<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今更GW記録 其の4

あっ今日は5月最後の日かっ

5/6(土)

この日は前日から雨の予報で
昼ごろにはポツポツと降ってきた。

笠山の鳥が見たいってので
雨降ったら飛んでないと思うよって言うと
「大丈夫っちゃ」とどうしても行きたい様子。
次の日には帰るし仕方ないかと行ってみたが・・・

だんだん雨がひどくなるどころか
風も強くなってきて
こりゃ絶対鳥飛んでないっ!て状況に。

もうね、走っていると分からないんだけれど
止まると車が風で揺れる!
山道なので木々もすごく暴れているし
こ、、、これでも行くの!?

e0038717_2332877.jpg
天気が回復するような気配が
みじんもないまま笠山に到着。

当然、先日のような
穏やかな鳥の旋回もなく
他に見に来ている人も数人で
池には魚の姿も確認できず
折りたたみ傘は裏返るし
だから飛んでないよって
言ったのにぃ〜〜〜〜!!
と叫んだところで後の祭り。

車の中にいれば、暴風雨も
あまり気にならないので
少し萩の街を
ドライブして帰ることに。

夕方3時でも随分暗く感じた。
山を越えるのが心配になる。
山間部は平地より
日が暮れるのが早いしね。



で、暴風雨が弱まる様子もなく
すごい音を感じながら
急勾配の道を登ったり下ったり。
対向車のまきあげる霧が
フロントガラスを覆い、
ライトの明かりが乱反射する。
前が見えんっっ

山道はガードレールがなくて
すごい角度で下らなきゃならないところもあって
「ひゃ〜〜〜っ」となるよ。

エンジンブレーキを思いっきりかけて
ギアで調節しながらゆっくり降りる。
後ろの車も気にしてられません。
数メートル先が見えないし
もう、この数時間は生きた心地がしなかったよ。

次の日は雨降っていたけれど
前日の疲れもケロっと忘れて
早々に東京へ戻ったのでした。

楽しいことも大変なことも
数日にギュッと凝縮されて
のんびりとした地元の空気も
吹っ飛ぶくらいの早さだったな。

戻ってきてから
いろんなことを感じたり考えたりしたよ。
直前まで帰省するのを迷っていたけれど
必要な期間だったな、と思いました。

ながいGW記録はこれで終わり。
明日から新しい月だ。
どんなことが起こるでしょうか。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-05-31 23:41 | 今日のひとしゃべり

今更GW記録 其の3

梅雨か?梅雨に入ったのか?!
そうですかナハハ〜
え?そうです。今とても眠たいのです。
まだ寝るには早いぞ。ということで

5/5(金)

記憶も・・薄れていますが
写真のお陰で思い出します。サンキュー写真

この日はね、山口市に出かけたのです。
先日、萩に向かう道と途中まで同じ。
山並みと緑が
ほんとに美しくて車も少ないし
馬力の弱い軽自動車にとても優しい。
♪♪あ〜おい山脈ぅ〜〜♪♪

そりゃ歌も歌いたくなるっつー話し。

♪みどりぃの風も さぁわーやかにぃ
 にぎるハンドル 心も軽くぅ〜〜
 サイクリング サイクリング ヤッホーヤッホー
 青い峠も 花咲く丘も
 ちょいとペダルで 一越えすれば
 旅のつばめも ついてくる ついてくるぅ〜〜
 ヤッホー ヤッホヤッホヤッホ〜〜〜♪

【青春サイクリング】song by 小坂一也さん

峠を越えれば 夢見るような
 五色の湖 飛び交う小鳥ぃ〜
 汽笛も二人の しあわせうたう
 山越え谷越え はるばるとぉ
 ララララ ララ ララララランラン
 高原列車は ラララララ 行くよぉ〜〜♪

【高原列車は行く】song by 岡本敦郎さん

乗り物は違えど
気分はまさにヤッホーヤッホー。

e0038717_2113770.jpg
気分上々に山口市につくと
ここもまた緑の美しい土地で
美術館や博物館、図書館が
集まっているこの辺りが
一番好きなところ。
パークロードっていう
並木道なんだけれど
ほんとに気持ちのいい場所です。

