ガタカ

ガタカだか
ダカタだか

誰かの本で話題になっていた作品で
タイトルとSFって覚えていたので
こんな話しだと予想してなかったな。
「2001年宇宙の旅」とか「未知との遭遇」みたいな
宇宙に旅立つ感じかと思っていた。

この作品を見た時期に
ちょうど「生物と無生物のあいだ」を読んでいたのだけれど
繋がる部分があってストーリと+αで楽しめた。
ユマ・サーマン演じるヒロインが
主人公の正体を疑い入手した
DNAの記録が書かれている巻き紙のみたいに長い書類には
ACGTの構造が羅列してあったり。


お母ちゃんのお腹の中にいる時点で
DNAの識別により、その子の性質がパーセンテージで表されて
エリート要素のある子は優遇される。
親は子の将来を思っての事なのか
そうして生まれた完璧な人
そこから振り落とされた人
完全な管理のもと、極めて機能的に
世の中が回っているかのように見えるけれど
それを越えた所で予想外な出来事が起こる。

意味深な動きをしていたユマ・サーマン演じるヒロインだけれど
所長と何か関係があったんだろうかね?

こんな世界、窮屈でイヤだなぁ。
権力者なる人が断固抵抗するだろうから
実現しないと思うけれど・・・  ★★★★☆


e0038717_22581413.jpgガタカ
遺伝子工学の発達によって優秀な遺伝子を組み合わせて生まれた「適性者」が支配し、人間の生活も固定化されてしまった未来世界。そんな折り、自然出産で生まれた「不適性者」のヴィンセント(イーサン・ホーク)は、宇宙飛行士になる夢をかなえるため、遺伝子適性をごまかして宇宙局「ガタカ」へ入社。しかし、ある日社内で殺人事件が起きて、ヴィンセントが犯人と疑われてしまい…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2008-01-28 23:54 | 海外映画
<< ボラット レミーのおいしいレストラン >>