<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

迷子の警察音楽隊

国際交流のための祭典に招かれ
はるばる国境を越えやってきた警察音楽隊。
着いてみれば迎えが来ない・・・

まだ日が高いのに最終バスは出た後。
明日の午後までに着かなくちゃ。
我々の誇りにかけて!とはいうものの・・・

一行は食堂で開催場所を聞いたが言葉の壁か話が通じない。
途方に暮れていると、そこの女主人の厚意で
一晩泊まらせてくれるとの事。
常連客の家と3カ所に別れてお世話になる事にするが。


女主人の心の動きがよく分からなかったなぁ。
町を案内した人を好きになったのかなぁ。
でも結果的に「あれ〜?そっち?」ってなったし
始めの彼の動向から同じ部屋に泊まったら
そうなっちゃうんじゃないの?と予測はできたんだよなぁ。
んーー
閑散とした小さな町で、ただ淋しかったからなのか。ん"ーーーー

常連客の家には両親と奥さんと赤ちゃんがいて
夫の勝手な判断(というか女主人の強引な押しつけ)で
突然、異国のオジジ三人を「泊まらせてあげて」ときたら?
しかも奥さんの誕生日に。困っちゃうよなぁ。
目の前でいさかいが始まるけれど
言葉が分からないので、ますます肩身が狭くなる隊員たち。
その微妙な空気に笑っちゃった。

イスラエルとエジプトって遠くない過去に
争いがあったんじゃなかったっけ。
調べてみました。
単に異国で迷子で困っちゃった。だけじゃなく
二国間の親和を示す式典に招待されたという面でも
自国のプライドを保つって面でも必死になってたんだ。
やっきになる隊長とお気楽な若手の意識の差は
この過去に関係しているのかな。性格の違いだけか?★★★☆
思ったより楽隊の音楽が少なかった。
公衆電話から大使館に電話して車の手配をした隊員が
一番状況判断を冷静にできていたな。隊長・・・

e0038717_21492080.jpg迷子の警察音楽隊
文化交流の為イスラエルに招かれてやってきたエジプトのアレキサンドリア警察音楽隊。何故か空港に出迎えは無く、自力で目的地に辿り着こうとするうちに、彼らは一文字間違えてホテルすらない辺境の町に迷い込んでしまう。そこで、食堂の美しい女主人に助けられ、地元の人の家で一泊させてもらう事に。でも相手は言葉も宗教も違い、しかも彼らアラブ民族と長年対立してきたユダヤ民族。空気は気まずく、話しは噛み合わない。国を越えて愛されてきた音楽の数々、それらが彼らの心を解きほぐし・・・愛や友情、家族について語り合う、忘れられない一夜がはじまる。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-03-23 22:55 | 海外映画

風邪に気をつけて

先々週末の朝、目が覚めると鼻の奥が痛くなってた。
こりゃ風邪っぽい、やばいなぁと思っていたら
その日仕事中に発熱。あの、熱独特の体の痛さと寒気が
ドカーーーンッとやってきました。

そして先週
「会社を休みたいです」と電話をしたら
「急ぎがあるから、午後か夕方出社して」といわれ
仕方なく、よたりながら出勤したのがいけなかった。

カエルがつぶれたような声に
体力も落ちているので階段を数段のぼると息切れが。
そんなこんなで先週は治りにくかった。
この土日があったお陰で今日は復活。
年度末からか仕事が多くなっていたので
ふぃ〜まいったまいった

背中に ズンッ @伊東四朗さん
と寒気が走ったら、もう風邪を引いているので
暖かくなっているけれど体を冷やさないようにしてくだされ。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-03-16 23:27 | 今日のひとしゃべり

マイ・ブルーベリー・ナイツ

ジャズシンガーのノラ・ジョーンズが主演。

レイチェル・ワイズに似てるなぁと思っていたら
この人もかなりキツい役で出演していた。

夜、カフェでの出会いをキッカケに
バーやカジノといった
夜に経営される場で起こる出来事に巻き込まれる。
男性側は愛をもって追いかけるんだけれど
女性側はその束縛の窮屈さから逃れたい。

