<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ここに幸あり

外交から帰って、妻の浪費にブツブツ言ってる間に
国民がデモを起こして辞任するはめになった大臣。
彼の政策が悪かったのか
かなり大騒ぎになっている。
妻には去られ、大きな住まいも追われ
辞任をきっかけに懐かしの家へ戻ると
空き家だったはずなのに、どうやって入ったのか
不法に住みついた人々であふれていた。

昔なじみの顔ぶれは親しげに話しかけ
決して悪政したように見えない
優しそうな人なのになぁ。何したんだ。

日本の政治家と違って
後援会みたいなものもなさそうだし
完全に「ただの人」になっている。
すごい急降下ぶり。
でも、なんだか憎めない人のようで
たくさんの女友達がいて
別れた妻もつかず離れず。
女性たちもそれぞれ仲良くなっていて
不思議だけれどイヤな感じがしない。

市民に猛攻撃を受けながら
市民の男女沢山の友だちに囲まれている。

主人公のお母さん役の人って男の人じゃ・・・?
最後に主人公の後に大臣になった人が
公園に行くんだけれど、その場面が
前にあった場面とデジャブ?ってくらい沿っていて
それが「あれ?もしかして主人公の前の大臣もそうなのか?」って
想像できて笑っちゃった。

エンドロールで出演者と役名が流れますが
主人公なのに名前でなく“Minister 1 ”
次に就任した人が“Minister 2 ”ってなってたのも
意図的で面白いなぁ。★★★★

鳥カゴ、もうちょっと大きかったらよかったね。

e0038717_2240267.jpgここに幸あり
大臣のヴァンサンは、ある日突然辞任に追い込まれ、仕事も住む家も愛人も失ってしまう。別れた元妻にも相手にされず、行き場を無くした彼を迎え入れてくれたのは老いて尚頼れる母と昔の友人たちだった。地位も財産も関係なく、仲間たちと飲んで食べて歌って過ごすうちに、今まで気づかなかった小さな喜びや、素敵な出会いが巡ってくる。色んなものを失ってはじめてヴァンサンは自由気ままに人生を謳歌し始めるのだった。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-02-23 22:59 | 海外映画

ナルニア国物語 第二章

第一章を随分前に観たので
氷の女王と対決して決着がついた後
どんな終わり方したんだっけなぁ・・・
なにか二章に繋がるんだっけ?と
記憶があいまいに。

今回はナルニアという土地を舞台にした
また別の物語のようだ。
序章で約1時間くらい経って
ライオン、アスランの登場まで
やたら闘いすぎて
なんだか分かんなくなったなぁ。

アスランの存在感というか、重要性も
ナルニアにとってどこまで強いのかってのが
あやふやになっちゃったような・・・もや〜〜ん・・・

アナグマとかネズミの小さい動物がラブリー★★★

e0038717_10563825.jpgナルニア国物語 第二章
“伝説の4人の王”として、ペベンシー兄妹が築いたナルニア国の黄金時代から1300年。今や戦闘民族のテルマール人が支配するこの国では、先王の弟ミラースが摂政を務め、正当な王位継承者であるカスピアン王子の暗殺を企てていた。危機一髪で城から脱出したカスピアン王子は、逃げ込んだ森の奥深くで、迫害の末に息を潜めていたナルニアの民たちと出会う。そして、ミラースの配下に追い詰められたカスピアン王子が吹いた角笛は、ロンドンで普通の学生として暮らしていたピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人を再びナルニア国へと呼び寄せた!すっかり荒廃したナルニアに驚く4人は、カスピアン王子と運命的な出会いを果たす。そして、ナルニア国の真の平和と繁栄を取り戻すため、暴君ミラースに立ち向かって行く—。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-02-15 11:01 | 海外映画

アフタースクール

面白そうだなと思って
内容は深く知らないまま借りましたが・・・

今回は、いつもに増して知らなかったことが
功を奏した感じです。
もしこれから観たいなぁと思っていたら
前情報を入れない方がいいかも。

冒頭から人間関係がよく分からず
この人はこの人とどういう繋がりが?と
いつまで経っても想像が膨らむばかりで
それぞれの口から確かな何かが語られることなく
次々に話が流転していきます。面白かったぁ
混乱しつつも可笑しい場面もあってプフッとくる。