すぐ近くに美術館があるんだよ。
大学生の多い学生街なので
若い人率が高いです。

街に行って
ケーキを買ってもらった。
たくさんあって迷う。

ちょうど子どもの日で
商店街のアーケードには
近くの園児たちが描いた絵が
上からぶら下がっていた。

でっかい鯉のぼりの面に
自分らの顔を描いた画用紙を貼って
コラージュになっていたよ。

オッモシロイ絵なんだよねぇ。
ガハハハハッて顔してる。
上見ながら笑った。
写真は撮り忘れました。あ〜ぁ、、
e0038717_2151930.jpg
サビエル記念聖堂の頭が見えます。
近代的な感じ。

e0038717_21555482.jpg
マンホールに絵が描いてあって
見えるかなぁ。
七夕提灯祭りのイラストですね。
味わいがあります。

前日昼過ぎに出て
大渋滞にあった教訓を生かし
この日は早く出かけたので
さらに違う場所へ行こうとリクエストが。

どこかっつーと北九州の小倉。
行ったことなかったんだよね。
大方の道順を地図で確かめて
走ったことのない道をグングン行くぜー。

関門橋は高速になっているので
関門トンネルを潜ります。
トンネルに入るには
料金所があって車線が狭くなるので渋滞だった。
脇道からもドンドン車が入ってくるから
これがなっかなか進まない。

九州に入って急に道路標識の数が減る。
いかに山口が道路に予算をかけているのか
よく分かるんだけれど
山ん中の車が滅多に通らないような道も
ほんっと丁寧に標識があるし
カーブの反射板もまぶしいくらい。
新たに舗装整備して過剰かもしれないな。
走る側は分かりやすくてありがたいけれど。
話しがそれた。

対岸に下関を見て
いつもは反対側から眺めているので
ちょっと位置感覚がチグハグな
不思議な感覚になったよ。
港でイベントがあるようで
大きな帆の船が停泊していた。
舶来の船か?

北九州はホント目と鼻の先だなぁ
小倉も近いかもと、ここでも楽観的にかまえていたら、ら!
まぁーーー、これが意外とえらい距離で
知らない道ってのもあってか遠く感じた。

やっとこさ小倉駅前についたので
駐車場に止めて歩いてみることに。

e0038717_21394267.jpg
こっちは北側。
ラフォーレがあったけれど
そんなに賑やかじゃない。
再び誰にでも話しかける同行者、
通りすがりのヘッドフォンで
音楽を聞いている
ちょっと縦ノリなお姉ちゃんに訪ねる。
「このへんで賑やかなところって
ドコかねぇ?」
縦ノリ姉ちゃん、無視して
通り過ぎるかなと思ったのだけど
意外にもかなり丁寧に
「賑やかなトコロ ふふふ・・賑やかな所は、んー
 そこから左の階段のぼって駅の反対側に行ったら
 商店街とかあっていいんじゃないですかねぇ」
ってニコヤカに教えてくれた。
お礼を言って早速行ってみた。
確かに賑やかだ。

大手百貨店が構えていて
商店街も縦横に枝葉をはっていて
複雑のようだ。
お腹空いたので「生姜焼き」を食べました。
んまかった!

更に誰にでも話しかける同行者は
その近くに座っていた人に
ここの有名な和菓子は何かと聞いていた。
その人もよく知らないようだったけれど
一軒和菓子屋さんを教えてくれて
会社の人たちへのお土産を買うことができました。

なんかね、まるまる栗の入ったお菓子だったよ。

行きはよいよい帰りは怖いで
帰りは随分ながく感じたなぁ。
日が暮れると、さすがにバイパスを通って
トラックにドキドキしながら帰りました。

この日も最高に天気がよかったな
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-05-28 22:11 | 今日のひとしゃべり

今更GW記録 其の2

さて、其の1から次の日
親から宮島に行きたいとリクエストが。

5/4(木)

休み前からの疲れか
昼すぎに出かけることになりました。

実家のある瀬戸内海側の山口から
広島県の宮島に行くのに
高速は使わず海沿いの国道を走る。
高速はですね、教習と関門海峡へ1回乗ったきり。
え?こ、、怖くなんかないやいっ

で国道188号線から
2号線へと走るのですが
途中の光市に冠梅園(かんむりばいえん)って
梅の木がたくさん植えてある公園に寄り道。
2月に咲く花が美しい場所ですが
なにぶん季節はもう5月。
目を細くして見れば
梅の花が見え・・・なくもない・・わけがない。

何で寄ったかっていうと
ちっさいちっさい「冠ミニ動物園」の鳥に会いに。
いる動物は鳥、モルモット、ヤギ、いじょっ!(以上)
e0038717_2344866.jpg

キジ類が多い。金色だよ。きれいだねぇ。
この日は天気も良くて
クジャクの求愛日和だったようだ。
雌鳥の、このそっけなさ。切ない。

一番会いたかったのはオウムで
4、5年前に見たきりだから
もういないかもと思っていたけれどいた!e0038717_23135868.jpg
かっわい〜〜〜
人が帰るとき「バイバーーイ」って言うんだよ。
ちゃんと
「あ、いなくなっちゃうんだな。」
って判断している様子。
子ども達にも大人気で
しばらくカゴの前から
離れないほど。

