<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

メゾン・ド・ヒミコ

メゾン・ド・ヒミコ

静かで、切なくて、優しい映画だった。

ゲイの私設老人ホームを舞台に
病床に臥せっている主人と恋人
娘と住人たち。
そんで節操のないアホ専務の関わり。

ゲイムービーって
割とドラッグクイーン的な
派手派手夜のショーの印象が強いけれど
この映画は、ゆっくりと穏やか。

当然、老人ホームだから
去っていく者もいる。
辛く悲しい中にも暖かい感じがあった。

所々に海と空とか
ありふれた風景が映っていて
それが荒れた海でも
とても美しい。色が遠くて淡い。

そういった、たぶん日本独特の“間”が
退屈じゃなく、染み込んでくる感じで
何とも心地よかった。

出演者の方々
役者ってスッゴイね。
オダギリジョーさん、
白い服がとても似合っていて素敵です。
役柄も違和感なくて毎度器用だなぁ。
落ち着いた話し方とか
恋人が死に向かっている一方で
定まらないフワフワとした危うい感じとか。

柴崎コウさんは
頭ボサボサ、ドングリツリ目が
クルクルとよく動いて可愛らしい。
ツンと突き放しているんだけれど
周りとなじんでいく。
こういったナチュラルな感じ、いいね。

住人の方々ですが
ルビーが可愛かった!
ピンクに髪を染めて
ワンピース着て踊ったり
とてもキュートです。
あと、刺繍上手な・・・名前が出てこん・・
オシャレで優しげで可愛らしい。  ★★★★☆

あぁ〜〜、バーーーンと広がった海が見たいっ

e0038717_22445236.jpg癌に冒されたゲイの父親とその恋人の若い青年、父を嫌う娘の心情を通し、愛と絆、欲望と希望を綴る感動ドラマ。オダギリ ジョーと柴咲コウ共演作。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-04-29 22:52 | 邦画

謎の解明

会社帰りに駅ビル内の本屋に寄り道。
目当ての本は決まってないけれど
なんとなく見て回るのが好き。

で、文庫のコーナーで高峰秀子さんの本
何のきなしにめくってみた。
過去のプライベートの写真もあって
素敵だなぁと思っていたら
『銀座カンカン娘』の歌詞について
作詞家の人とのやりとりが書いてあった。
そうです。あの曲、高峰秀子さんが歌ってたんだね。


♪あの娘可愛やカンカンむっすめぇ〜〜
 赤いブラウス、サンダルはいてぇ
 誰を待つやら銀座の街角
 時計ながめて そわそわにやにや
 これがぁ銀座のカンカン娘ぇ〜〜〜♪♪


ずっと、このカンカン娘って何だろうって
思っていたんだよなぁ。
親に聞いても分からず。
「銀ブラ」とか、その時代の流行語なのかと。

でその真相はっ ババーーーーンッ!!!
『作詞家にも意味不明』えぇえぇ・・・!??!ま、まさかっ

高峰さんが「このカンカン娘ってなんですか?」と聞くと
書いたご本人、答えられず。
なんども聞かれたそうです。
つまりは、勢いだったんだね。へぇートリビア
語感ってことだろうか。

そりゃ誰にも分からんわ。

他の部分も味ある歌詞がありますよ。
♪ままよ、銀座は私のジャングル♪ とか

♪ちょいと啖呵も切りたくなるわ♪ とか

♪男なんかにゃだまされないぞえ♪ とか

カルピス飲んでカンカン娘
 一つグラスにストローが二本
 初恋の味、忘れちゃいやよ
 顔を見合わせチュウチュウチュウチュウ
♪ とか!

銀座で待ち合わせて
一つのカルピスに
ストロー二本さして
二人で向かい合って飲む。
これがステータス
スッキリしたね。よかったねぇ。

別の話しですが
大人の科学って知ってますか?
買ったことはないのですが
ものスゴくオモシロ心を刺激してくれそうな雑誌です
特に
この号のピンホール式プラネタリウム
付録だなんてっ もードキドキ

右の「おすすめリンク!」にしている
MEGA STARの大平貴之さん監修です。
お部屋にプラネタリウムなんてどうですか?

