<   2005年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

アッバス・キアロスタミ監督

イランの映画です。
イランって 戦争の緊張が薄れない印象の国ですが
2作品共 子どもの小さな試練をのりきる姿が
とてもカワイイし 服装や荒涼とした土地に
異国の雰囲気を感じます。
何度も 観たくなる映画だなぁ。
ぜひ見てみなっせ

白い風船

e0038717_22581957.jpgキアロスタミ作品で助監督を務めていたJ・パナヒによる作品。イスラム暦の大晦日。新年のお飾り用に金魚を欲しがる少女ラジェ。だが母親は家の金魚で我慢しろの一点張り。お兄ちゃんのアリが母さんに掛け合ってやっとお小遣いをもらう事に成功した。喜びいさんで金魚鉢とお金を持って市場へ走るラジェ。途中、蛇売りのおじさんにつかまってお金を巻き上げられそうになったりもするが、なんとかお店へたどり着く。しかし、後生大事に持っていたはずのお金が無くなっている……。

★★★★★







友だちのうちはどこ?

e0038717_22472130.jpg授業が終わり、教室で隣の席の子が駆け出して転んだ。その手当をしてやった主人公の少年は、自分のとよく似た彼のノートも一緒に持って帰ってきてしまう。その日も遅刻して、おまけに宿題を忘れて、先生にキツく叱られたばかりの隣の席の子に同情し、少年は自分とはまるで反対の方角に住む彼にノートを届けることにしたのだが……。キアロスタミ監督の“ジグザグ道三部作”の第一作。

★★★★★
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-08-31 23:07 | 海外映画

秋の気配

涼しくなってきたなぁ。
空気と空が 秋に近づいています。
この元気な夏がすぎ ちょっと切なくて
人恋しくなる秋が1年のうちで一番好きだな。

オフコースの『秋の気配』という曲を ふと思い出しました。
これが たまらなくいいんです。
槇原敬之さんがカバーしていた曲もいいですよ。

あとハナレグミの『家族の風景』
オレンジ色の夕暮れの風景が頭に浮かびますねぇ。
穏やかで 柔らかい感じ。 

ヘッドフォンで音楽聞きながら
表参道の並木道を散歩するのもいいですね。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-08-29 22:24 | 音楽

ロボコン

ロボコン

秋葉系機械部門青春編って感じ。
高校ロボットコンテスト優勝を目指した青春映画。
ドラマ版電車男の伊藤君の顔が大きく出てたので
借りてみました。面白い顔してたので笑えるかなーと。
この映画は 超個人的な感情も含めて
見る予定はなかったのですが・・・

舞台になっている 徳山工業高校は
山口県徳山市(現:周南市)にあります。
自分の故郷だーー! こんにちわふるさと。
一昨年 帰省したとき商店街に
おっきな宣伝スペースができていて
「あー、映画撮ったの?へぇー。ロボットコンテストの。
 なんでまた この土地で。」と不思議に思ってました。
今もよく知りませんがロボットが強いんですかね。
移っている風景がどこか分かるところが結構あって
やはり切ない郷愁にかられましたねぇ。季節も秋っぽいし。

ふるさとは 遠くにありて おもうもの

にほんごであそぼより

伊藤君は すでに電車男を演じる予兆はありますね。
秋葉系っぷりが違和感ないです。あまり登場は多くなかったですが。
荒川良々がすっごくいい感じ!!
この人のシモベ的な人も面白い表情。
青春に一生懸命かけるものがあるって
いいよなぁとしみじみ思いました。
学生時代の友達に手紙でも書こうかなぁ  ★★☆

e0038717_16531077.jpg高専に通う里美は何事にもやる気ゼロの落ちこぼれ生徒。授業の課題だったロボット製作も手を抜いたばっかりに1ヵ月の居残り授業が確実に。それを免れる条件として担任の図師は“ロボット部に入って、ロボコンに出場する”という妥協案を出してきた。実は、わずか3人のロボット部は1人がほとんどユウレイ部員と化していたせいで、大会出場規定の3人を満たせずピンチに陥っていたのだった。他の2人もどうしようもない変わり者だったが、居残り授業よりはマシと、渋々仮入部する里美。そして、とりあえず地方大会へと出場
          するのだったが…。

[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-08-28 16:59 | 邦画

十二人の怒れる男

十二人の怒れる男

面白かったですよ。
場面は9割同じ部屋で行われるので
12人のタイトルそのまま 男達の会話によって
話がすすんでいきます。
モノクロ映画なので 退屈になる人もいるかも。
抑揚っつったら 言い合いで白熱するシーンくらいだし
画面に派手さはありません。

