<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

青いパパイヤの香り

親元をはなれ、使用人として
ある家族のもとに奉公へ出る。

はじめ“おしん”みたいな
辛い目にあいながらも健気に耐え
その家で唯一やさしく接してくれる息子と
恋をするって感じかなぁと思っていた。

家族はバァバ、主人、奥さん、3人の息子たちと
昔からいる使用人のオババ。
三男はまだ3歳くらいなんだけれど
その子がかまってほしくて
チョイチョイ悪さをする以外は
辛い目に遭いません。よかったなぁ。
見ていてハラハラしていたのだ。
奥さんは亡くした娘の代わりに
とても愛情をかけてくれたようだ。

この映画で一番印象深かったのが音、音楽。
夜にはうるさいくらいの虫の声
朝は鳥の声と自然界の音
パパイヤを切った後、切り口から
漏れる液体の匂いを嗅ぐ音
場面場面でとても雰囲気を出していた。

日本のそれとちょっと違う
独特の間も新鮮だったなぁ。

物語は子どもの頃と大人になってからで
展開が少し別れます。
幼くして奉公に入ったため
学校に行けなかったんだなぁと
後半の中で気づきましたが
身分の厳しい壁っていうのは無いようだ。
一応主従の形はあるけれど
身分が違うからといって阻まれないというか。
それが主人公の恋に繋がります。

Classの『夏の日の1993』が脳裏をよぎった。
夏でもなければ水着でもないんだけれど
♪ふつうの 女と おもぉっていーたけーど
    あぁ〜人ちーがいー お〜そーじゃーないよ
           いきなり恋して しまあったよ〜♪
 な。
それまで空気のような存在で
身の回りの世話をしていたのにっガガーン!な。

出演している人たちが日本人のような顔立ちをしているので
親近感があるような、でも日本とまた違う雰囲気が
蒸し暑さとともに映像に現れていて
不思議な後味をのこした作品だったなぁ。★★★☆

村上春樹さんの『ノルウェイの森』
この作品の監督によって映画化されるそうです。
どんな雰囲気になるんだろうと
今作品を見てみましたが全く想像できません。
内容をほとんど忘れているから再読してみようかなぁ。

e0038717_237227.jpg青いパパイヤの香り
『夏至』のトラン・アン・ユン監督、あるベトナム人女性が少女から大人へと成長していく様を綴るドラマ。51年、10歳の少女・ムイは、サイゴンの一家に使用人として雇われる。家族との生活でさまざまことを学んだムイは、やがて美しい娘へと成長し…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-09-09 23:23 | 海外映画

なんたる可愛さ!!

仕事帰りに書店サーフィンをすべく寄り道したら
カワイイ本を見つけた。

写真集なんだけれど
かねてより目が離せない写真を撮る
梅佳代さんの

じいちゃんさま



すでに出されている写真集も
オカシナ日常をスゴいタイミングで切り取っていて
思わず笑っちゃうんだけれど
今作は、梅佳代さんの実のオジィジを被写体に
愛情溢れる作品が沢山つまっている。
妹さんとジィジの距離感がスゴくかわいい。
あの作品の影にはこの家族あり。
見ててニコニコしてきます。

e0038717_22255142.jpg
もう一つも写真集。ポストカードタイプの文庫版です。
ALPACA LOVE—癒しのアルパカ
「那須アルパカ牧場」ってところが出していて
そこで飼われているアルパカたちの写真です。

・・・ぷふふ。この顔・・・

本屋にいるのに
思わず吹き出しちゃった。

なんたる可愛らしさ!!!








e0038717_22335256.jpgこういう、トボケた顔では
随分前にみて大のお気に入りになった映画
「らくだの涙」を思い出しますねぇ。
我がパソコンの壁紙になっています。


笑っちゃうで言えば
最近読んだ本では
吉田戦車さんの 『吉田電車』
三浦しをんさんの『乙女なげやり』
おそらくご本人にはシビアな面が
おありでしょうが
可愛らしさを感じずにはいられない。

見しやそれとも わかぬ間に・・・
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-09-01 23:20 |

恋はデジャ・ヴ

お盆休みを利用して立て続けに読んだ
宇宙飛行士、野口聡一さんの本の中で
この映画が紹介されていました。
宇宙でのお目覚めソングとして
この映画で使われていた曲を持っていかれたそうです。

横柄な天気予報士がある町の祭りの取材へ行った。
取材を終えて帰ろうとすると
予報外の吹雪にみまわれ通行止めに。
もといた町へ後戻り。
一晩寝てさぁ帰るかーと思ったら
あれ?昨日と同じことが?
何度、寝て起きても同じ2月2日が再びやってくるのだった。
無限ループかぁっ

主人公だけ記憶が残ったまま同じ日が繰り返されて
周りの人はリセットされたように新たな日として迎えている。
初めは同じことの繰り返しに絶望し自暴自棄になったり
好きな人を効率よく落とそうと
来る日も来る日も情報を仕入れデートに誘うも
ひっぱたかれてナカナカうまくいかなかったり
横柄さを存分に発揮。

何をやっても変化は無いし
繰り返すことで分かってきた
町の人たちの生活。
遂に諦観し前日までに知った情報を
それまでと違う方法で
周りの人たちと接し変化が起こっていくと・・・

繰り返しをすることで
新たなことへの基礎となればいいけれど
ゼロに戻されてまた初めからとなると
苦手だからさーとか言ってる場合じゃないね。
映画を見てるだけでも
途方に暮れそうになりました。

恋は画策してもウマくいかない。
ウマくいくのか?どうしたら?★★★☆

e0038717_21161717.jpg恋はデジャ・ヴ
高慢で自己中心的なTVの人気予報官フィルは、“聖燭節”の取材のためペンシルバニア州パンクスタウニーを訪れる。無事に取材を済ませたフィルであったが、吹雪が町を直撃し、足止めを喰ってしまう。しかし、その翌朝フィルが目覚めてみると昨日と同じ“聖燭節”のお祭が行われ、その翌日も……。タイムラビリンスに迷い込んだ事に気付いたフィルであったが、逆にこれを利用し魅力的な女性プロデューサー、リタを口説く事を思いつく。日に日に上達するフィルの口説きのテクニックに、はたしてリタは…?
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-09-01 22:22 | 海外映画