<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

華氏911

ちょっと前に見て
感想をどう書こうか迷ってしまい
そのまま記録じたい止まってしまった。

マイケル・ムーア監督の最新作「シッコ」、
まだ見ていないですが
医療における、おかしな現実を皮肉って
面白可笑しく撮っているんじゃなかったかな?
CMで、監督の行動力と内容に「スッゴイなぁ・・」と
あっけに取られもし、興味も引かれました。

で、見ていなかったこの作品を借りたのですが・・・

ウサマ・ビンラディンが主犯だと言われていたのに
いつの間にサダム・フセインになったんだっけ?と
ずっと疑問思っていたんだよなぁ。
すり替わってるような。できれば触れたくないってことか?

イラクに大量破壊兵器が無いのに攻撃し
遂に誤りだったと認めたってニュースがあったけれど、
そもそも、ワールドトレードセンターのテロから
なんでイラク攻撃に至ったかがよく分からなかった。
熱心にニュースを追っていたわけじゃないからってのも
多いにあるにせよ、分からないはずか。

この映画は、実際の出来事で
しかも、現在進行形の問題だ。

「博士の異常な愛情」はフィクションだと
こわいなぁと思いつつ笑っていたけれど
アメリカ大統領がしたことは
これと変わりないんじゃないか?
自由の国と言っているけれど本当か?
情報操作があるんじゃないのか?

むごい映像も映し出される。
グロいのが苦手だけれど
現実だからこそ直視しなくちゃいけない気がした。

なぜ、あの人がアメリカの大統領なんだ?
多くの人が、あんなにも非難しているのに
なぜあの座に居続けられる?
国民だとか人間だとかを考えるより
己の富と欲に邁進している。
多くの批判も、どこ吹く風。
とはいえ、アメリカ国民全体の空気の流れはどうなのか
この映画では触れられてなかったので
よく分からないなぁ。

言葉巧みに勧誘する軍の人。
軍に子ども達が入り
嬉々として戦地へ送り込んだが
息子が戦死したのをきっかけに
現実が見えた母親。
自分の子どもは軍に入れない高官たち。

ワールドトレードセンター同時多発テロの
根本的な問題から軸がずれ
悪い方へ拡大している中で
国際治安支援部隊へ参加すべきだと言った
民主党党首。
じゃあ、自分一人で行ってきなよ。

最近の原油高も遠からず繋がっているかもな。
日本の事をいえば資源の無い国だから
優遇してもらわなくちゃやってけない。
だから国際協力も必要なんだってことか?
ん?でも給油支援してるってことは・・どういうこと?・・あぁ混乱・・・

だからって、いろんな思惑を内包してわけ分からん内に
解決する方法もこんがらかっている五里霧中状態で
大切な人が戦死して帰ってくるなんてあっちゃいけない。
戦争に関係ない民間人が結婚式の最中
空爆にあうなんて、あっちゃいけない。
そんな場所を、戦地派遣されたからって攻撃しちゃいけない。

自分の国を内側から、強大組織を批判するって
想像を遥かに超えたリスクを背負わなきゃならないだろう。
皮肉な笑いを誘いつつ、
相当に重く哀しい問題を冷静に指摘する。
それを考えただけでも、すごいことだ。

今回は★をつけることができない。

混乱して自身でもよく分かっていないので
詳しい事は、各々で調べてみてくだされ。
整理しきれませんでした。

e0038717_044366.jpg華氏911
マイケル・ムーア監督がブッシュ大統領を徹底批判するドキュメンタリー。ブッシュが大統領に当選した際のフロリダでの選挙疑惑や、同時多発テロ前後の彼の行動、ブッシュ家とビンラディン一族の意外なつながりなど、経歴や言動から大統領としての資質を問い正す。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-10-30 00:15 | 海外映画

恋愛睡眠のすすめ

父ちゃんが死んだのをキッカケに
母ちゃんの住むパリへ戻ってくる。
母ちゃんが管理しているアパートには
小さい頃住んでいたまま部屋が残っていて
隣の部屋に新たな女の子が引っ越し中。
その荷物の搬入に巻き込まれて怪我をし
手当してもらったのをキッカケに仲良くなるのだが・・・。

はじめ隣に住む子の友だちが気になっていたけれど
現実と区別付かなくなっている夢から
隣のステファニーを好きになっていく。

隣に住んでいるのを隠したり
勝手に家に侵入したり、マザコンだったり
会社に行かなかったり
恋人にするにはちょっと大変そうなステファンなんだけれど
ステファニーは困りつつ、冷たくしない。寛容だなぁ。
隠し事も黙っていてあげたり。

感性も通じるところがあるようで
作品の共同作業なんか二人で楽しそう。
ステファンは好きになると
突っ走っちゃうタイプなのか。

夢と現実の混乱っぷりが
見ていて分けわからなくなるんだけれど
その浮遊感とか、ポップさとか
ストップモーションアニメ的な雰囲気とか
とてもカワイイ。
映像の遊びも見ていて楽しくウキウキしてきた。

最後は、ステファン寝る子は育つからねぇ
って子どもか@タカトシ ★★★★★

e0038717_21355728.jpg恋愛睡眠のすすめ
仕事も恋愛も何一つ上手くいかずパッとしない人生を送ってきたステファンは、父の死をきっかけに、長年暮らしていたメキシコから母のいるパリに帰郷する。そんな時、ステファンの部屋の隣にも新しい住人が引っ越してくる。引越し作業中に、運搬屋の不注意でケガをしたステファンは隣人ステファニーに手当してもらうが、引っ込み思案でシャイなため隣に住んでいることさえ言えない。やがてステファンは、クールで知的なステファニーを好きになるが・・・
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-10-14 21:46 | 海外映画

