ローズ・イン・タイドランド

テリー・ギリアム版不思議の国のアリス?

何と言うか、幸せな気分にも、楽しい気分にも
ほのぼのした気分にもなれない映画だったな。
オェッとくる展開もあってR15指定なのが分かった。

終始、不思議な存在感のあるローズ役の子
よく演じてたなぁ。
子どもならではの一人遊びに興じるところとか
怖いもの知らずなところとか
全く違和感無し。

映像の遊びの部分は面白い。

なんでこんな、“ぶっ壊れた”物語の世界を撮ったのか
この映画の真意は何だろうと疑問が残ったけれど
日本版劇場予告にヒントがあった。

「厳しい現実をもはねのける
    子どもの力強い生命力こそ
       私が敬愛する想像力の源だ」
               テリー・ギリアム


んーーむ、そうか。そう言われると納得。
苦境を楽しげに、タフで柔軟に生きていたもの。 ★★☆

e0038717_0125051.jpgローズ・イン・タイドランド
10歳の少女、ジェライザ=ローズが母を亡くし、ドラッグに溺れる父とともに彼の故郷へ向かう。奇妙な隣人との交流、ローズの友だちである人形の首との会話など、現実とイマジネーションが交錯する摩訶不思議な世界が、詩的な映像で表現されていく。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-07-22 00:14 | 海外映画
<< 太陽 パイレーツ・オブ・カリビアン ... >>