これだから本屋サーフィンはやめられないっ
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-04-27 23:45 | 今日のひとしゃべり

うはぁーーっすっごく行きたい!

イメージフォーラムフェスティバル2006
■ 東京:2006年4月30日(日)〜5月7日(日)パークタワーホール
■ 京都:2006年5月16日(火)〜 21日(日)京都ドイツ文化センター

詳しくはサイトにいってみてください。

何が注目って、たくさんの作品があるのですが
特に自分としては

佐藤雅彦さん    TOKYO STRUT
田名網敬一さん  トーキョー・トリップ
しりあがり寿さん イヌトホネ
束芋さん     公衆便女
山村浩二さん   Fig(無花果)
岩井俊雄さん   12 O’ Clock     ですっ

あっブラザーズ・クエイもいるよっ

すごく豪華だなぁーーー★★すごーい
GW期間中ってことで迷うなぁっ
あ"ぁ〜〜〜。無理かなぁ

興味があって行ってみようかな、と思う方は
是非どうぞ!
きっと面白いと思います。自分も行きたい〜〜っ
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-04-26 22:56 | デザイン・アート

黒い道と、青い部屋

GEISAIで面白心を多いに刺激してくれた
『山中カメラさん』の参加する
ライブがあるということで
昨夜見に行ってきましたよ。

HPでみるかぎり会場の感じがアングラで
ちょっと怖いなぁと思っていたのですが
飛び込んでみようと半ば体当たり。
好奇心には勝てないね。

渋谷駅まで電車か
千駄ヶ谷駅で降りて246を歩くか。
思ったより早く千駄ヶ谷に着いたので
歩いていく事に。
とはいえ時間は20時すぎ。
人通りが少なくてドキドキ。
夜知らない道を歩くって心細いね。

霧雨は降っているし
歩いても歩いても着かない感じ。
道に迷ったかと不安がよぎった。
日中の風景が想像できないので
ただの黒い道。

やっと電飾スタンドが見えた時には
「ここかぁ〜」とホッとしたよ。
思ったよりダークな感じはなく
山中さんの出演時間に合わせて行ったので
ひとつ前の出演者のライブをガラス越しに観る。
こっち側とあっち側にガラスで仕切られていて
あっち側は演者に近いのでライブ感が強そうだ。

薔薇のシールを沢山服に貼った人が
熱弁していた。首の辺りからモクモク煙が出ていたよ。
途中から観たので何の話かよく分からなかったけれど
一人漫談のよう。

さて、本命の山中カメラさんですが!
やはり、あの距離感は絶妙です。
いい感じに自分の世界に入っていて
だからといって外を拒否している感じじゃなく
観客を巻き込みつつ、強く押し付けるわけじゃない。
人柄なのかね。ほのぼのマイペース感。
ふふふ、と笑いが起こります。

ライブの冒頭でしたギター演奏を撮影しておき、
ピアノの生演奏とコラボ(?)
映像ギターカメラさんと生ピアノカメラさん「若い翼は」合奏。
歌もハモっていたよ。おもしろーい☆
ピアノとギター極めたら
きっとカッコよさもアップだね。

面白さを加えている中に選曲もあるだろうなぁ。
キャラクターにぴったりの歌なのです。
面白い曲たくさんあるのにねぇ。うまいです。

個性の強烈な人が沢山いて
いろんな事を見聞きするだろうけれど
自分の道を自信満々で突き進んでほしいな。
密かに熱く応援。

そして山中さんの次にパフォーマンスした人、
数日前、細木数子さんの番組で
ニート特集をしていたのですが
そのとき出ていた人だよ。きっと。
用事をしていて見入っていたわけじゃないのに
音声が聞こえてきたら「ハッ!?」と目がいったほど
強烈な人です。マンガ本を熱読していた。
山中さんが終わったら納得して帰宅したので
生パフォーマンスは見ませんでしたが
熱い支持者が多いようす。
パッと行ってパッと帰る、これ美学(冗談)

新たな世界を垣間みれたし
面白かったなぁ。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-04-25 00:26 | ショー・エンタメ

