<   2005年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧

コーヒー&シガレッツ

コーヒー&シガレッツ

ショートショートっていうんでしょうか。
オムニバス?
モノクロのコントラストが美しいです。
テーブルの市松模様が印象的。
全体的にオシャレですねぇ。

ロベルト・ベニーニのちらかった頭は癒し系。
『問題なし』のBGMがかっこよかった。
『ルネ』の女の子が すっごくカワイイ
『幻覚』のYo!Yo!メェ〜ンな兄ちゃんが医者?
  BGMがかっこいいし 早送りが面白い。
ケイト・ブランシェット(たまにグィネス・パルトロウと見間違えます・・)
 の一人二役に注目!!別人!すごく美人!
 笑顔が眩しいわぁ。声が柔らかで好きです。
 イトコ役のケイトが女優であるケイト自身を皮肉るのが面白い。

自分はタバコを吸わないし 決して喫煙推進派ではありません。が、
場面に味わいを加えていました。いえ、喫煙推進派ではありません。
コーヒーは好きです。

全体のオシャレ感と くつろぎ感が心地よくて
自分も同席して話を聞いているかのようです。
淡々と流れるのですが
思ったより時間の経過が気になりませんでした。    ★★★★☆

ジム・ジャームッシュって聞いた事あるなぁと思っていたら
ナイト・オン・ザ・プラネットを作った人だったのですね。
これもオムニバスのような感じ。
夜の画面が雰囲気ある 気に入った映画だったな。


e0038717_23412212.jpg『スパイダーマン2』のドクター・オクトパス役を演じていたアルフレッド・モリーナ(本人)が、ロスにやってきた『24 アワー・パーティー・ピープル』のスティーブ・クーガン(本人)に面会を切望。「今度休暇旅行にどう? 2人だけで」「自宅の電話番号を教えてくれよ」と迫るアルフレッドに、真意をつかめないスティーブは……。(『いとこ?』より)






やっぱ音楽の効果ってすごいかも。
マーラーのオペラはちゃんと聞いてみたいなぁ。
岩井俊二監督の 『FRIED DRAGON FISH』って映画にも使われていて
気になっていました。岩井俊二監督の映画で1番好きな作品です。
淡くて遠くて切ない感じ。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-30 23:45 | 海外映画

太陽は、ぼくの瞳

太陽は、ぼくの瞳

あぁ〜。。。はぁ〜〜〜。。。
のっけからスンマせん。しかし
タイトルと ビデオジャケットから
この内容が 想像できるでしょうか。。。

はじめ、主人公のモハマドが
父ちゃんのお迎えを待っている間に
巣から落っこちた鳥のヒナを
手さぐりで 木に登って
もとに戻してあげるシーンがあります。
この子の優しさが すごくいいなぁと
思っていたのです。
そのあと 姉妹やばぁちゃんに再会するシーンは
仲よくって 皆とてもカワイイ。
ばぁちゃんカワイー。ばぁちゃん好きー
ところどころ 花が満開のシーンは色がビビッドで
とってもキレイでした。染め物用の花のようです。
染められた糸が干してあるのも美しい。

なのに!!

突然 親元から離された場面で
モハマドが「誰も愛してくれていなかったんだ」って事を言う
ばぁちゃんも姉妹も大好きだよ!愛してるのにっ
どうしようもない 八方ふさがりの状況になっていく。

ばぁちゃんが光に包まれるシーンは 最後のシーンを示唆するのですが
もうね、胸がギューっと締めつけられます。ギューーーッ。っと

川のシーンは父ちゃん役の人大変だったねぇ
容赦ないねカントクッ

エンドロールに切り替わったときは
えぇえぇええぇ・・・・・?!!?!
あまりの結末に ショックで力が抜けました。
え?終わり?
この展開で 終わちゃったぁ
なんでさぁ なんで?
非情だよ。うぅ・・つらいです。。。   ★★★


e0038717_21191354.jpg「運動靴と赤い金魚」のマジッド・マジディ監督が、手で触れ、音を聴くことによって自然と対話する盲目の少年とその父との絆を描いたヒューマン・ドラマ。全寮制の盲学校に通うモハマドは、夏休みに入る前日に父親の迎えを待っていたが、友達がみな家に帰っていく中、彼一人取り残されていた。ようやく現れた父親は複雑な表情だった。家へ帰るとすぐ、新しい女性との結婚を控えた父は、祖母の反対を押し切って、モハマドを盲目ながら大工として働く男の家に預けてしまう。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-29 21:29 | 海外映画

歌に言葉に

仕事帰りに 笑った。

今日も よく働いたなぁと
ぼんやり帰路についていたのですが
改札を出て 駅構内を歩いていると

♪♪たーりらったりら た〜りらったりら
                        
         た〜りーら〜りーラァ〜〜ッッ♪♪
                     


と 浮かれた歌が。字だと何が“たりら”なのか分からないですが
歌っていたのは おそらく小学校入ったか、入ってないかくらいの
小さい女の子です。で、その曲というのも お昼のテレビでおなじみの
『徹子の部屋』オープニング曲!
おぉ〜〜っっ?!?!???

