秋の夜長に星はどう?

魔女の宅急便をテレビでやってましたね。
何度も見ているのに 食い入るように見ちゃうなぁ。

そうだねぇ
落ち込むこともあるけれど
自分もこの街好きだよ。

カラスが友だちの
山にこもっている画家少女(ウルスラってんだっけ?)が
キキをモデルに描いた絵があるのですが
その絵とBGMで ぶぁーーーっと思い出しました。





小・中・高校の行事の中で
宿泊訓練てのがありました。
場所によっては 林間学校っていうんでしょうか。
家から離れて学校のみんなで 山間の青少年自然の家って所に
寝泊まりして 何を学ぶんだったか・・・何が目的だったっけ?。。。

その夜のイベントで 電気のついてない真っ暗な道を
たいして怖くない怪談話をしながら
懐中電灯をたよりに歩くのです。
ふと空を見上げると

振ってきそうなほどの満点の星が!!

はっと息をのみます。

山の木々が 木の形じゃなく
真っ黒な面になって ズズーーン と
不気味にそびえていて
わずかにトーンの違う
黒に近い濃い紺色の面が空なんだと区別できる。
そして 満点の星・ホシ・★!!

あの見えている星が 10万光年はなれているのなら
10万年前の光が 地球に届いているんだって。
もしかしたら その星はすでに滅びているかもしれないなんてっ
なんつーロマンッッ  ・・・ほぅ・・・・
その時の 星を思い出しましたよ。

プラネタリウムに行きたくなったなぁ。
落ち着いたトーンの声で 星の説明。
場にぴったりのBGM。
ムードあるよねぇ。

★プラネタリウム情報★ でチェックチェック

自分の好きなプラネタリウムは 島根県の津和野にある
大好きな画家 安野光雅さんの
安野光雅美術館 です。
建物は昔の木造の学校を模されていて
安野さんの作品展示と プラネタリウムが本当にいい雰囲気です。
この人の絵は 文庫の装幀になっていても瞬時に気がつくほど。
中でも ↓旅の絵本シリーズは大好きです
旅の絵本〈6〉
安野 光雅 / 福音館書店




★☆★家の天井に10,000個の星を投影できる
家庭用プラネタリウムもあるんだって
これ スッゴクいいよ!

e0038717_0472976.gifHOME STAR

20,000円ちょっとで買えるよ。ん〜〜〜欲しいかもっ 
これを 開発した人のロマンがこもってます。ステキです。
機能にも注目してみてください。ホントいい
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-17 01:06 | 今日のひとしゃべり
<< 悲しき口笛 贈りもの >>