とまり木からターンッと柵に
跳んできて好奇心旺盛。
カメラを向けると
それは何だと
柵の間から片足を出して
貸してみろと催促。
もーー可愛すぎです
その場面を撮れば良かったなぁ
カワイイが勝ってしまって
寄りの写真しかないぜ。

頬や頭をコチョコチョとなでてやると
目をそっちに向けているんだけれど
噛みそうな気配は全然ない。

黒い目をクルクルさせて
人が大好きのようだ。かわいいなぁ、もぅ
ノンバーバル(非言語)コミュニケーションですよ。

このオウムのすぐ後ろでクジャクは
相変わらず求愛行動をしていた。
とてものんきで平和な風景だ。

瀬戸内海の海を横に見ながら
しばらく海岸線を走る。
岩国に入ると視界に
きれいに並んだ戦闘機が入ってきた。
どうやら岩国基地の航空ショーをやっているようだ。
菱形に隊を組んだり
煙をはきながら直滑降したり
縦横無尽に飛び回っていたよ。
初めて見たなぁ。
基地がどこにあるのか未だしらず。

最近、岩国基地の話題もよく上がっている。
基地からちょっと離れた国道沿いには
飛行機ショーを楽しみにしている
近所の人たちの姿もあったよ。
岩国を出るまでの範囲で
飛行機の姿を確認できた。

広島に入って少し走ると
車の動きが遅くなってきた。
宮島には競艇場があって時間によっては混むので
「あーボートがあったのかな」とまだ楽観的。
しばらくして甘かったと判明。大渋滞だった!
いやもう未体験です。
普段なら15分で抜けられるはずが3時間。
周りの車から続々と歩く人たちが。

親も座りっぱなしに疲れて
途中から歩いて宮島駅に行った。
運転は自分しかできないので降りるわけにもいかず
トイレに行きたくなったらどうしようと
不安が頭をよぎりつつ
瀬戸内海の穏やかな海を眺めてました。
e0038717_0122714.jpg
とても凪いだ海です。
先日の日本海と違う表情ですね。
海の向こうには
もう目前の宮島が!

下の写真の真ん中に
赤いポチッとしたものがありますが
これがかの有名な
『厳島神社』の鳥居ですよ。
あぁ〜〜近くて遠いとは
正にこのことだ。

GWの洗礼をうけ
トイレの心配は杞憂に終わり
ようやく宮島駅に着いて
車を置こうと駐車場を探すも満車!
フェリーにのって宮島に渡るので
車も乗っていけるんだけれど
そこも並じゃなく混んでいたため
結局時間も時間だしUターンして帰宅しました。

えぇそうです。

3時間待って目的地に行かなかったのですよ
ある意味たいへん貴重な体験です。

車のBGMは氷川きよしさん、氷川さん氷川さん、、氷川さん
北島三郎さん、氷川さん、アルファ、昭和20,30年流行歌、氷川さん、マチューボガード
・・と思いきや氷川さん
といった割合で、まぁ何つーか日本の心に触れた選曲でした・・いい歌よ確かにね
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-05-27 00:45 | 今日のひとしゃべり

今更GW記録 其の1

今、すごい雷です。

ぼんやりしている間に随分
日んちがたっちゃいましたねぇ

さて、忘れかけた頃にGWの記録です。

どこに行ってきたかっつーと
実家のある山口県へ。
盆も正月も帰ってないので
およそ1年ぶりの帰省になります。

馬力の弱いマニュアルカーも
車検が終わってバリバリだぜーーッ

5/3(水)e0038717_21554293.jpg
車を山方向へ走らせ
瀬戸内側から山を越え
大雑把に山陰側へ。
突如現れた大きな湖。
天気も快晴で色が濃いねー
山と山の間にでっかい水たまり
空気も緑の匂いがするんだ







途中、福栄村の道の駅で
一息ついたのですが
福栄村は高校時代に
思い出があります。長くなるので省略。
それから萩の海へ。
海岸を走ると砂浜があったので
車を止めて歩いてみることに。

この偶然たどり着いた海岸
GW直前に東京でもニュースになっていた事件現場だと判明し
ショックを受けたので写真は撮りませんでした・・・
とても美しい風景なのにねぇ。ホント・・・・
にもかかわらず、すぐそばで釣りをしていたり
フリスピーで遊んでいたり人が大勢いた。

誰にでも話しかける同行者は
今の季節は咲いていないけれど
椿の群生林があると釣りしている人に教えてもらい
「笠山」に行きたいと要望。
じゃあ行ってみっかーと車を走らせる。
この笠山には「明神池」ってのがあって
観光名所になっているようだ。

で、着いてみると頭上にたっくさんの鳥が!↓写真
トンビかなタカかな
気持ち良さそうに旋回している。
餌を投げるとヒラッヒラッと滑空して
水面でキャッチ。ひょ〜カッコイー