これが聞こえて 何の曲か分かったら
その恥じらいのない 無心の熱唱っぷりと
徹子の部屋って 言うたらご長寿番組ですよ
いわば老舗ですよ 黒柳徹子さんですから。
その年齢と雰囲気のギャップに
ドーーーーン!! 衝撃っ

可笑しくてしょうがなかったのですが
周りの人は全く笑ってないし
一人で爆笑するのも変なので必死に我慢しました。
ですが顔はニヤけるし 我慢できず震えるし
逆に変な人だな。

なんつーか ホント平和っ
昨日のウクレレ・フォースもいいですが(今もB-DASHとシャッフルでかけてます)
ライブも最高! もータダで聞いてスンマせん。

続きはこちら・・・
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-28 21:37 | 今日のひとしゃべり

ウクレレ・フォース

早速買いました。
今も聞いていますよ。
ウクレレ・フォース~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~
オムニバス ウクレレ・カフェ・カルテット 宮川彬良 栗コーダーカルテット James Hill キヨシ小林 松宮幹彦 / ジェネオン エンタテインメント



昨日は 帝国のマーチだけでしたが
今日は他の曲も聞けています。
可愛らしいです。
栗コーダーカルテットだけじゃなくて
いろんな人とのオムニバスになっています。

20世紀フォックス・ファンファーレから
ウクレレ。

正直 告白しますと
ワタクシ、スターウォーズを
まだ きちんと見たことがありません。。。
劇場公開を前に テレビで過去のシリーズを
放送していましたが
ことごとく 中途半端に見てしまい
レンタルしようと 行ってみれば
全て貸し出し中という 極めて悶々とした状態です。
今まで見てないなら 順番に制覇したいものです。
そうしている間に 劇場終わった?
そういや、今もやってるのかも知らないな。

続きはこちら・・・
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-27 22:27 | 音楽

気が抜ける音楽

今日は 2週間ぶりの歯医者があったのに
残業で行けなかった。
予約を入れているので この時間に行きたいなぁと
仕事の段取りも 残らないよう進めていたのだけど
急ぎだから 仕方ないよなぁ。。。
半ば諦め、半ばワタワタ、イライラと仕事をしていたら
ラジオの音楽が 耳に入ってきた。

その名も
“栗コーダーカルテット”!!

小学校に習ったリコーダーの懐かしい音と
ウクレレのポロンポロンというカワイイ音が。
しかも演奏曲が スターウォーズ

帝国のマーチ です。

ダース・ベーダーもしくは
某番組のT部長の登場シーンでかかる曲。
ウクレレ・フォース~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~
オムニバス ウクレレ・カフェ・カルテット 宮川彬良 栗コーダーカルテット James Hill キヨシ小林 松宮幹彦 / ジェネオン エンタテインメント



それが ものすご〜くカワイイ!!
さっきまでの 張った気持ちが
フシュ〜っと力が抜けて 笑えてきた。
あぁ〜〜 なんか焦っていたのがバカみたいだなぁ。

ラブリ〜〜 あまりにもツボにはまったので購入決定!
大好きな番組 NHKのピタゴラスイッチのオープニングも
この人たちだと判明。

明日の午後 歯医者に行くけれど
今日晩ご飯食べていたら 詰めていたものが取れちゃった。
この なんつータイミング・・・・・
取れそうだなぁと思っていたのです。
今日行っていたら・・なんて思いませんっ
サンキュー栗コーダーカルテット!
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-26 22:22 | 音楽

浮雲と浮き雲と

浮雲

邦画のモノクロ映画です。
戦中、戦後が舞台背景なのですが
あの荒れた家と街並みが
よく今までに回復したもんだなぁ。

さっきは フェリーニの映画でイタリア美人を
たくさん見たのですが、
古い日本にも 美しい人いますねー。とても美人です。
あんな人が現代にいても ハッとするでしょう。

タイプライターとして赴任してきた時と
戦後戻ってきた時の話し方が微妙に変わって
「あたし あの頃と変わってしまったのよ」
ってのが表れている気がした。
変わっても当時の言葉使いは
はんなりとしていて美しいですね。

しかし眉目秀麗、才色兼備の人が 何でそこまでアノ人に?
そんなにモテそうに見えませんが?中身も外見(そとみ)も。
どこまで行っても 気持ちが交差しない。
相手に情が見当たらないんだもんね。
なんだか切なくて辛い映画だったなぁ。。。

