転々

借金取りにきたはずのオジジと
何故か東京を仲良く散歩する展開に
とまどいながら、楽しくなっちゃう主人公。

監督は『時効警察』の人だったのか。
ところどころに↑の登場人物が出てきたりで
小さなところも結構楽しめたなぁ。
取り立て屋の奥さんが勤めてたのって
なんの店だっけ?
そこの3人トリオの内 ふせえりさんと岩松了さんが
時効警察でもいいコンビでした。

その他トーギョーチィ(定食屋?の名前と謎のメニュー)の
暴れ息子役に万歳。この役は彼のためにあったかのようだっ


主人公は取り立てオジジのお陰で
人生の、ずっと心に塊のように
グリグリと残っていたことを
思いかけず擬似体験でほぐされていく。
ちょっとそれがいい感じ。
どこんちの子か、主人公にとって妹のような子が
突飛な感じで可愛らしかった。

取り立てオジジとなんで散歩するのか
見どころ沢山です。

季節が秋ってのがよかったなぁ。★★★☆

e0038717_22334495.jpg転々
井の頭公園をぶらぶらと出発、目的地はぼちぼちと霞ヶ関。到着期限はナシ—。見知らぬ二人の東京散歩の旅は、借金取り福原のとんちんかんな提案から始まった。散歩の合間に出会うとんちんかんな人々と悲喜こもごもなハプニング。そんな東京ワンダーランドで二人が向かうのは・・・。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-08-12 22:56 | 邦画
<< ヒーローズ vol.1-1 秋刀魚の味 >>