女の園

女の園ってみると
華やかで美しいイメージですが
戦後、様々なものが変化していく混乱の中
超封建的で規則の厳しい女子大学の
学校、先生 対 生徒 の戦いの話し。

当時の女子大学というと
お金持ちのお嬢様ばかり。
生活態度はもちろん、電話中の会話や
手紙の内容もチェックされ
こわーい寮母が監視している。
男女交際なんて言語道断!っていわれると
夢見ちゃうのよねぇ。だって女の子だもん。
勉強に対する柔軟さはなく、
女性としての教養が重要。

この時代にいたら、息苦しいだろうなぁ。
実際生きてこられた方々がいらっしゃるのですが
これが当たり前だったなんて
とてもじゃないけれど堪え難い。
非難となって個人を追いつめていくのが
また問題なんだよなぁ。
ホントによく数十年でここまでこれたもんだ。

今回の高峰秀子さんの役は
真面目で思い詰める性格。これがこの映画の柱にもなります。
学校、家と、恋人に対する重荷になりたくないという気持ちで
八方ふさがり。楽観的だったらもっと違う展開になっていたかも?
彼がもう少し現実的だったら変わっていた?

実際にこんなことがあったかもしれないな。
同じ日本なんだよなぁ。  ★★★

e0038717_22241761.jpg女の園
名門女学校の学園紛争をリアルに描いた作品。京都の名門女子大学であまりに厳しい管理教育に反抗した女子学生たち。当時の美人女優4人が出演し、話題となった。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-09-01 22:38 | 邦画
<< アメリカ、家族のいる風景 都会のアリス >>