スカーフェイス

スカーフェイス

パチーノのチンピラ映画。

一人のギャングの栄光と零落。

コカイン売買で力をつけていくけれど
そこには生死の臭いが絶えずしている
息が詰まりそうな世界。

国の背景もあるようで
カストロだとかキューバの混乱も
強い影響があるようです。

はじめについたボスが3か条をあげ
ことごとく、それを無視していった結果なのか。
ボスはその世界の道理を
きちんと知っていて
もし、トニーが守っていたら
もっとながく成功が続いていたんだろうか。★★★

↓このジャケットかっこいい!!
e0038717_123939100.jpgハワード・ホークスの「暗黒街の顔役」を現代風にリメイク。キューバからアメリカに渡った青年が、死に物狂いで暗黒街にのしあがっていく姿を描く。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-04-22 12:41 | 海外映画

グッときたぞ、ミニカー!

たった今、かなり感動したので記録。
なにげなくつけていたNHKで
NHK ビジネス未来人って番組をやっていた。
民放と違ったテンポと雰囲気を持つNHKは
いろんな問題が起きているけれど
結構いい番組があるんだよねぇ。

初めて見る番組だけれど
今日は『こだわりの小さな自動車』ってタイトルで
排気量50ccのミニカーを受注生産している
社員7人の自動車工場を特集していた。最高速度60km/h。
なんと、社長は80歳!で現役エンジニアだとか。
すっごいです。
眼光もまだまだ鋭くて
全然80歳に見えません。

お年よりや障害者の人たちの要望に応えながら
一台一台を丁寧に手作りしている。
ながく乗ってもらうために
買ってもらった人に合わせて
カスタマイズ、メンテナンスも手を抜かない。
車の形もレトロっぽくて結構かわいい。
丸いライトなんて味がある。

中でも感動したのは
ダッシュボードに取り付けられた
ワイパースイッチを
体が不自由で手が伸ばせないために
運転しながら操作できない。
ジィジ、ちょっと辛そうです。悲しそう。

で、即座にその場で右ハンドル(スクーターのようなハンドルなのです)
の手元に付け替える作業を開始。
取り付け後、その操作性を確かめるジィジの表情が
すっごく嬉しそうな笑顔になった。
パァーー☆っと光が差したみたいに。
あの表情の変化。ジィジ、ホントに嬉しそう。

最近では、電気自動車にも
力を入れられているようです。
部品なんかは国内では大手企業向けで高いので
ご長男の専務さんがインターネットで調べて
世界中から取り寄せているとか。

小さくて少量生産の会社だけれど
地道に丁寧なビジネスをしている。
こういうのってスゴく素敵だね。

自動車会社の社長って
個性が強い人が多い気がする。
今は亡き本田宗一郎さんのを読むととても面白いし
カルロス・ゴーンさんもユニークそう。
関係ないけれど
オリバー・カーンだっけオリビア・カーンだっけ
カルロス・ゴーンだっけと
いちいち考えるよ。

あと親が言っていたのはドコの人だったか
現在の日本人の社長さんも
「かなり注目度高し」だそうだ。

今回は、この小さな自動車工場の優しさに
グッときたのでした。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-04-21 23:55 | 今日のひとしゃべり

カジノ・ロワイヤル

カジノ・ロワイヤル

'60年代デザイン満載!
オシャレで陽気でお気楽で。
音楽がカッコ良かった!

007とかジェームス・ボンドとか
スパイとか言ってるので
シリーズのひとつなのかな。
007を見たこと無いので
何とも言えません。

目だけのコラージュがあったり
カツラが飛んだり
カツラをかぶったチンパンがチラッといたり
UFOに娘が誘拐されたり
敵の策略で幻覚みたり
カジノにもぐりこんだり
ウディ・アレンが人形っぽかったり・・
話しがよく見えん。
若き日のMr.ビーン役の人が出ていたよ。

オシャレさと所々のユーモアが
意味不明な話しを
見所のひとつに変えた映画でした。★★★☆


e0038717_23145611.jpg秘密組織スメルシュによって各国の諜報部員が次々と抹殺されて行く。英情報部は、007のコードネームを後輩に譲り今では隠居生活を営む元祖ジェームズ・ボンドにスメルシュ打倒を依頼するが……。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-04-20 23:18 | 海外映画

