稲妻

♪青い稲妻が ボクをせめるぅ〜
  炎 体 焼きつくすぅ ゲッチュ♪♪


とかではなく、もっと重心が低めです。・・次元が違うか。

「初恋・地獄篇」のあと続けざまに見た昭和映画。
初恋〜よりも前の時代で昭和30年代の作品。
街並の推移が興味深い。時の流れよ。

高峰秀子さん主演で成瀬巳喜男監督で林芙美子さん原作。

母と父親がみな違う娘3人息子1人。
高峰秀子さんが三女で兄弟の中で一番冷静に
もみくちゃな人間関係の間をすり抜けていく。

姉の夫が出先で急死し、その夫が残した保険を巡って
さまざまな思惑が絡み、よい方向に向かえばいいけれど
そこは人間。
飽きれるやら、疲れるやら、
やんなっちゃうやら、笑っちゃうやら。
んとにねぇ〜・・・

終わりの母と娘、二人だけの後ろ姿は
同監督の作品『女の座』('06.2/16blog参照)に
通じるものがあったな。

上のトラブルシスターズはどうなったんだろうかね。
一家をひっかきまわす男は?
主人公の人生の行方は? ★★★☆

e0038717_2323747.jpg稲妻
日本映画の四大巨匠のひとり・成瀬巳喜男の生誕100年を記念し代表作をDVD化。全員父親が違う母子家庭の4姉妹それぞれの生き様を、家族からの脱出を試みる末娘の視点で描いた、林芙美子の原作小説を映画化。当時の人気スター・高峰秀子主演作。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-03-31 23:47 | 邦画
<< 夢のような散歩 初恋・地獄篇 >>