カレル・ゼマンの<彗星に乗って>

カットアウトアニメーションと実写を融合し
独特の色彩とストーリーで魅せるカレル・ゼマンの作品。

立ち寄った雑貨店で見つけた美女が微笑む一枚の絵はがき。
そのハガキに見惚れていて妄想にハマった中尉は
ハマりすぎて崖から海に転落。
絵はがきの美女が現れて溺れる中尉を助けてくれたんだけれど
美女は、さらわれた船から海へ飛び込み
逃亡する途中だった。

そのとき水平線に大きな星が不吉に出現。
あの星は何だ!?と思っている間に
その星に誘拐されちゃった。さてどうなる?って感じか。

恐竜に遭遇して攻撃しようと大砲を撃つんだけれど
全然怖がらない恐竜たち。
ところが、地球の鍋釜がガチャガチャいう音に
ビックリして逃げた!
これを見た軍は大砲や銃を全部放り捨てて
金物を振って騒音をおこす
とても平和的な武器を装備。

星にさらわれたのは
中尉と美女だけじゃなく
武器商人とか街も一緒に移動していたので
混乱は国同士の争いも。

ファンタジックなストーリーに加えて
やはりレトロなアニメーションと
画面の色合いがハートをわしづかみです。★★★★

e0038717_18523114.jpg彗星に乗って
トルンカやティールロヴァーと並び、チェコアニメを世界に知らしめた先駆者的な存在として有名なクリエイター、カレル・ゼマンの長編・短編作品集。多くのファンを持つジュール・ヴェルヌの原作を元にした『彗星に乗って』と、短編も収録する。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-03-16 20:18 | 海外映画
<< 初恋・地獄篇 ぼくのバラ色の人生 >>