飛ぶ教室

勝手にドイツ映画祭り 第2弾!

寄宿舎のある音楽学校で学ぶ
子どもたちの話し。
家から学校に通う通学生v.s
寮で生活する寄宿生と
演劇の脚本を巡っておこる事件が柱かな。

登場人物が皆可愛らしい。
ジャックラッセルテリアも賢いねぇ

上級生のテオは時々イジワルだったり
隠れてタバコ吸ってたりするけれど
意外と面倒見がよくて
慕われていたり(なめられてるのか?)
校長は同じ学校に通っている息子を
他の子と同様に接しつつ
それを逆手に笑いを取ったり
ベク先生は元気すぎる子ども達をたしなめつつ
寛容にみまもったり、大人たちも魅力的。

もちろん、主役の5人組も
利発で活き活きしていて、ンッとにカワイイ。
子どもなりに闘ってんなぁ
枕投げ、雪合戦、決闘、弱虫からの脱却
モナがハーマイオニーに見える。
ヨナタンはSMAPの稲垣君か小泉元首相か。

禁煙車のオジジとベク先生のエピソードで
ドイツが東と西に別れていた歴史も
触れられています。

音楽が素敵。
ドイツの美しい街並を見ることが出来るのも
この映画の魅力だな。

「あ、そう」はドイツ語でも「あ、そう」なんだね。

原作は児童文学の名作だそうで
自分もタイトルだけは知っていました。未読。
当初、想像していたのは
漂流教室みたいに
いろんな世界に飛ぶのかと思ってたなぁ。
名作だけあって、グッときた★★★★★

e0038717_23341891.jpg飛ぶ教室
寄宿舎生活を送る5人の少年たちがクリスマス劇を上演するまでを描いた感動作。原作はエーリヒ・ケストナーのドイツを代表する児童文学の名作小説。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-08-10 23:42 | 海外映画
<< 点子ちゃんとアントン MON-ZEN(もんぜん) >>