ナイト・ミュージアム

夜になると博物館の展示物が動き出す。
やっと仕事が決まった新人警備員のラリーはビックリ!
さぁ、どうする!?って話し。

貴重な展示品が狙われたり
サルがビックリするくらい賢かったり
またこれが困ったヤツなんだなー。

だけど、小さい頃ホントに人形が動くかもって
ドキドキしたな〜。動いてくれって思ってたな。
それが映画でスゴくリアルに動いてるのを見れて
大人ですが、かなり楽しみました。
小さいのがデッカい人間に立ち向かうのが
かわいらしかった。
恐竜の骨も犬みたいでかわいい。

失業とか、離婚とか大人の事情が切ないですが
あんま深く考えないで「面白いな〜。なはは」って楽しめます。
やっぱ夢があっていいね。★★★★

e0038717_2344518.jpgナイト・ミュージアム
何をやってもうまくいかないバツイチの失業男ラリー。別れた妻の再婚にとまどう彼にとって、離れて暮らす最愛の息子との接点を失うのは堪え難いことだった。息子を失望させないためにも職探しに奔走する彼は、自然史博物館で夜警の仕事に就く。恐竜の骨や動物のはく製、太古の彫刻、ジオラマや人形が並ぶ、そこは夜のとばりが降りると、もう一つの顔を覗かせる。そう、これらが生命を宿らせ、館内狭しと動き出すのだ! とどまるところを知らない混乱に、ラリーは唖然・呆然とするばかり。その上、この博物館ではある怪しい計画が密かに進行していた。ラリーはこの混乱を収め、博物館を守ることができるのか!?
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-09-15 23:06 | 海外映画
<< 東京のえくぼ アメリカ、家族のいる風景 >>