E.T.

懐かしい!むか〜し見たのでうろ覚え。
ミクロの決死圏(8/13blog参照)を見てから
ちょっと前のSF映画に火がついた。

見た目は可愛くないE.T.
だんだん愛嬌が出てきます。
もっと長い映画だと思ってたなぁ。

あぁ、あの子ドリュー・バリモアだったのかぁっ
女の子が出てくることすら覚えてなかったけれど
面影がありすぎて、見た途端「あれ!?」と思いました。
そのまま大きくなったみたい。かわいいねー


地球に植物採集しにきて、熱中しすぎたあまり
森の奥までズカズカ入ってったら
人間に見っかっちゃった。そしたら宇宙船に置いてかれた。
で、主人公の男の子にであって
隠れて生活するんだけれど
順応だとか、研修者の大人の追跡とかあって
E.T.はどうなっちゃうんでしょうか。って話しですね。

子どもたちが乗っていた自転車には
ハンドルにブレーキが付いてなかったけれど
どうやって止まるんだろうね。
すごい身体能力で自転車を操っていた。
あそこまで出来なきゃ乗れないのか?
ハンドルブレーキって万国共通じゃなかったんだねぇ。

研究者が家に押しかけてきたとき
ビニールのトンネルで中に入っていってたけれど
このシーンはナビゲイターじゃなかったのか。
ナビゲイターもSFの映画です。
これにもあったかなぁ・・・?

やっぱ最後の別れのシーンは泣けますね。
一回宇宙船乗ってみて
また地球に送ってもらえばいいのに。
2回きてるんだから大丈夫なんじゃないの?
「夏休みはE.T.とぺガサス座ツアーをしました。」とか
行き来して交流を深めればいいのに。
あぁ、そうすると感動的な別れにならないのか。んーむ・・・
何回も行き来してると、悪い大人に悪用されちゃうのか。
地球外移住とかって、強引な計画やら侵略が起こりそうですね。

話しが逸れましたが、
今見ても古さを感じない
何年後かにまた見たくなる映画です。
言わずもがな、あの飛行シーンは感動的。★★★★☆

e0038717_17242616.jpgE.T.
地球探査に訪れたものの、ひとり置き去りにされてしまったE.T.(地球圏外生物)が、10歳の少年エリオット(ヘンリー・トーマス)ら兄妹と知り合いになった。しかし、そこにNASAの追跡の手が及んでいき…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-08-19 17:33 | 海外映画
<< 2001年宇宙の旅 エーミールと探偵たち >>