インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

ん?9レーン、フランスのポニョって言った?
オリンピック100m予選です。

お盆前に、会社から定時より2時間も早く
帰っていいとお達しが出たので
嬉々として何しよっかなぁと
思いめぐらしてみてから
ひさしぶりに映画館で映画を見ようと決定。

すでにオジィジのインディ。
今回もポイントは
『何が起ころうと主人公及び主人公と仲のいい人は不死身』
『裏切り者と悪者には伝説により制裁が』です。
これはシリーズを通して一貫していますね。

そして、インディの“モテ”について
大変な危険を乗り越えて結ばれたのに
回が変わると新たな女性が現れるのは
意外にもボンド路線なのかと思っていたら
今回は年齢も相まって一応の決着を迎えるのか?

ふと現れた青年が突然助手になり
いざというとき力になるってのは
こういうアドベンチャー映画で
わりと使われるかたちのよう。

悪役のロシアの人は、いかにも「ロシア顔」。
全体的にザックリハッキリしていて分かりやすかったです。

館内が結構空いてて悠々と見れたのは良かったけれど
こういうお楽しみ興行映画は
沢山の人がいたほうが盛り上がるなぁ。
映画の本筋に全然ふれてないな。ま、いっか。

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-08-15 22:16 | 海外映画
<< キサラギ ヒーローズ vol.1-1 >>