全然大丈夫

荒川良々さん主演ていうから
きっと独特な映画だろうなぁと借りてみました。

荒川良々さん演じる実家が古本屋でお化け屋敷経営(?)を夢にもち
木の剪定アルバイター。
その友だちの岡田義徳さん演じるお人良しの病院勤務員。
その病院の清掃バイトに面接にきた
木村佳乃さん演じる実生活に支障が出るほど不器用な
ホームレスアーティスト(?)のオババを密かにモデルにする絵描き。
その絵がきっかけで知り合うことになった
顔半分、赤い痣のココリコ田中さん演じる骨董修理師。
ゆるくて、かわいらしい恋模様て感じか?

うまく捉えてない気もしますが
それぞれの人が連鎖的に繋がってって
ぎこちない恋が生まれます。

<ネタバレ含む↓>

岡田さんの愛情表現、すごく可愛らしくて
うまくいくといいなぁと思っていたんだけれど
木村佳乃さん演じる、あかりが恋をした人を見ると
むー、確かにこの人の方がピッタリあうなぁと
すごく腑に落ちた。
雰囲気と二人のテンポがあっていて
岡田さんも純粋で一直線なんだけれど
距離感がずいぶん違う。

その人の誕生日の祝い方が
やっぱりグッとくる。
クレヨンもあかりにとって大切なものだから
きっと嬉しいものだけれど
派手さはなくてもその人の得意なことで
すごいなぁって尊敬しつつ
あかりの好きなものを考えて
一緒につくるってので
ズキューーンッとくる。
その場面がすごく良かったなぁ。

どうして『ガキの使い』ではあんな扱いなんだろうっ
と別のトコに軽く異議を唱えてみたり。

ちょこちょこお笑い芸人の方が出演してますが
一番驚いたのは鳥居みゆきさんです。
不思議さは映画の中でも変わらない。

荒川良々さんの影が若干薄く感じたけれど
きっと“全然大丈夫”  ★★★☆


e0038717_1943019.jpg全然大丈夫
荒川良々初主演、あり得ないほど不器用で想像以上に愛おしい男女3人の恋の行方をコメディタッチで描いたラブストーリー。古本屋の長男、照男のビッグな夢は世界一怖いお化け屋敷を作ること。しかし現実は30歳目前で植木屋のアルバイト。人生の“壁”を感じていた現状に少し不安を抱き始めたある日、強烈に不器用な絵描き、あかりが現れて…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-10-06 21:03 | 邦画
<< 夏至 天高く 好奇心肥ゆる秋 >>