パフューム ある人殺しの物語

んーーーーむ・・・

テレビでこの映画のCMが流れていたときは
「これ流していいのか?」と衝撃だったのですが
色んな人のレビューでは
原作が結構面白いって話題になっていました。

人を魅了する香り作りに心とらわれ
脅威の嗅覚を持ったグルヌイユは
常軌を逸した情熱をそそいでいく・・・

この人格破綻ぶりが、生い立ちとともに
スメルジャコフを想起させた。
あの魚市場で産み落とされた赤ちゃんは
ホントの赤ちゃん?
うひゃ〜〜、衛生的に大丈夫でしょうか。といらん心配。

このグルヌイユがキューンときちゃったのは
花とか果物とか、なんかそういった香水の香りじゃなく
人の発している体臭なのか。体の表面の。
見目麗しい女性ばかりを狙ったって事は
見た目と匂いは比例するのか?
フェロモンってやつなのか?

突如、頭を巡る名曲
♪追いかけてぇ〜 追いかけてぇ〜
    追いかけてぇ〜〜〜雪国ぃ〜〜♪

すっごい嗅覚レーダー。

奇妙な奇怪な物語。
人、死にすぎー。
グルヌイユに関わった人は
彼が去った後、魂を持ってかれるように。

捕まってからの展開が
いや、ビックリ。
まぁ、これは物語ですからね。
ドキュメンタリーじゃないですからね。
いんです、いんです。
「ミスター味っこ」的でもいいんです。
あ、このたとえ間違ってますか。古いですか。いんです、いんです。
おいしい物を食べたあと、ピカーンと異世界に旅立つ感覚。

なんだか混乱していますな。
アロマとかって人の心を和ます力があるし
匂いで気持ちを変化させるのは
現実にあるだろう。
その場の人々の感情を全く別の方向に
ひれ伏すまで魅了する香りってどんなんだろう。
嗅いでみたいような、怖いような。

なんだか後を引く映画だなぁ。 ★★★☆

e0038717_21474754.jpgパフューム
18世紀、パリ。数十キロ先をも嗅ぎ分けられる、図抜けた嗅覚を持つ孤児グルヌイユは、パリきっての人気調香師となり、彼の香水が街を沸かせる。しかし、彼の野望は “究極の香水 ”を作ること、ただひとつー。時を同じくして、街では赤毛の処女が殺され全裸で発見される事件が続発していた・・・。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-10-07 22:12 | 海外映画

ホリデイ

出演者が豪華!

失恋をきっかけに
遠く離れた会った事も無い二人が
ネットで知り合い
期間限定で家をまるごと交換してみることに。

NYの豪邸とイギリスの素朴な家。
どっちも素敵な家だなぁ。
とはいえ、会った早々に恋愛モードになるのは
いかがなものか。
突然、本当の家の持ち主の兄が
妹を訊ねてきたのに
二人が盛り上がっちゃうのって・・・

ケイト・ウィンスレットの役は
近所の人との交流から
恋へ徐々に広がっていくのは
なんかいい感じだったな。

クリスマスの話しだったので
心地いい今の季節とのギャップで
何だか不思議な感覚になりました。★★★

e0038717_20524063.jpgホリデイ
ロサンゼルスで映画の予告編製作会社を経営するアマンダは恋人に浮気され、彼を家から追い出した。ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、元恋人に目の前で別の女性と婚約発表されて失意のどん底に。傷心の2人はインターネットの「ホーム・エクスチェンジ」サイトで出会い、お互いの家を交換して相手の家具や車を自由に使えるという休暇を過ごすことにした。まったく違う環境で2週間のクリスマス休暇に入った2人…。やがて、ロスのアイリスは作曲家のマイルズと、ロンドンのアマンダはアイリスの兄グラハムと出逢い、思いがけないラブ・ストーリーがはじまった——。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-10-07 20:53 | 海外映画

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説

ちょっと前、半分寝ながら見たので
ほとんど内容を忘れてしまいました・・・
どんなだったっけ?

踊り子の女の人と
中国系の少年と
トロッコと
オビ・ワンってスターウォーズで
誰かの名前じゃなかったっけ?
何か関係あんのかな。

そうそう、オープニングが
ショービス全開だったので
「あれ?これってインディージョーンズだよな?」
と戸惑ったなぁ。
すごく楽しげなミュージカル映画になりそうだった。

それから、中国系マフィアの罠にまんまとひかかって
飛行機が墜落しちゃう!ってとこから
地上に降りる(落ちる)ところは
さすがインディ!強運バンザイッ
すごいねぇ。一人も振り落とされないで完璧さっ
死に直面しても動じてない。
慌てないって大切ですね。と学ぶ。

ちょっと強引な展開が
ツッコミどころと相まって笑えます。
ついに4が撮影されるのですね。
強引さは健在か、どんな冒険になるんでしょうか。 ★★★☆

e0038717_20211251.jpgインディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
35年、上海。インディはクラブ「オビ・ワン」の歌姫ウィリーと中国人少年を連れ、「聖なる石」を求めてインドへ。だが、呪術をあやつるマハラジャ一味が、彼らを待ち受けていた…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-10-07 20:26 | 海外映画