マイ・ブルーベリー・ナイツ

ジャズシンガーのノラ・ジョーンズが主演。

レイチェル・ワイズに似てるなぁと思っていたら
この人もかなりキツい役で出演していた。

夜、カフェでの出会いをキッカケに
バーやカジノといった
夜に経営される場で起こる出来事に巻き込まれる。
男性側は愛をもって追いかけるんだけれど
女性側はその束縛の窮屈さから逃れたい。

バーでの出来事とカジノの出来事は
主人公が移動して出会うので
全く繋がりがないんだけれど
そこで出会った人の心を常に占めている相手は
拒絶し、拒絶され分かり合えない。
拒絶していた側は決定的な事があった後、涙に暮れる。

ジュード・ロウのカフェでの出来事をパンに
ロードムービーを間に挟んだサンドイッチ構成(造語)です。
色と音楽が夜の持つ雰囲気を素敵にしていた。★★★★

旅先から定期的にジュード・ロウのカフェへ
ハガキを送るってのがいい。
なんと言っても、心のこもった便りはいいな。
村上春樹さんの小説で
主人公が受け取ったり送ったりとよく出てくるし
沢木耕太郎さんの旅行記にも
友人にあてた手紙が載っていたけれど
グッと心をつかまれる文章の雰囲気と言いますか、
上手下手じゃない、直接愛を伝える文章が書かれていなくても
愛情(友情)を感じる手紙。ホントに素敵だな。
いつかそんな素敵な手紙を貰いたいな。そして書けるようになりたい。

e0038717_14471053.jpgマイ・ブルーベリー・ナイツ
ニューヨーク。失恋したエリザベスは、とあるカフェに出入りするようになる。
毎晩ブルーベリー・パイを残して待っていてくれるカフェのオーナー、ジェレミー。優しい彼との会話に、心が慰められるエリザベスだったが、失恋相手が新しい恋人といるところを見てしまい、旅へ出ることを決める。数々の人々と出会いながら、エリザベスはジェレミーが待つニューヨークへ戻りたいと思い始める・・・

[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-03-01 15:02 | 海外映画
<< 風邪に気をつけて JUNO/ジュノ >>