Rain

雨が降る夜の街。

感情の衝突、すれ違い、別れ。
諦め、哀しみ、憤り、困惑。
ネガティブな状況にある人々の転がる運命。

登場人物たちは問題を抱えていて
映画の内容はけして明るくないんだけれど
雨とJAZZは何であんなに合うのか
このお陰で救われている気がする。

一番驚いたのがレンガ職人!
そうなるかーーーっっ
ベビーシッターに雇われた女の人も哀しい。

ヴィム・ヴェンダースってことで借りたのですが
監督は違う人みたいですね。
プレゼンツって何をしたんだろ?

映画の解説をみると
チェーホフの短編を映画化したと書いてある。
文学作品の映画化だったのかぁ。★★★

e0038717_0646100.jpgRain
ヴィム・ヴェンダースが製作総指揮を担当し、チェーホフの短編を映画化した群像劇。廃墟のようなビルが建ち並ぶ漠々とした街となったクリーブランドで暮らす6組の人々の運命が、ある事件を切っ掛けに大きな転機を迎える。演技派俳優が多数出演。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-11-24 00:08 | 海外映画
<< 誰か故郷を想わざる ロマン・ポランスキーの吸血鬼 >>