点子ちゃんとアントン

勝手にドイツ映画祭り 第3弾!

お金持ちだけど両親が忙しくて淋しい
オテンバムスメの点子が
お母さんが病気だからと内緒で代わりにバイトしている
大親友アントンの「母ちゃんを海につれていきたい」という
願いを叶えるために
あの手この手でマッシグラ。

ママはアフリカの子を助けるのに
なぜアントンはダメなの!?
力一杯訴える。

パーティに招かれたアントンが
自分で摘んできたのか
花を持ってくるのが可愛らしい。
バンをかっとばすねぇー

バァバと家庭教師のロランスが
哀しそうな点子を元気づけるために
懐中電灯で劇をしたのがきっかけで即行動。
お小遣いはまだ貰ってないみたい。

アイスクリーム屋で働く
へらへらアントニオがしょーがねぇなぁーです。
バァバのホームアローン的仕掛けと
アントンの大活躍っぷりに注目。

その他、影絵のシーンとか
見所が沢山あった。

メイン曲が点子にピッタリでキュートです。★★★★

e0038717_10385848.jpg点子ちゃんとアントン
裕福な家庭に生まれた少女と、貧しい家で育つ少年との友情を描いた、エーリヒ・ケストナー原作の児童文学をカロリーヌ・リンク監督が映画化したドラマ作品。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-08-11 10:39 | 海外映画
<< 煙突の見える場所 飛ぶ教室 >>