永遠のモータウン

永遠のモータウン

ドキュメンタリーです。
モータウンっていう
音楽レーベルに属していた
バックバンドで ボーカルの後ろで
脚光をあびることなく
名曲をたくさん世に送り出した人たちだそうです。
音楽のジャンルはJAZZ、R&Bといった
ブラックミュージックでしょうか。
11年の間資金繰りに奔走して
14年目に完成した映画ということですが
ほんと作れてよかったね。
何かでつながった仲間は 一度離れても
再び集りたくなる。仲間が恋しくなる。
激動の時代を 長い年月
苦楽を共にしたからこそなんでしょうか。
いいなぁ。

最後、亡くなったメンバーの写真と現役メンバーが揃って
「これでメンバーがそろいました。」ってステージがはじまる。
みんな とても楽しそうに、にこにこの人もいて
仲間って、音楽っていいよなーと思いました。

すごいキャラクターの歌手がいて
歌うまいのに 格好が気になってしょうがない。
★がすごいのです。スパンコォォル!って感じ。
★★★★
e0038717_1135239.jpg1960年代から70年代まで、ビッグアーティストを輩出した”モータウン・レコード”。数々のヒットを飛ばし、一世を風靡したレーベルの影の立役者である”ファンク・ブラザーズ”の音作りに肉迫する。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-11 11:39 | 海外映画
<< 少林寺三十六房 初心者が英文日記 >>