一度観た後で、確認も含めてもう一度観たくなる映画でした。
大泉洋さんと監督の副音声付きで観ても面白いかも。
副音声によってまんまと監督の思惑通りに
観ながら思考してたのに驚きました。
ん〜〜む面白かった!★★★★★
エンドロールの後にワンシーンあります。
その後でこの映画、支援文化庁って字が画面の下に出ましたが
それも結構な謎です。そんなお堅い映画では・・・

大泉洋さんを観るたびにオラウータンの子どもを思い出す。
ワンピースのウソップにも似てるんだよなぁ。

夫婦漫才師じゃないほうのお笑い芸人
宮川大輔さんにも似てるなぁ。ウータン・・・


e0038717_21205482.jpg
アフタースクール
母校の中学校で働く人のよい教師・神野(大泉洋)の元に、かつての同級生だと名乗る怪しい探偵・北沢(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。北沢は神野の親友で同じく同級生、現在は一流企業に勤めるサラリーマン・木村(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも神野は木村探しに巻き込まれてしまう・・・。人を疑うことを知らない男と、人の裏側ばかりを見てきた男。ちぐはぐコンビの捜査活動から、神野の知らなかった、友人・木村の一面が次々と明らかになり、物語は思いもよらぬ方向へと向かっていく・・・
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-02-14 21:23 | 邦画

RENT/レント

♪ファイブハンドレッド フフフーンフーンフン・・・♪

てところがずっと頭に残ってて観てみたくなりました。
NYに住む8人の若者の愛と夢のミュージカル。
深刻なHIV、ドラック、貧困が彼らを苦しめます。

家賃が払えない彼らに
かつてそこに住んでいた仲間が
新しい土地計画のために立ち退きをすすめている。
交換条件を満たせば家賃を無料にするというけれど
それは土地計画に反対している
地域住民の反対ライブを中止することだった。

全体の9割くらいが歌で進行していくので
ライブビデオを観ているようだった。
ミュージカルっていうと“プロデューサーズ”とか
ヘアスプレー”みたいな楽しくて面白い作品と違う
悲しく、重い中に希望のある作品だった。★★★☆

秋田犬に黒澤に三途の川?日本要素が気になりました。
e0038717_21221022.jpgRENT
1989年ニューヨーク。イースト・ヴィレッジで毎月の家賃(レント)も払えないような生活をおくる、若きアーティストたち。彼らは犯罪、エイズ、ドラッグ、同性愛、友の死など、様々な問題に直面しながらも、愛や友情を信じ、夢に向かって今日という日を懸命に生き抜くのだった…。ブロードウェイでロングラン上演が続く、若者たちの青春の葛藤と苦悩を描く感動のミュージカル。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-02-11 22:23 | 海外映画

ムー 1巻

1970年代のホームコメディドラマ。

ジャケットの絵が横尾忠則さんだったので借りました。
展覧会とかで見たことあったこの絵は
このドラマのだったんだ。へぇ〜〜☆と感動。
オープニングの横尾作品の映像と
シタールの奏でるインドっぽい音楽とともに
このドラマってどんな話し?と若干の混乱をもよおします。

内容はインドと全く関係なく
東京の足袋職人一家を中心に
家政婦とかご近所とかをまきこんで
色んな出来事が起こるって感じでしょうか。
コメディなんだけれど70年代という時代のせいか
今のドラマより思い切った感があって逆に新鮮な気がする。
希木樹林さんと郷ひろみさんの
突然のダンスとか、頻繁に起こる階段落ちとか。

現在はほとんど見なくなった木造で
足袋を作る作業場とお店と家が一緒になっている家ン中を
働き者だから小走りで家事をする。

名前の後に(新人)とついている
岸本加世子さんがピョコンピョコンとしてて可愛らしい。
お姉ちゃん役の人、名前が分からないけれど
見た感じが今もあまり変わらないんじゃないかなぁ。見たことあるなぁ。
チャキチャキの江戸っ子なサッパリしてて、とても素敵です。
当時は売れっ子アイドルだった郷ひろみさんは
むしろ今の方が濃いというか鍛えてる。同一人物なんだよなぁ。
希木樹林さんとのコントが今に通じるか。「郷れすっ☆」
希木さんの神出鬼没でクニャクニャした感じの家政婦が
なかなかのトラブルメーカーで不思議な存在感。

