<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プラダを着た悪魔

パワフルな上司。
仕事は出来るが超無理難題を押し付ける。
決して悪い人じゃないんだけどなぁ〜、、、あまりにもなぁ〜、、

発刊前のハリポタって。
要望だけでなく、その先に何を言われるか
何が必要か正しく理解し行動する。
ここまででなくとも
実社会でも必要かも。指示待ち人間では無理だよな。

ここまで働く側のファッションセンス問われるのか。
スゴく華やかで美しい世界は
意外とその世界の内輪ウケなのかも。

「これが今年の流行です」って提示するのは流行する前で
流行はこうした人たちによる情報操作なんだよなぁ。
人気が広がったからじゃなくて
予めコチラですよーと誘導してくれて
それに今、同意できたら「オッサレー」
いくら今「オッサレー」でも
数年後にこれを持ってくると奇妙になる。
移り変わりの機微ですね・・・
地域の時差ってのもあるしなぁ。

アンドレアはタフな環境にはじめ否定的だったものの
次第に感化されていく。人の心は変わるもの。
そして、これぞ鈍感力!

ナンシーとナイジェルは「なに?このダサイ子」といって
陰湿になるかと思いきや、
ボロクソに言いつつも結構いい人たちだった。

ナンシーは友好的でないにしても仕事をキチンと教えるし
むしろトバッチリを食ったのはこの人かも。
ナイジェルもアンドレアに自分のスタイリストを頼まれると
結構すすんで提案してくれていたようだ。忙しいのに。
アンドレアが先回りの気配りを見せる前なので
仕事ができるからってわけでもなさそう。

厳しいことをいいつつも
頻繁に変わっていた第2アシスタントを
「また(違う人)か、すぐ辞めるだろう」と見切らない。
それなのにミランダは・・・
大声でまくしたてない、静かに厳しい感じの人ですね。
ミランダなりの愛情も苦悩もあるのですが。
まさか働くってことを考えさせられる映画だったとは。

なんだかんだ言ったって
アンドレア変身後のファッションは
すごく可愛かったなぁーー。    ★★★☆


e0038717_1933172.jpgプラダを着た悪魔
ジャーナリストを目指してN.Yに来たアンディはファッション誌「ランウェイ」の編集長、ミランダのアシスタントとして勤めることに。しかし、彼女は厳しくかつ人使いが荒い。24時間携帯で仕事の指示が飛び、振り回されるアンディ。しかし、彼女は負けなかった。野暮ったい彼女はファッションを磨くことでミランダの求めるものに近づこうと努力する。そしてやっとミランダの信頼を勝ち取るが、その代償はあまりに大きかった。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-04-28 19:47 | 海外映画

振り向けばネコマンマ

e0038717_21175076.jpg


ノラなのにデカい ダイフク
この後「ニャー」と鳴きながら近づいてきたかと思いきや
「こいつ、ご飯持ってネェな」と分かると目前で軽やかにターン。
・・・オミャー結構スルドイな。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-04-22 21:21 | 今日のひとしゃべり

ダカダカと 面白ろドラマ

ちょっと前トランスアメリカって映画を見たのですが
その主演があるドラマに出ている女性だった!
気になったので、その人も出演している
そのドラマを見たところ、、、、

まぁ〜〜面白い!!

『デスパレートな妻たち』
スッカリハマってしまいました。
サスペンスとかミステリは
好きでも嫌いでもないのですが
シュールな笑いが沢山あって
ホント可笑しいのです。

もちろん、事件がやたら起こる地域なので
笑えない部分もあるのですが
「え!?どうなるの?どういうこと?」という
現時点でどんな展開が起こるのか分からないドキドキ感と
超個性的な登場人物がオイラのツボを刺激。

ん〜やはり笑いがあるってのがポイントですな。
確かに、それぞれが「崖っぷち」。
DVD買おうかなぁ、、BOXしかないんだよなぁ

ハッ!!
今リンクをはるために検索したのですが
NHKでやってたんだねーー!知らなかったなっ
当然、吹き替え版でしょうが
機会があれば見てみてくだされ。
デスパレートな妻たち シーズン1 DVD Complete Box








