相反するから必要なのか?

悲しくなったり、落ち込んだりしたとき
音楽で元気回復しますね。

『南天のど飴の歌』ナンテンマン

仕事の友ラジオJ-WAVEの番組「グルーヴライン」のナビゲーター
ピストン西沢さんがつくられたそうで
ナンテンマンという正体が隠された(?)
なかなかミステリアスな人が歌ってます。
曲、歌詞、歌声がかなり脱力する。




最近、敬愛していた人が亡くなったので
悲しくて悲しくてどうしようもなかったんだけれど
これがかかると胸の奥底のほうでズクズクしていたのが
軽くなって楽しくなるんだよねぇ。
i-Tunesにあったので購入して
ヘビーローテーションしています。

本家のラジオ番組のほうも
仕事上18時までしか聞けないんだけれど
かなりのいい加減さで楽しい。
時折、会社の人と二人きりになると
気まずくなるようなネタもありますが
ホントよく出てくるなぁと感心するほど
話の切り返しがすごく速くてウマい。

ツインナビゲートで相方の秀島史香さんが
暴走するピストン西沢さんをたしなめる感じも
とても可愛らしいのです。
二人のバランスがすごく絶妙。大変だろうけれど。
放送時間は16:30〜20:00だったかな。
機会があれば聞いてみてください。

初YouTube添付がこれになろうとは・・・

もう一曲は
『日影の忍者勝彦』 YouTube
これはダウンタウンが「ごっつええかんじ」でやってたのかな。
“オジャパメン”とか“エキセントリック少年ボーイ”とかのシリーズだろうか。
このコントは見たことがないけれど
どこかの店で流れていたのを聞いて
速効でCDショップに行ったんだったなぁ。
タイトルが分からなかったけれど
歌詞そのままだったから見つけやすかった。
シングルCDが8cm!

辛いほど、悲しいほど何かをしようとすると壊れそうで
何もできなくなるけれど
ある一定の時間がくると笑いが必要になってくる。
元気なときは、さらに元気になる曲(でも何でも)
見つけてみてはいかがでしょう。
それよりも、皆にとって悲しい事がおこりませんように・・
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-11-15 13:33 | 音楽
<< 寒くなると・・ アパートの鍵貸します >>