赤ちゃんの逆襲

運の無い男の輪廻転生復讐ストーリーか?
と言うと不穏な空気ですが
赤ちゃんの復讐なので割と平和的です。

生まれ変わりといっても
おフランスなので仏教的なソレとは
また違うようです。
移るのってあり!?

姿は赤ちゃんで思考は運の無い男なので
子どもなのに大人のような
ホームアローン的な仕返しか!?と
派手なのを想像していたのですが
思っていたより地味だったなぁ。

むしろ周りの大人のドタバタの方が
多かった気がします。

赤ちゃんの父親で復讐される社長が
母性の薄い妻と
側で夜泣きしても全く起きない母の間で
愛情たっぷりに育児するのが微笑ましい。

子が歩き出してからのトレーニングや
表情に笑っちまいます。★★★


e0038717_22511540.jpg赤ちゃんの逆襲
何事にも運のない男が憎い相手の子供に生まれ変わってしまい、息子を溺愛する父親を困らせようと次々に騒動を起こすフレンチ・コメディ。「復讐に燃える赤ちゃん」というユニークな発想でその本性をブラックに笑いとばした本作は、フランスをはじめヨーロッパで大ヒットを記録した。父親役を演じた『奇人たちの晩餐会』のティエリー・レルミット、『トーク・トゥ・ハー』のレオノール・ワトリングらキャスト陣のコミカルな演技が見もの。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-05-06 22:57 | 海外映画
<< プルートで朝食を ヨシズミ of Joy Toy >>