日本ドラマでは『時効警察』
つい先日たまたま見たのですが
これが楽しい!
前回は1度も見なかったのでDVDを借りています。
「トリック」の流れを汲んでいる感じ。
時効警察 DVD-BOX
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-04-22 21:16 | 今日のひとしゃべり

明和電機・事業報告ショー

先月の話しですが
行って参りました。
『明和電機事業報告ショー』!

e0038717_19493648.jpg


明和電機を知っておよそ10年。
やっと生明電を見ることが出来ました。
いつもタイミングを逃していたので嬉しい限り。

とはいえ、タイトルどおりあくまでも「事業報告」なので
2006年度はドコで何をし、何を開発して、どうなったか
そして2007年はどう展開していくか、という発表。
期待していたライブは見れず。
さながら株主総会的な(行った事ないけど)イベント。
ライブを期待していた分
物足りない気がしましたが
己のリサーチ不足だと生明電を楽しむことに。

冒頭では詩人 谷川俊太郎さんによる
お経のような詩の朗読と明電とのコラボがあったり
最後には恒例らしいのですが
一般人の作業着はたまたコスプレショーなるものがあり
その格好をした観客がステージにあがって交流。
いやぁ〜〜驚いた!
明電の製品報告よりそっち驚いた!
リサーチ不足ゆえのハプニング。
ま、これはこれでいっか。と妙な納得をしてしまう
明電ワールド。

観客の層は老若男女、国内外を問わず
満遍なくバラエティに富んでいました。
これにも驚き。

次はライブ!と希望に胸高鳴る出来事でした。

興味あるかたは是非ライブなり
本なりCDなり見て聞いてみてください。
こんな世界もあったのかっ(ガガーンッ)と
楽しくなるはず。たぶん
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-04-15 20:16 | デザイン・アート

カポーティ

ノンフィクション『冷血』を書くために取材し
本を出版するまでの出来事なので
カポーティの人生が追われているわけではありません。

しかし4年もの歳月をかけ
この本を最後に書くことができなくなった
正確には未完のままで終わってしまった
(『叶えられた祈り』は未完だそう)
最も大きく重く
もしかしたらカポーティ自身の人生を
狂わせていった出来事だろうな。

以下、ネタバレ注意!



事件は強盗のために一家4人を殺害し
奪った金は40〜50ドル。
その家に大金があるという“噂”を耳にし
押し入ったという。
似たような事件が日本でもあったなと思い出した。
ごく最近だったと思う。
九州の事件でその家にも大金があるという
噂を聞いたある一家が一軒の家に押し入り
一家だけでなく、口封じとして
その息子の友だちをも殺害した。
手をくだしたのがまだ10代20代の兄弟だったはず。

大金があると聞いていたのに実際には無かった。
そんな噂がどう流れるのかも不思議だけれど
あまりにも惨い。
事件を聞くだけでも気がめいるのに
本のためとはいえ被害者や
犯人との面会、処刑を実際に目の当たりにしていくと
身も心もボロボロになるに違いない。

オードリー・ヘップバーン主演の「ティファニーで朝食を」
カポーティが原作というのを最近知りました。
村上春樹さんも最も好きな作家の一人だと
何かに書かれていましたね。

カポーティ役の人が素晴らしく本人じゃないかと思うほど。
実際にその行程を見ているかのようでした。  ★★★★

今なお人気のドラマ『フレンズ』で
フィービーの失踪した父親役だった人が
この映画で編集者役にっ
表情のあまり変わらない物静かな雰囲気ですね。

e0038717_12591383.jpgカポーティ
1959年、カンザスで4人が惨殺される事件が発生。作家トルーマン・カポーティは、死刑判決を受けた被告人ペリー・スミスに近づき、6年間に及ぶペリーへの取材を経て、衝撃の作品を描き上げる。その名は- --「冷血」。しかしその後、彼は一冊の本も完成させることはなかった・・・。

[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-04-15 13:00 | 海外映画

チッチキ チッチーYO!

これをツボCMとしていいものか
悩むところですが
土曜の穏やかなお昼時
洗濯など普段と変わらぬ日常に
突如飛び込んできたこの音楽・・・音楽?

レモンガス

どうしたもんかね


ケロロ軍曹が土曜にかえってきて嬉しいなぁ
ハッ!4月初めの記事がこれかぁっ
放置しすぎだYO !
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-04-14 12:14 | ツボにくるCM