トランスアメリカ

実父を探す男の子と
心身ともに女性でありたいと思うその父。
息子は同行する女性の正体を知らないまま
父探しの旅をする。

息子がいたことを17年もの間知らなかった戸惑いと
偏見のない愛情。
「知っている」と「知らない」、
「男」と「女」で起こる笑いと、ねじれ。

父であり女性であるブリーは
果たして手術できるのか?できないかも?という緊張感と
親子がそれぞれどんな道を選んでいくかも見所です。
あ、帽子も意外とポイントなのか?

んーむ、息子。初志貫徹だな。

ブリーを演じたのはどんな人だろうと思ったら
「デスパレートな妻たち」というドラマに出ている
れっきとした女性だった!
えぇ!?女性?!相当驚きました。
言われてみれば声は無理に低くしている感じ
いやぁ男顔だねぇ。役をやりきるカッコよさ、ピッタリです。
デスパレート〜見てみたくなったよ。
・・♪デ〜スペラ〜ド〜 ワイドンチュたりらりーら♪・・
あのドラマ見なかったなぁ。惜しいことをした。
息子役の人は金髪が似合わな〜いけれど美形です。
皆さん脱ぎっぷりがいいね・・・
驚きがたくさんあって面白かったです ★★★★

e0038717_12262672.jpgトランスアメリカ
性同一性障害と親子の絆をテーマに、ロードムービー風に描いた異色の傑作。ブリーは男性だが、肉体に違和感を覚え、女性になるための手術を控えていた。そんな彼の元に、逮捕された息子を引き取りに来てくれと連絡が入る。じつは、かつてブリーは結婚しており、そのときにトビーという息子ができていたのだ。ブリーは、教会の職員(もちろん女性)だと偽ってブリーと面会し、彼を養父の家へ送り届けようとする。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-03-21 12:30 | 海外映画
<< ナチョ・リブレ 幸せのポートレート >>