モーターサイクル・ダイアリーズ

「恋愛睡眠のすすめ」(10/14blog参照)で
主演だった人が出ていたので見てみました。

キューバの革命家、チェ・ゲバラが
革命家になる前の話し。
と、いってもワタクシこの人の事よく知りません。

医学生だったエルネストは
友と一緒にバイク一台で南米を旅する。
二人乗りのバイクは転倒したり
テントが飛ばされたり
お金が尽きたりしながら
国境を越え越え
若いながらのドロンコ貧乏旅行。

とてもじゃないけど
行けそうにない場所を
旅している気分になって
ロードムービーの醍醐味だなぁと
風景を凝視。

そして、きっとその後の人生に影響してくる
病院でのインターンっていうのか?
はんせん病の人たちとの交流が
この人の優しさを感じて
あぁ、こういう人だったんだなぁと
ちょっとグッときた。
もののけ姫にも似た感じあったなぁ。
この場合、アシタカなのかエボシなのか。
あ、小島よしおのネタが聞こえる・・そんなの○△□×〜

今読んでいる山田風太郎さんの「戦中派虫けら日記」
医者を目指していたのに
運命のいたずらか、全く別の道に進んでいったってとこで
妙な繋がりを感じてしまった。
そんなの○△□×〜ですか?・・・はい

ついでに、三浦しをんさんの本(どの本だったか)の中で
男子二人旅を強く推薦されていて
そうなのかぁ、面白いなぁと思いましたが
まさに男子二人旅の映画!
そんな所でもトキメクのでしょうか、三浦さんは。
この人ホント面白いんだよなぁ。オススメ
更に、上記の風太郎さんの本は三浦さんのオススメ本です。

感想がズレ放題ですが
ま、いっか。  ★★★☆

e0038717_22195884.jpgモーターサイクル・ダイアリーズ
キューバの革命家として、南米ではもちろん世界中に信奉者を持つチェ・ゲバラ。本作はブエノスアイレスでの医学生時代の彼・エルネスト(本名)が、友人と 1台のバイクで南米を縦断した日々をつづる。彼自身の日記を映画化した、みずみずしい青春ロードムービーだ。アルゼンチンからチリ、ペルーを経てベネズエラへの1万km、6か月の旅で、ふたりはバイクの故障、ほのかなロマンス、そしてハンセン氏病患者たちとの触れ合いを経験する。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-11-04 23:08 | 海外映画
<< ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア 華氏911 >>