変なインチキ宗教の場面は笑った。
ハッピみたいなの着て 皆踊ってるんだもんね。なんかを風刺してる。

あとオジジが名刺を渡す場面があった。
名刺って 当時もうあったのですねぇ。
いつ頃から日本に登場したのでしょうか。
江戸時代には無いような気がするので 明治あたり?
海外では もっと早くからあったのかなぁ。

最後 悲しくて泣けたな ★★★☆

e0038717_17332685.jpg「めし」「稲妻」の名匠・成瀬巳喜男監督が、とめどなく落ちぶれていく自堕落な男と、そうと分かっていながら結局どこまでも男に着いていってしまうひとりの女の宿命を描いた愛と悲劇の物語。戦時中、赴任先のインドシナで、妻ある男・富岡と出会い愛し合ったゆき子。終戦後、妻と別れて君を待っている、との言葉を信じ富岡のもとを訪れたゆき子だったが、富岡はいつまでたっても態度をはっきりさせようとしない。途方に暮れたゆき子は外国人の愛人となり、富岡のもとを去るのだったが……。


以前同タイトルの映画を見た事がありました。それを紹介。

続きはこちら・・・
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-25 17:40 | 邦画

フェリーニの8 1/2

フェリーニの8 1/2

ん〜情緒があって すごくオシャレ!
'60年のファッションと雰囲気。美しい人たち。
昨日 美容院の人にオススメされた映画です。
あんな雰囲気憧れます。

映画監督の苦悩が中心で
混乱した妄想と、現実が入り交じるので
内容は 少々難解でした。

最後の監督の独り言で
見ている間の ふわふわ〜っとした混乱に
一応の着地がみられます。

題字の書体がオシャレですね。
アートに浸りたい秋にピッタリじゃないでしょうか。

今 モノクロで『'60年』の美感だなぁと
古き良きって感覚で見るのですが
リアルに上映された当時は どんな感じだったんだろうなぁ。★★★

e0038717_1355496.jpgF・フェリーニ監督の代表的作品。映画監督のグイドはある日、自分の体が空中を落下する夢を見る。現実生活の日常に纏わる様々な精神的・肉体的な疲れを癒す為、彼は療養と称して温泉に出掛けるが、そこでも仕事や生活から逃れることが出来ない。そして彼はついに、自分が温泉で余生を過ごしている老人達の中にいるという幻覚を見はじめるが……。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-25 13:09 | 海外映画

オシャレ美容院

渋谷の美容院に行ってきました。

はじめて入る所で やや緊張。
美容師さんとスタイルの相談をして
カットだけのつもりでしたが
パーマもかける事に。
自分の髪は パーマがとてもかかりにくく
時間がかかるので 二の足を踏んでいたのですが
思い切ってお願いしました。
「恋スタイルでお願いします☆」 言ってませんよ

続きはこちら・・・
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-24 21:12 | 今日のひとしゃべり

ペテン師とサギ師

ペテン師とサギ師 〜だまされてリビエラ〜

タイトルからはあまり魅力を感じなかったけれど
かなり笑った。面白かったなぁ。
全体的に とぼけています。
またBGMが おちょくった感じで
さらにバカさ加減を演出。
どの人物も なんだか憎めないんだよねぇ。

スティーブマーチンは
サボテンブラザース(ライフログor8/6blog参照)にも出てたな
コメディアンなのか。
同業者に手ほどきを受けるんだけど
お金持ちの婦人をだますために
かなり能天気な弟を演じる劇中劇は最高!

二人のサギ師が ひとりの女性を
ターゲットに賭けをするのですが
その展開に注目してください。
最後どうなるかっ
わくわく〜    ★★★★

e0038717_1231857.jpg有閑夫人を相手に詐欺を働くダンディーな中年紳士と彼に弟子入りした若手詐欺師。リビエラに二人の詐欺師はいらないと、一人の女性からどちらが先に5万ドル巻き上げるかというペテン勝負を始める。「リトルショップ・オブ・ホラーズ」に続きF・オズが'64年の「寝室ものがたり」をかなり忠実にリメイク。

続きはこちら・・・
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-23 12:19 | 海外映画

初心者の苦悩英文日記

I am very happy that have bought new rice of this year.
But I didn't eat that tonight.
When I arrived at home,I was so hungry that I wasn't able to
wait for rice to finish cooking it.
And I had a ramen.
I will be looking forward to eating new rice tomorrow morning.

新米の季節です。
炊きあがった米は光っていましたよ。
楽しみだなぁ
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-21 22:20 | 初心者の英語習得ノート