夢のチョコレート工場

夢のチョコレート工場

♪ウンパッ ルンパッ ドゥンパディッダァ♪

頭の中でグルグルまわるーー エンドレスッ やっほーい!!

1971年制作かぁ。
ハイテクな工場のはずなのに、
アナログ全開な感じが笑えた。
チャーリーとジョーおじいちゃんが
ジュースを飲んで浮く場面なんかは
中吊りのワイヤーが光ってるし、
合成もばればれな感じがレトロ!いー感じ!!
背景と分離した感じなのです。

楽しい物語のようで結構ブラック。
チャーリーも消えていく仲間を心配してないっあはは〜
無関心すぎっ
ウンパルンパ役の小人の人たちもインパクト大!顔オレンジっ
さながら寺山修司の雰囲気。時代的に近いのかな。

英語を勉強しようと原作を読んでいたけど、
半分以上内容を理解していないので
映画でイメージをつかもうと見てみました。
海外の児童書は結構重たい内容も描いていて人気なんだよな
原作では 消えた友達の行方も分かります。・・・はずです。たぶん
★★★★


しかーし!
今度ジョニーデップ主演でリニューアルされるそうですよっ

オカッパヘアのジョニデっ

あははは。これだけでなんか起こりそうです。
チャーリーとチョコレート工場オフィシャル

e0038717_22412292.jpgウィリー・ワンカのチョコレートは、とても美味しいと評判で、世界中の子供たちに愛されている。だがある日、ワンカはその美味しさの秘密を探るライバルたちの過熱ぶりに嫌気がさし、工場を閉鎖してしまう。しかし、ある時突然、ワンカは世界中で販売されているチョコレートの中に5個分だけ当たり付きがあり、それを手に入れた人だけ工場に招待すると発表。やがて幸運な5人が決定する。そのひとり、チャーリーはジョーおじいさんと一緒に、いよいよ工場の中へ足を踏み入れるのだが…
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-08-23 22:48 | 海外映画
<< トリビアの泉 トラックバックって >>