今見ても面白い、今じゃちょっと観れない感じのドラマですね。

(後日記)×希木樹林さん → ○樹木希林さん でした。

↓コレッ 横尾さんの絵だーっ
e0038717_1858565.jpg
ムー 1巻
足袋の老舗「うさぎ屋」を舞台に、型破りな一家が巻き起こす奇想天外な騒動の数々を、コミカルに描く。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-02-11 20:39 | 邦画

ダージリン急行

父の葬儀のために集まった三兄弟。
葬儀なのに離れて暮らしていた母からは
行きませんと手紙。
三兄弟たちは母を訪ねるために
インドのダージリン急行に乗って・・・

この三兄弟がそれぞれ、どこか抜けてて珍道中になる。
とんでもなくゆるーい感じの展開なのに
目に入る電車の壁画や備品だとか、
父ちゃんの遺品である
たくさんの鞄の統一されたその柄とか
画面の色合いがオシャレで
細かいところにも、ものすごく気を使っているよう。

道中で起こる葬儀と父の葬儀。
インドの宗教と母の信仰。
ストライプのように組み込まれている
ともすれば重く暗くなりそうな展開を
脱力の兄弟喧嘩や珍行動のほうが際立っているおかげで
軽いロードムービーになっている気がするな。
ベルトの取り合いって・・・

深いような、何でもないような。★★★☆

三男?のショートムービーが付いていて
恋人役にナタリー・ポートマンが出演。
この中で驚きの演出があるのだけれど
主演じゃなく、おまけ的な映画なのにいいんデスカ・・?
あばら骨が目にしみる・・・・・
e0038717_23401267.jpgダージリン急行
長男フランシス、次男ピーター、三男ジャックのホイットマン3兄弟。彼らはフランシスの提案で、インド北西部を走るダージリン急行に乗り合わせた。旅の目的は、父の死をきっかけに1年ものあいだ絶交状態にあった兄弟の結束を再び取り戻すこと。バイク事故で瀕死の重傷を負い、奇跡の生還を果たしたばかりのフランシス。兄弟から父の遺品を独り占めしたと非難され、妊娠7ヵ月の妻アリスとも上手くいっていないピーター。そして、家族をネタに小説を書き上げたばかりのジャックは、失恋の痛手を引きずっていた。それぞれに問題を抱える3兄弟は、早々に衝突してしまうが……。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-02-10 23:43 | 海外映画

こころの湯

古い家が多い中国の田舎町。
その中にある銭湯は地域の人々が集まって
お風呂の他にマッサージを受けたり
お客同士が持ち寄った鈴虫で喧嘩させたりと
社交場の役割も果たしていた。

その銭湯を切り盛りしているのは
父ちゃんと知的障害を持つ弟。ほかに何人か雇い人もいるようだ。
都会に働きに出てしまった兄に会いたいため
弟は父ちゃんが病気とウソのハガキを出し
まんまとハマった兄。

久々に帰った故郷。
歳をとった父ちゃんと幾つになっても純真で無邪気な弟
老朽化した銭湯、それでも変わらず賑わっている。
面倒見のいい父ちゃんは近所の夫婦の危機を救ったり
銭湯以上の存在に、何を思うや帰った兄よ。

都市化で変わっていく中国の
哀愁と、より大きい希望も織り込まれているようで
父ちゃんと兄弟の愛情と相まって
じわっと切なくなりました。★★★★☆

銭湯好きのオババに連れられてよく行っていた事を思い出した。
熱くて水を入れていたら知らないオババに怒られたり
水風呂の淵に座って遊んだり
夏なんかは帰りにアイスを買ってもらったり
雨の日に傘をさして行ったり
昼と夜に入ったときの空気の違いとか懐かしい。
e0038717_232115.jpgこころの湯
下町を舞台に家族愛の大切さを描いた人間ドラマ。銭湯を営むリュウと知的障害者の次男・アミンの下に、リュウが倒れたと勘違いした長男・ターミンが帰ってくる。ある日、ターミンとアミンは一緒に出かけるが、そこで事件が起こってしまう。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-02-08 23:30 | 海外映画