ナビゲイター

弟を迎えに飼い犬と暗ーい森の中へ。
「バァ!」
「ワーッ!!!」
弟に驚かされプリプリ怒っていると
今度は何かに興奮した犬が
ズンズン森の奥に走っていく。
何だろなぁ〜と暗がりを覗き込んでたら
足を滑らせ段差に落っこちる。
気がついて家に帰ると
知らないジィジバァバが住んでいた。
えぇ!?どういうこと!?!。

8年前行方不明になっていた少年が
歳を取らない姿で発見された。
彼はどこに行っていたのか。
同時に現れた銀色でプカプカ浮かんでいる物体は何なのか。


この作品、小さい頃映画館で見たのですが
タイトルを忘れたまま
映画の雰囲気のみ頭に残っていた。
で、高校のとき思いもかけず
友がビデオを貸してくれたのです。
「あ!あれはコレだぁ」と
再会の喜びを胸に再び見てみると
どうやら頭の中で勝手に作り替えていたようで・・・
その時は結構ガッカリしたなぁ。

「ガッカリしたナビゲイター」なのに
どうガッカリしたか忘れたので
勝手に懐かしSF祭りとして
もっかい見てみようと借りました。

・・・カワイイじゃん・・・

少年がUFOの声に導かれて
UFOとともにNASAから逃避するのですが
搭載されている機械なのか
むちゃくちゃ友好的でオチャメなのです。
いろんな星から集めてきた生物も
個性的で面白い。

子どもの頃は飛行シーンで大興奮したのですが
もう、なんつぅか、当時の精一杯のCGが
今と比べ物にならないくらいのCGが
どことなく不器用で「むふふ」と
あたたかい気持ちになります。

あとなんと言っても驚いたのが
サラ・ジェシカパーカーが出ていたこと!
しかも全然変わってねぇーーーーーっ
20年くらい前の映画なはず。ビックリしたー
少年がNASAに軟禁されるのですが
そこに重要な役で登場します。
SF的若さ。
この人こそが“ナビゲイター”なんじゃ・・・

そうそう少年の8年間の空白は謎のママ。
しかし年上になった弟とか
家族なのに家族じゃないっていう奇妙な感覚で
今の環境、人間関係に思いめぐらしてみました。★★★★

e0038717_20183732.jpgナビゲイター
12歳の少年・デイビッドが気絶から目覚めると8年の年月が経過しており、その原因を究明するために検査をすることに。するとNASAに捕えられたUFOと同じアルファ波が検測され…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-09-01 20:22 | 海外映画
<< 博士の異常な愛情 2001年宇宙の旅 >>