ママの遺したラヴソング

デリバリータイプのレンタルを利用しているのですが
この作品を予約したことを全く忘れていて
何で見たかったんだっけ?と思ったら
気になっていたジョン・トラボルタが出ているからか。

長い間離れて生活していた娘の元に
母ちゃんのお葬式の手紙が届く。
驚き尋ねると既に式は終わり
遺された家には2人の男性がいて
遺言によって3人で生活することに。
彼らは何者?母ちゃんはどんな人だったのか
どんな生き方をしていたのか。

フェノミナンを見た後でのこの作品。
ジョン・トラボルタの幾年月と
フェノミナンに通じる結末が
ちょっと切ない。★★★☆

e0038717_2294839.jpgママの遺したラブソング
フロリダで怠惰な生活を送るパーシーに、長年会っていなかった母の訃報が届く。ニューオーリンズの生家に帰ったパーシーを待っていたのは、二人の見知らぬ母の友人。元文学部教授のボビー・ロングと、彼を慕う作家志望の青年ローソン。そして嫌々ながらの三人の同居生活が始まる。新しい生活、文学との出会い、初恋、そして初めて聞く亡き母の横顔。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-07-27 22:35 | 海外映画
<< 左利きの女 フェノミナン >>