バーでの出来事とカジノの出来事は
主人公が移動して出会うので
全く繋がりがないんだけれど
そこで出会った人の心を常に占めている相手は
拒絶し、拒絶され分かり合えない。
拒絶していた側は決定的な事があった後、涙に暮れる。

ジュード・ロウのカフェでの出来事をパンに
ロードムービーを間に挟んだサンドイッチ構成(造語)です。
色と音楽が夜の持つ雰囲気を素敵にしていた。★★★★

旅先から定期的にジュード・ロウのカフェへ
ハガキを送るってのがいい。
なんと言っても、心のこもった便りはいいな。
村上春樹さんの小説で
主人公が受け取ったり送ったりとよく出てくるし
沢木耕太郎さんの旅行記にも
友人にあてた手紙が載っていたけれど
グッと心をつかまれる文章の雰囲気と言いますか、
上手下手じゃない、直接愛を伝える文章が書かれていなくても
愛情(友情)を感じる手紙。ホントに素敵だな。
いつかそんな素敵な手紙を貰いたいな。そして書けるようになりたい。

e0038717_14471053.jpgマイ・ブルーベリー・ナイツ
ニューヨーク。失恋したエリザベスは、とあるカフェに出入りするようになる。
毎晩ブルーベリー・パイを残して待っていてくれるカフェのオーナー、ジェレミー。優しい彼との会話に、心が慰められるエリザベスだったが、失恋相手が新しい恋人といるところを見てしまい、旅へ出ることを決める。数々の人々と出会いながら、エリザベスはジェレミーが待つニューヨークへ戻りたいと思い始める・・・

[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-03-01 15:02 | 海外映画

JUNO/ジュノ

16歳の少女が妊娠しちゃった!どうなる!?


↓ネタバレ含


実際に起こりうる出来事だろうな。
ジュノの両親が大混乱になって責め立てず
なかなか腹のすわった冷静かつ
愛情あるサポートでよかったなぁ。
未成年の親としてそれでいいのか?とも思えるけれど
楽天的に大人扱いの部分と保護者部分とあって
事態が起こってしまった後
それ以上ジュノの心を傷つけなかったところで。
だからオープンにできたのかもしれない。

ジュノも腹がすわっていて
どうしよう、て戸惑っているんだけれど
次の瞬間もう行動を起こしている。

16歳って年齢のうえ妊娠してるのに
一人で車の運転をガンガンして
里親候補の人に経過の写真を見せにいくほど
自分の意思で行動する。無鉄砲極まりないな。

友だちは「あ、そうなの。しょうがないわね」って感じで
驚きを引きずらない大人な反応。

里親になる予定の夫婦、男の人と女の人の印象が
途中から逆になったんだけれど
たぶんそう見えるよう意図されていたんだろうな。
現実を見つめているか、受け入れたくなくて逃避するか。

いい人のように見えて、ジュノ気づかず
ちょっと危なかったんじゃないの?違うのかなぁ。
単にあの人が大人になるって責任から
逃げたかっただけなのかな。いやいや。


きっと子どもは生みの親に会いたくなるだろう。
ジュノも忘れないだろうし、将来再会するかもしれない。
その時、想像だけれどジュノも周りの人も喜んで迎え入れて、
里親の人もきっと素敵な母親になるだろうから
子はきっと複雑で苦しい思いはするけれど
二人のお母さんがいて良かったな。ってなるんじゃないかな。

んでも、あの人はシングルマザーになっちゃったのかなぁ。
若いカップルと大人のカップルの男女反応の違いも
現実的な映画でした。★★★☆
普段、極力ネタバレにならないよう注意しながら遠回しているけれど
今回はネタバレしているにも関わらずオブラード感があるな。
ビブラード・・・♪ま〜〜〜♪
e0038717_13525257.jpg
JUNO/ジュノ
今どきの女子高生、ジュノ16歳。好奇心から、ちょっと気になる同級生ポーリーとの1度きりのセックスで、まさかの妊娠!!突然ブチ当たった“妊娠”という大きな壁に悩むジュノ。両親にどう伝える?学校はどうする?ポーリーとの関係は?そもそも、産むの?産まないの?そんな時、新聞で里親希望の広告記事を見つけて…。大きくなるお腹とともに、心も成長していく彼女が導き出した答えとは?
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-03-01 13:55 | 海外映画