タロットカード殺人事件

このタイトルだけだと借りなかったけれど
ウディ・アレンが出ていたので見てみた。

船が人を運んでいる。そこは三途の川。
船から脱出して、ある未解決殺人事件の犯人の正体を
現世の人間に知らせることから話が展開していきます。

オカルトでミステリなのに
深刻な場面での軽快なクラシックミュージック、
主人公のサンドラの軽さ
ウディ・アレンの早口も加わって
あまり深刻じゃない。

サンドラとシドニーは全くの赤の他人で
事件の調査に対してけんか腰で口論しながら
一緒に準備をして一緒に食事する。
胃が悪くなりそうなくらいヒートアップしてたのに
喧嘩するほど仲が良いってこのことなのか。
それが何かいい感じ。妙に気が合ってるようす。

最後、「あぁっ早く間に合って」と思うとともに
きっとそうなるだろうと期待していたら
えぇっ!!?とひっくりかえりました。
それがウディ作品ということなのか?
今まで片手に余るくらいしか
ウディ作品を見たことがないので
なんとも言えませんが、ぼんやり考えるに
たぶんこの起こりそうだったことを
あえてひっくりかえすのが特徴なのかもなぁ。★★★☆

e0038717_2119122.jpgタロットカード殺人事件
三流マジシャン、シド(ウディ・アレン)のショーで“チャイニーズ・ボックス”に入った女子大生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)は、幽霊となった新聞記者(イアン・マクシェーン)から世紀のスクープを耳打ちされる。それは、ロンドンを恐怖で揺るがす<タロットカード殺人事件>の犯人の名前—。証拠を掴むため、父娘と偽ってシドと、ピーター(ヒュー・ジャックマン)に接近を試みたサンドラだが、洗練された英国貴族の彼にたちまち心を奪われてしまう。恋に落ちたサンドラは、もはやピーターを疑惑の目で見ることができない。しかし、そんなある夜・・・。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-10-13 21:30 | 海外映画
<< 浅草寺本堂落慶50周年ということで 夏至 >>