しかーし! 話の展開が面白い★

陪審員制が日本でも取り入れられるので
興味深いかもしれませんよ。

死刑って人の命をかけた判決で
それを法律のプロではない人たちの意見で
方向が変わってしまう。
無実かもしれない人が誤って裁かれる可能性もあります。
たくさんの(不確かな)証拠にやる気のない弁護士。
「おれやってねぇのに」が事実でも
信じてもらえない。
そして その陪審員の中には
事件に興味なくて 遊びに行きたいために
「多数派にとりあえず入っとけ」って人もいるわけです。
超個人的な偏見を信じている人も。「これって四面楚歌?やばくね?」

しかし そのなかでたった一人反対意見を持ち
他の人に責められながらもまったく動じず
まわりを説得していきます。この人がまた紳士。一筋の希望の光が・・
話合いによって不確かさが浮き彫りになって
その人たちも納得していく様子がみもの。   ★★★★☆

e0038717_1340447.jpg既に法廷劇の代名詞となって久しい、アメリカ映画史に輝く傑作ドラマ。元々は高い評価を受けたTV作品で、その脚本・演出コンビによる映画版だが、そのいかにもTV向きの密室劇を上手くスクリーンに転化させた手腕は見事の一言。17歳の少年が起こした殺人事件に関する陪審員の討論が始まったが、誰が見ても有罪と思えたその状況下で、ひとりの陪審員が無罪を主張した事から物語は動き始める……。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-08-28 13:53 | 海外映画

ムットーニ ミュージアム

e0038717_2131158.jpg

ムットーニミュージアム

僕の彼女を〜を見てから(下のblog参照)
2週間前に見たイスと机に決めようかなーと
意気揚々出かけました。
どうかなーあるかなと思いつつ行ってみたのですが
そこは オシャレの街渋谷

がーーんっ!!!

お店の人に聞いたらイスは売れてしまったとか。
アンティークで1点ものだったのです。あぁ・・・
机は聞いてみたら在庫はあるそう。
店を出て再度 アンティーク家具を扱ってるとこを探しに
適当に道を歩いていました。
SEIBUに家具はどうだろ?
「高い家具しか扱っておりませんの」て感じだな。
さらに歩いていたら パルコの裏に人がたくさん並んでるっ
しかも浴衣着て。
何かのイベントか?と見ていたら 彼らの後ろの壁に

ムットーニミュージアム

あっ!これ『誰ピカ』の!!そういや やるって言ってたなー
場所を確認して イス探し中断 パルコ3の7Fへ。

続きはこちら・・・
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-08-27 21:09 | デザイン・アート

僕の彼女を紹介します

僕の彼女を紹介します

そうですか、どうぞ。

男の人が主人公かと思っていたら
女の人ですね。
かなり無茶で
「おれぁ 謝んねぇよ」って性格の人が
警官やってるのが原因で(たぶん)
彼氏を巻き込んじゃったために
すごく切ない話になるのです。
そうくるかぁっ 泣かせるじゃぁねえか。なー
彼女はカワイイですね。
ちょっと前の
常盤貴子さんのような コメディエンヌ。
立ち姿も美しいです。
彼女の部屋で ぼんやり立っている彼氏は
遠くから見ると一瞬 ちょっと痩せたホリエモンに見えた。

韓国映画って話が意表をついて 面白いのが多いですね。

最後のところは

「はっ!お前かぁーー!!」

あははは。やられた。
この人を見るとロバートの秋山さんと
地元にいたとき同じ会社で働いていた
同級生のアイツを思い出す。(アイツの部分は青春風に)なんとなく似てるなぁ。
これって『猟奇的な彼女』に続く話だったのですか?
猟奇的〜はずいぶん前に見たので どんな話だったか
あまり思い出せないなぁ。もっかい見ようかな。

X-Japanの曲がいいところで流れるのです。
ほんとシミジミとしていいよねぇ。
小泉首相も大好きな曲じゃなかったっけ?
もう新曲とか聞けないんだよね。もったいないなぁ・・・

たくましい彼女に ★★★★

e0038717_105929.jpg熱血婦警のヨ・ギョンジン(チョン・ジヒョン)は窃盗犯の男(チャン・ヒョク)を捕まえたが、彼は善良な市民の高校教師であることが判明。その後非行青年取り締まりのパトロールで再会した2人は、ある事件に巻き込まれてしまう。





レンタルのレシートをみたら

#$%(番号)ー&%主演者名
   タ イ ト ル 
-|$%&(番号)!$%主演者名
   タ イ ト ル 
?*+(番号)ー&%主演者名
   タ イ ト ル 

