、友だち探しに奔走するのだが
付き合いがあるなかでは
誰も友人だと認めてくれない。
焦った主人公は偶然乗ったタクシードライバーが
とてもフレンドリーで初対面でも仲良くなるのに驚き
どうやったら友だちができるか教えてもらう事に。
「友だちの作り方教えて」って言えるなんて
オープンマインドすぎるんじゃないのか?

でも気のいいタクシードライバーは
いちいち付き合ってくれる。
とてもいいヤツなのだ。
彼の教えによると
フランスにも「親しき仲にも礼儀あり」が必要なようだ。
でも、難しいよなぁ(自分の場合を思い出す。嗚呼・・・)

主人公は人の気持ちがウマく汲み取れないから
色んな人の間ですれ違いが起こるのだが
正面切って「お前の葬式には出ない」と言われるくらいなので
つまり全く気をつかわれていないので
ホントは周りに親しくなりたいって思っている人がいる。

友だち作りに懸命になりすぎて
経営が悪化している本業そっちのけ。大丈夫か?

そもそも壷を渡したくないためだけに
友だち作りに励んでいるので
その辺でもズレが出てくるのだが
本人まったく気づかず。

フランス映画にちょっと苦手意識があったけれど
「画家と庭師とカンパーニュ」とこの作品で解消された気分。
ユーモアと哀愁がジンワリ染みてきていい。
愛しい感じ。★★★★☆

e0038717_13204687.jpgぼくの大切なともだち
フランソワは、自分の誕生日のディナーに集まった全員から「お前の葬式には誰も来ない」と言われ、ショックを受ける。そして反論するうちに、「10日以内に親友を連れてくる」という賭けをする事に。早速、友人たちにコンタクトを取るフランソワだが、そこで誰も彼を親友だとは思っていない事を思い知る。そんな時、タクシー運転手ブリュノの親しみやすさを目にしたフランソワは、彼から人と仲良くなるコツを学ぶ事にするが…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-30 13:31 | 海外映画

画家と庭師とカンパーニュ

歳を経て再び出会った同級生の友情物語。

一方はお金持ちの画家
もう一方は国鉄を退職した庭師。
昔一緒にいたずらをした記憶とともに
懐かしさと楽しさが蘇り、
一気に大切な友人へなっていった二人。

互いを思いやる感じがとても素敵なのだ。
オジジたちの呑気な友情物語だけではなく
転機が起こるのだが、
それもこの映画ではグッとくる要素になっている。
グッとというかギュッと。★★★★☆

庭師の人がトニー・ラズロさんに似ていた。

e0038717_12444267.jpg画家と庭師とカンパーニュ
都会生活に疲れ果て生まれ故郷で田舎暮らしを始めた中年の画家。何年も放置された庭を手入れするため庭師を雇うことに。その求人広告を見てやって来たのは、なんと小学校時代の同級生だった。仕事への情熱を失い、離婚調停中の画家とは対照的に、地元に腰を落ち着け、勤めていた国鉄を退職し、念願の庭師の仕事を始めた彼は、愛する家族たちと慎ましくも満ち足りた生活を送っていた。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-27 12:56 | 海外映画

トニー滝谷

村上春樹さん原作とは聞いていましたが・・・

こんな話しあったっけなぁ?
読んだ覚えがまったくない。あったんだろうな。

んーーーーむ・・・
特異なシチュエーションの話し。
フィクションの醍醐味
静かに沈んでいる感じというか。
語りで話しが進んでいくからか?
映像の色が淡いからか?

やっぱ宮沢りえさん痩せ過ぎだなぁ。
この映画では服のサイズが重要な役割をしているので
細いことは必要だったのかもしれない。

過剰に買い物をしてしまうってのは
心に埋められない空洞があって
いつもサワサワとした不安を抱えているのかも。

イッセー尾形さんの大学生姿に笑っちゃった。
イッセー尾形さんはステキ大人の一人です。★★★

e0038717_12372510.jpgトニー滝谷
村上春樹原作の同名短編を、市川準監督が映画化。ジャズ・ミュージシャンの息子として生まれ、「トニー」という名を付けられた主人公がイラストレーターとなり、仕事先の編集部員、英子と結ばれる。幸せな結婚生活で唯一の問題は、英子が次々と新しい洋服を買うという依存症だった…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-27 12:40 | 邦画

マンマ・ミーア!