あぁ〜〜きっとコイね

GWを月末にひかえ
いよいよ忙しさが増しています。
帰って一度腰をおろすと
そのままッボーーーーーーっと
動けなくなるんだよね。半ば放心です。
いつまでも、そんなことしてられないから
生活の諸々を片付けていきます。
体調に気をつけてくださいね。

で、そんなテンテコマイの中
今日は暑いくらいだったので
普段下げているブラインドを上げて
窓を開けると、外の光が入ってきて
室内が明るくなった。開放感〜〜
で、外を眺めていたら
とーおくに鯉のぼり
人よりはきっと大きいぞ。

風も強くて、遠くにいるから
父さん鯉と母さん鯉は
水平にゆったりと、ホントに気持ちよさそうだ。
真鯉と緋鯉っていうんだっけ。青と赤の。

そういえば去年も一昨年も
あの辺に泳いでいたから
きっと同じ家だね。
あの家の毎年の行事だ。
「今年、そろそろどう?上げちゃう?」
「あぁ、もうそんな季節か。
 この前上げたと思ったのに一年早いねぇ
 この子も大きくなるわけだ」
とかなんとか。
大きくなれよー(ハム)

今日から『ちびまる子ちゃん』
実写ドラマが始まっていたね。
ながら見だったけれど
皆それぞれ、かわいかったなぁ。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-04-18 22:58 | 今日のひとしゃべり

昨日のことなんですが

e0038717_16455562.jpg東京駅で降りて
丸の内オアゾに行ってきました。
大好きな本屋です。一日中いたいくらい。
アートやデザインの本も充実しているし
もちろん語学系なんてありすぎ
ゆっくり選ぶことができます。





店内の本を堪能して
2冊ほど購入したあと
なんとなくその辺りを散歩してみることに。


e0038717_16462686.jpg


すぐ近くに皇居があって
こんなドーーーーンと広がっている空間。
すっごく爽快。東京駅から
徒歩3分くらいかな。
東京タワーも見えました。
そんな近いの!?と驚く。


e0038717_16465613.jpg


すぐ左手に
ちょっとした公園があって
いろんな人がくつろいでいた。
昼寝してる人が沢山いたよ
外国の人たちが結構多かったなぁ

桜が満開で並木になっているから
とても美しかった。

東京駅って
八重洲口に出れば
ギャラリーが沢山ある
銀座に行けて
丸の内口に出れば
皇居に近くて
お気に入りのオアゾもある。
オアゾ〜皇居〜有楽町〜銀座〜築地
その気になれば歩けるな。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-04-16 16:47 | 今日のひとしゃべり

コープス・ブライド

コープス・ブライド

すっごいです。もうっ!
ナイトメアはパペットで
これは見終わるまでずっとCGだと思ってた。
最近のCGがリアルになってきたのもあるし
なにしろ動きが滑らか。
コマ撮りってぎこちない感じがあって
それも味の一つだと思うのですが
人形の質感も色も、もちろん動きも
手作業で作っていく感じに見えない。
すっごいなぁ

そして、人形たちによるミュージカル。
ライティングも凝ってて音楽も盛り上がって楽しい。
キャラクターは決してかわいくないんだよなぁ。
どっちかっていうと
主人公のはずのビクターも顔色悪いし
死の世界のキャラクターは当然にしても
生の世界のキャラクターまでも
活き活きとした顔してません。

しかし観ているうちに
骨のはずの犬もかわいく見えてくるし
骨の女の子と男の子の
子どもがいるんだけれど
それもかわいい。

ビクトリアの父ちゃんの歩きかたが
チョコチョコしてて笑わせるし
なんと言っても死の世界の長老。
一番好きかも。
骸骨なので当然目がなく
くぼんでいるんだけれど
その形が眉間にしわよってるように見えるし
歯がなくてモグモグした口元も
あーこんなジイちゃんいるなぁと思わせます。
笑わせる場面もあるし怖いところもあるし
面白かったな。

ほんと、これ手作業なんだよね
すごすぎ     ★★★★


e0038717_15564884.jpg恋人のビクトリアと結婚間近のビクターは、間違って別の女性と結婚の誓いをしてしまう。しかもその女性はすでに死んでいて……。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-04-16 15:59 | 海外映画