デジャヴ

特殊能力で過去に戻るのかと思っていたんだけれど
装置だったんだね。
タイム・マシンで、その仕組の説明が
ドラえもんっぽくて
サスペンスなのに、ちょっと笑っちゃった。
時間のワープの部分。
紙の端から端に行くのに
広げたままよりは、それを折り曲げると
端が近づいて時間が短縮されるとか。

過去を見てるのに
現在と同時進行してるのかぁ。

あの犯人も、特殊能力持ってるのかと
ちょっとヒヤヒヤしちゃったな。

最後、ダグどうなったんだろぅ★★★☆

e0038717_22581022.jpgデジャヴ
543名もの犠牲者を出した、凄惨なフェリー爆破事件。捜査官ダグは、手がかりを握る一人の女性の遺体を見た瞬間、強烈な“デジャヴ”に襲われた—「私は、彼女を知っている・・・」。彼は特別捜査班の一員として、政府が極秘に開発した【タイム・ウィンドウ】と呼ばれる映像装置を見せられる。その正体は、現在時間から《4日と6時間前》の映像を自由に見ることができる、驚くべき監視システムだった!まるで生きているかのように美しい彼女の姿を見続けるうちに、ダグは再びデジャヴを感じ、さらに「彼女を救いたい」と強く願うようになる・・・。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-05-12 22:58 | 海外映画
<< カレル・ゼマンの<鳥の島の財宝> カレル・ゼマンの<クラバート> >>