その下が明神池で、池なのに
海の魚が群れていた。海水なんだね
右下の写真はボラだって。
カワイイ顔をしていたよ。
e0038717_2205216.jpg

そして思い出しましたっ
ここは随分前に友だち数人と
来たことがあったんだ。
このすぐ近くにね、イカづくしが食べられる店があって
すごく美味しかったんだー。ガラス工房もあったよ。
懐かしさで嬉しくなった。


e0038717_22563085.jpg
さらにこの明神池には
風穴ってのがあって
岩の間から冷たい空気が
吹き出しているんだって。
その近くに行くと
確かにヒンヤリしてきて
寒いくらいだった。





苔むしていて
『もののけ姫』のコダマが
出てきそうだね。
この辺から冷たい空気が
出ているようす







ここを出て日本海側の海岸線を走る。

e0038717_2322044.jpg
荒い波しぶきが上がる
色の濃い波打ち際。
ゴツゴツした岩は
日本海の力強さを感じる。美しいね
実際はもっとザッパーーンッと
迫力があったよ。
サーフィンをしている人もいた。






この日は最高に天気がよかったなぁ。
きれいな空気を思いっきり吸い込んだ。
山々を眺めながら帰路についたのでした。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-05-24 23:28 | 今日のひとしゃべり

世界中がアイ ラブ ユー

世界中がアイ ラブ ユー

明るく楽しいミュージカル映画

少々複雑な関係の
恋多き家族なんだけれど
みんな仲良くて互いを大切にしている感じ。
タイトルどおり。

いろんな形の愛情が
タンタンタンタンと軽快なテンポで展開していって
退屈しなかったです。  ★★★☆


e0038717_22501613.jpgNYに住む中流家庭の一家のロマンスをミュージカル仕立てで描いた、ウディ・アレン監督作である。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-05-18 23:09 | 海外映画

恋の門

恋の門

けぇってきたぜ。ということで
久しぶりの更新だね。

先週末には帰ってきてました。
「ネっと・・って・・・・・・・?」
な状態になってましたよ。
この一週間も開いてなかったもんなぁ・・・
大丈夫だ、忘れてないぜ

さて映画のはなし。
会話とか言葉が面白かったなぁ
独特の話し方があるのです。
「走って・・逃げた・・・大人なのに」とか
公園のベンチの影から
「どういう時期かぁっそれどういう時期かぁっっ」
って飛び出してきたり
「好き勝手にやってるヤツには
 好き勝手に言ってやらないと
 その、好き、勝手さ加減ってのが、
 伝わらないんだよぉ!!」とか
「恋愛なんてどうせシナプスのスパークと
 ホルモンの分泌でしょいなっ!」とか
「竹の子族と張り合ったなー」とか他にも
場面の状況とあわせて笑わせます。

セイキのツアーシーンが最高。
いよいよって時に、浴衣の肩が少しはだけてる
セイキさんとか大竹まことさんとか
オッさん郡が出てくるの面白かったな。

出演者に
大人計画の人とか庵野夫妻とか
清志郎さんとか映画監督の・・あの・・塚本晋也さん!とか
あれは、しりあがり寿さんじゃ?
俳優業と縁のなさそうな人も
沢山出ていました。ぶふふーーっ

酒井若菜さんピッタリですね。コメディエンヌです
松田龍平さんは優しげな感じ
小島聖さんの不思議セクシー
子どもが空手の型(?)したり
小さい大人みたいでカワイかったなぁ ★★★★

んー、自分は好きなことに対して
深く追求できないなぁ。
いわゆる“追っかけ”やら
“マニア”の資質がないようです。
それらって結構、持久力とエネルギーがいるよね。
すごいです。
集中力が、あれだけあれば極められるな。ってことで


e0038717_23492550.jpg石で漫画を描く、自称・漫画芸術家の蒼木門は、バイト先でアニメおたくのコスプレOLの証恋乃と知り合う。彼女の家で飲んだ勢いでいい雰囲気になったが、恋乃にアニメのコスプレをさせられたり、アニメ歌手のファンの集いでいい感じになったが、酔っぱらって彼女の顔に吐いてしまうなど、なかなか結ばれないふたり。そんなことしているうちに門のバイト先の店長が恋乃にほれて、彼女を取り合う羽目に…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-05-13 23:52 | 邦画

海が見たくなったので

しばらく旅に出ます

半ば「お勤め」気分なんだけどねぇ

ネットも映画も離れたところに行ってきます

移動のお友本に
清水義範さん;日本語必笑講座
吉本ばななさん;ひな菊の人生

を持っていこう。2冊じゃ足りないかなぁ

清水義範さんは他にも面白小説やエッセイを
沢山出されているので
興味がある方は是非どうぞ。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-05-02 01:13 | 今日のひとしゃべり