アッバス・キアロスタミ監督

イランの映画です。
イランって 戦争の緊張が薄れない印象の国ですが
2作品共 子どもの小さな試練をのりきる姿が
とてもカワイイし 服装や荒涼とした土地に
異国の雰囲気を感じます。
何度も 観たくなる映画だなぁ。
ぜひ見てみなっせ

白い風船

e0038717_22581957.jpgキアロスタミ作品で助監督を務めていたJ・パナヒによる作品。イスラム暦の大晦日。新年のお飾り用に金魚を欲しがる少女ラジェ。だが母親は家の金魚で我慢しろの一点張り。お兄ちゃんのアリが母さんに掛け合ってやっとお小遣いをもらう事に成功した。喜びいさんで金魚鉢とお金を持って市場へ走るラジェ。途中、蛇売りのおじさんにつかまってお金を巻き上げられそうになったりもするが、なんとかお店へたどり着く。しかし、後生大事に持っていたはずのお金が無くなっている……。

★★★★★







友だちのうちはどこ?

e0038717_22472130.jpg授業が終わり、教室で隣の席の子が駆け出して転んだ。その手当をしてやった主人公の少年は、自分のとよく似た彼のノートも一緒に持って帰ってきてしまう。その日も遅刻して、おまけに宿題を忘れて、先生にキツく叱られたばかりの隣の席の子に同情し、少年は自分とはまるで反対の方角に住む彼にノートを届けることにしたのだが……。キアロスタミ監督の“ジグザグ道三部作”の第一作。

★★★★★
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-08-31 23:07 | 海外映画
<< オーケストラリハーサル 秋の気配 >>