カレル・ゼマンの<シンドバッドの冒険>

シンドバットの冒険って
こういう話しだったのか。

子ども本でタイトルは知っていたけれど
有名なわりに読んでなかったんだなぁ。
魔法の絨毯とか、「はくしょん大魔王」みたいな壷って
この作品だったのか。
あぁっアラビアンナイトってこれかぁ!!そっかぁ〜

青い老人が恐ろしいのなんの
巨人が怖いのなんの
シンドバッドの好奇心と海好きのお陰で
次々起こる危機一髪。

ときには“わらしべ長者”になったり。

こういう、切り絵や人形を少しずつ動かし
コマ撮りし繋げて映像にするのって
5分、10分といった短い作品をつくるのも
すごく労力がいるそうだ。

カレル・ゼマンの作品は1時間を越すのが多い。
どれだけ労力をかけているか。すごいなぁ。
ちょっと前は探すのも難しかった作品に
たくさん出会えてホントに嬉しいな。★★★★

e0038717_9224434.jpgシンドバッドの冒険
「アラビアン・ナイト」のシンドバッドの冒険を紙技法を用いて描いた『シンドバッドの冒険』を収録。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-05-24 09:33 | 海外映画
<< カレル・ゼマンの<狂気のクロニクル> カレル・ゼマンの<鳥の島の財宝> >>