鉄コン筋クリート

松本大洋さん原作

あの空間がどう映像化されたかと
楽しみにしていた作品。
色も、風景も見応えあるなぁ。
夢を見ているかのような
ありそうで無い風景。
ビュゥッと吹きあげる風を感じる絵がグッと“クル”

クロとシロ
ネズミと木村
藤村と沢田
形はどうあれ壊れた世界の中でつながっている。
あのジィジもいい味だしてたなぁ。

牛骨をかぶった少年で
バンプ・オブ・チキンのユグトラシル
村上春樹さんの海辺のカフカを思い出した。

あの絵が動いてるのが感動 ★★★★

e0038717_22411726.jpg鉄コン筋クリート
宝町で暮らす親を知らない少年クロとシロ。町で“ネコ”と呼ばれるふたりは、かつあげやかっぱらいで暮らしていた。その町で“子供の城”の建設話が持ち上がる。しかし、それは古めかしい宝町を近代化して支配しようとするヤクザの仕業。昔気質のヤクザのネズミは反対するが、彼のボスは謎の男“蛇”にこの計画を一任していた。残酷な蛇はクロとシロを邪魔者だと判断し、刺客をおくる。ケンカでは誰にも負けない凶暴なクロだったが、刺客の前では手も足も出ない。そして追いつめられたシロは刺されてしまう…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-07-29 23:22 | 邦画
<< MON-ZEN(もんぜん) 粗忽は治らないのか >>