東京のえくぼ

バスの中でスリにあい
間違って捕まえたのは
新しく勤務することになった百貨店の社長だった。
社長秘書として社長の仕事を見ていると
決済のための判子押しは連日山積み
朝から晩までパーティやら結婚式やらお葬式に奔走。

「ホルンを吹きたいんだよ」という言葉で
社長職一時逃避の手助けをするため
自宅に下宿人としてかくまう。
身分を隠し「社長さん」ってつい言っちゃったら大変なので
「サチオさんって名前にしましょう。左の千の夫と書いてサチオよ。
 もしシャチョウさんって言ってもごまかせるわ」・・・サチオさんって。

実家にいる父ちゃん、母ちゃん、弟妹たちは
下宿の左千夫さんは、変わった人だなーと思いつつ
すごく仲良しになる。結婚の相談までしちゃって。

かなり予想できる展開ですが
言葉遣い、田舎に行っても見ることはできないだろう景色
味わい深い物として面白く見ることが出来ます。
手描きのテキストや音楽も逆に新鮮。

関西弁の専務がかなりいい感じで笑えます。★★★☆

e0038717_065989.jpg
東京のえくぼ
敗戦から劇的な復興を遂げた東京。伸子はバスでスリの被害に遭うが、容疑者の男・紀之国屋文太郎は彼女が就職した会社の社長だった。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-09-16 00:08 | 邦画
<< マーサの幸せレシピ ナイト・ミュージアム >>