ロマン・ポランスキーの吸血鬼

吸血鬼退治のため雪深い街にやってきた教授と助手。
辿り着いた宿には沢山のニンニクがぶら下がっている。
これは・・出るな・・・
ってことで泊まることに。
睨んだ通り宿の美人な娘が狙われ
次々に犠牲者が。

オープニングのアニメーションと音楽が面白い。
♪ウ〜ウ〜♪とか歌っちゃって
不穏な空気を醸し出します。

古典文学を映画化したような感じで
内容は全く違うんだけれど
『カフカの城』の様な雰囲気もあるなぁ。
時代背景が近いんだろうか。

個性的な吸血鬼も出たりして
ところどころ笑えます。

最後は「うっは〜やっぱりかっ」
うすうす気づいてはきますが
それでもガガーンときます。

さすが名前にロマンとつくだけあるね。
・・浪漫が(ちゃらん)ポラン的に好き・・・・・・
ため息が画面から伝わってくるようですね。★★★★

    この雰囲気がたまらない!↓
e0038717_23423282.jpgロマン・ポランスキーの吸血鬼
アブロンシウス教授は、助手のアルフレッドを連れて吸血鬼退治の旅を続けていた。トランシルバニアのとある宿に着いた二人は、吸血鬼がいそうな雰囲気を感じてそこに泊まることにする。ロマン・ポランスキーが描くホラー・コメディ。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-11-23 23:44 | 海外映画
<< Rain っとに面白いなぁ @デジスタ >>