ゆれる

タイトルが全てを語っている。

事件が起こってから
人の心
それぞれの関係
隠し事
グラグラとゆれていく。

『カラマーゾフの兄弟』のようだ。
ギュッと凝縮して軽めに、日本的にした感じ。
性格は違うな。
見る側にドカンッと衝撃と印象を与えますね。

記憶が心のゆれで塗り替えられ
真実をごまかすってことなのか?

智恵子は稔を生理的に受け付けなかったのか?
猛と智恵子は互いに好きなのに
稔に遠慮していたのか?
人の気持ちは一面的じゃなく
表面に見える以上に複雑なんだなぁ。
身につまされるほどリアルだった。

同じ血を受け継いでいても
生き方が全然違って
近いが故に余計に比べてしまう。
相手を羨ましがっているが
相手もこちらを羨ましいと思っていたり。

救いは兄ちゃんを大切に思っているのが
身内以外にもいたってこともあるんじゃないだろうか。
稔が築き上げていたものだとも言えそう。
ガソリンスタンドで働いていた兄ちゃんが
猛に訴えた言葉が胸を突いた。

とか、まぁ、こねくりこねくり考えたくなりますね。
んで、やっぱ俳優ってスッゴいよなぁ
そうそう、オープニングが7〜80年代っぽかったな  ★★★★


e0038717_18103753.jpgゆれる
オダギリジョーが演じる弟の猛は、故郷を離れ、東京でカメラマンとして成功。一方、香川照之の兄・稔は実家のガソリンスタンドを継いでいる。母の一周忌に帰った猛だが、稔、幼なじみの智恵子と出かけた渓谷で、智恵子が吊り橋から転落死してしまう。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-06-10 18:36 | 邦画
<< パスティーシュ、好奇心の人、清水さん リトル・ミス・サンシャイン >>