♪マンマミーア ヒアゴアゲェ〜ン♪♪

メリル・ストリープ主演のミュージカル。
上記の歌詞は違うかも。

ABBAの曲をもとにつくられたんだっけな?
曲の古さは否めないけれどなかなか楽しくなる。

ストーリーは娘が結婚するのに
父が誰なのか分からないから
父の可能性がある人に招待状を送って
皆来ちゃったから何だかんだ起こるっていう
・・・適当な説明ですね・・・

ミュージカルなのでドロドロ感はなく
俳優たちが歌うってのも
あまりウマくないな、とか楽しめます。

が、んーむ、「ヘアスプレー」とか「プロデューサーズ」ほど
盛り上がらなかったんだよなぁ。なんでかな。★★★

e0038717_12164947.jpgマンマ・ミーア!
舞台は、愛の女神アフロディテの泉の伝説が残るギリシャの小島。リゾート・ホテルを経営する母ドナと、20歳の娘ソフィの結婚式前夜から24時間を描いた物語。
母親から深い愛情を一身に受けながらも、父親を知らずに育ったソフィの願いは、結婚式で「パパとヴァージンロードを歩くこと」。結婚式を間近に控えたソフィは、ドナの古い日記に書かれていた昔の恋人たち3人の存在を知り、一計をたくらむ。本当の父親を探しだし、一緒にヴァージンロードを歩いてもらう為に、ドナに内緒で結婚式の招待状を送る。前日、そろいも揃って3人が一緒に島に到着するのだった・・・。

[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-27 12:20 | 海外映画

ストレイト・ストーリー

実話を元につくられた映画だそうだ。

体も弱くなって車も運転できないのに
遠くに住む、長らく喧嘩別れしていた兄が倒れたと聞き
娘の心配や近所の人の反対をよそに
トラクターを改良して見舞いに向かう。

遠い道のりを何ヶ月もかけてトクトクと向かうのだ。
ジィジッ!! もぅ胸がギュンギュンくる。

道中で色んな人に出会う。
家出をした若い女の子には
説教するのではなく穏やかに話をし
途中トラクターが故障して助けてもらえば
断固自力で到着するのだという強い意志でもって
遠慮しつつ感謝し
人々の心に何かを残していく。

故障したトラクターの
修理代を穏やかな物腰で
しかし説得力があるやりかたで交渉したり
まだまだ若い者には負けてない。

行きはよいよい帰りは怖い、で
帰りどうしたんだろう?と思い検索してみたら
トラクターで戻ったんだそうです。ひゃ〜〜無事でよかったなぁ。
何が大事で何をするべきか分かってるって
人を強くするんだなぁと思った。

また観たくなる映画。★★★★★

e0038717_11414196.jpgストレイト・ストーリー
アルヴィンは、娘と2人暮らしの老人である。その彼のもとに兄が心臓発作で倒れたと連絡が入り、彼は時速8キロのポンコツトラクターで、兄のもとへと向かう。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-27 11:49 | 海外映画

ベッドタイム・ストーリー

甥と姪をあずかる事になり
寝かしつけるために物語を作っていくと
想像上の話だったはずなのに
現実にも同じような出来事が起こっていく、といった話し。

子ども達の母親がフレンズのモニカ役の人だった。なつかしー

作った話と似た出来事が起こるのに気づいた主人公は
人生がウマくいくよう創作していくんだけれど
そうは問屋がおろさねーぜっていう、
もうちょっと広がりそうな展開が
タッタカタッタカ流れていくので
もうちょっと見たかったなぁといった
物足りなさが残った。
なんか、もっと面白くなりそうだったのにな。★★★

e0038717_2350378.jpgベッドタイム・ストーリー
大人になりきれない独身中年のスキーター・ブロンソン(アダム・サンドラー)は、幼い甥と姪を寝かしつけるためにハチャメチャなおとぎ話を語って聞かせる。もちろん主人公は自分自身。おまけに、スキーターの話を気に入った子どもたちは興奮して話に割り込み、ストーリーを引っかき回したから、さあ大変!歴史ロマンあり、西部劇あり、SFありと愉快なアイディアがちりばめられた壮大なおとぎ話が、奇想天外なかたちで現実に起こり始めたのだ!
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-26 23:58 | 海外映画

クレイマー、クレイマー

BGMから知った作品。

超現実的なストーリー。
生活に疲れ、家を出て行った妻。
残された仕事一筋だった夫と息子の奮闘記。

ぶきっちょな父が子育てをする
テンヤワンヤのドタバタコメディかと思っていた。
離婚において本当にこういうステップを
踏んでいくんだろうという過程が分かる。

家庭裁判所の嫌なやり取りは
映画だけれど、ものは言い様だよなぁ不条理だよなぁと
いい気分はしなかった。

余韻を残した最後、どうなるんだろう。★★★☆

e0038717_23344620.jpgクレイマー、クレイマー
仕事第一の男テッドがある夜遅く帰宅すると、荷物をまとめた妻ジョアンナが彼を待ち受けていた。「誰かの娘や妻ではない自分自身を見つけたい」と言い残し、彼女は去って行った。息子とニ人残されたテッドは、失意のなか家事に奮闘。数々の失敗やケンカを乗り越えて父と子の間に深い絆が生まれた頃、息子の養育権を主張するジョアンナがテッドのもとをを訪れた…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-26 23:46 | 海外映画