こんな感じで並んでいるのですが

  僕の彼女を紹介します
-|$%&(番号)!$%菅原文太


って見えて頭に映像が浮かんで笑えた。
「これが僕の彼女じゃけえのぉ」渋い
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-08-27 11:04 | 海外映画

NHK語学番組

はじめて『ハートで感じる英文法』を見ました。
動きで感覚を教えてくれて それが面白い!ん〜
テキストを読んでいたけれど
全く解説の内容が同じではないので(基本は同じですが)
へぇって感心。思わずメモとった。

流れで スペイン語講座を見ていますが
笑い飯!?!? コントをまでやってるー
意外だな。あはは、テンション低め。
大阪弁もまじりつつ 直立な感じがいいねぇ。

習得への道blogを別に作ろうかな。考え中。

今日の『電車男』も面白かった。また仲良くなれてよかったね。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-08-25 23:59 | 初心者の英語習得ノート

トリビアの泉

今日も面白かった!!

大好きだーーー!!!

いつもVTRの作り方が 最高ですっ
金をかけて くだらない事に力いっぱいなかんじ。

今日のは なんと言っても

自分も毎週楽しみにしている『電車男』が実際いるか調査 ですね。

ほんっと笑った。いーねぇ。
100人中69人って結構多いじゃないですか。んー
助けかたもそれぞれで個性的。おもろいわぁ
必死だよねぇ。
女の子かわいいしね。
でも電車男の影響とはいえ 怖かったでしょうね。
アッパレだぞっ パチパチパチパチ!!★☆★☆★

秋葉原は ほんとに独特でほかにない雰囲気の街
東京て狭いのに いろんな空気の街が沢山あるよね。
秋葉原 浅草 自由が丘 渋谷 原宿
六本木 丸の内 銀座 吉祥寺
どれも違う印象。
楽しいし 忙しい街
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-08-24 22:31 | 今日のひとしゃべり

夢のチョコレート工場

夢のチョコレート工場

♪ウンパッ ルンパッ ドゥンパディッダァ♪

頭の中でグルグルまわるーー エンドレスッ やっほーい!!

1971年制作かぁ。
ハイテクな工場のはずなのに、
アナログ全開な感じが笑えた。
チャーリーとジョーおじいちゃんが
ジュースを飲んで浮く場面なんかは
中吊りのワイヤーが光ってるし、
合成もばればれな感じがレトロ!いー感じ!!
背景と分離した感じなのです。

楽しい物語のようで結構ブラック。
チャーリーも消えていく仲間を心配してないっあはは〜
無関心すぎっ
ウンパルンパ役の小人の人たちもインパクト大!顔オレンジっ
さながら寺山修司の雰囲気。時代的に近いのかな。

英語を勉強しようと原作を読んでいたけど、
半分以上内容を理解していないので
映画でイメージをつかもうと見てみました。
海外の児童書は結構重たい内容も描いていて人気なんだよな
原作では 消えた友達の行方も分かります。・・・はずです。たぶん
★★★★


しかーし!
今度ジョニーデップ主演でリニューアルされるそうですよっ

オカッパヘアのジョニデっ

あははは。これだけでなんか起こりそうです。
チャーリーとチョコレート工場オフィシャル

e0038717_22412292.jpgウィリー・ワンカのチョコレートは、とても美味しいと評判で、世界中の子供たちに愛されている。だがある日、ワンカはその美味しさの秘密を探るライバルたちの過熱ぶりに嫌気がさし、工場を閉鎖してしまう。しかし、ある時突然、ワンカは世界中で販売されているチョコレートの中に5個分だけ当たり付きがあり、それを手に入れた人だけ工場に招待すると発表。やがて幸運な5人が決定する。そのひとり、チャーリーはジョーおじいさんと一緒に、いよいよ工場の中へ足を踏み入れるのだが…
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-08-23 22:48 | 海外映画

トラックバックって

そういう事だったのか!!ピカーン☆☆
コメントとどう違うのか 分からなかったけど
自分が 自分とこのblogに
他の人のblogアドレスを入力して
リンクするんだね。なるほどぉ。
(↑後日違う事が判明。まだまだ分からない事だらけのblog)
知らない事も やってれば分かってくるんだね。
徐々に広げていきましょう。

スマスマに柳葉敏郎さんと 相川翔さんが美味しそうに
麺食べてます。あぁ〜自分も食べたいっ
柳葉さんの コパンのCMサイコー!!
見てみてください。室井です。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-08-22 22:22 | 今日のひとしゃべり