ブロークン・フラワーズ

ある日無記名の手紙が届いた。
元恋人かららしく内容には
“あなたには19歳になる息子がいます。”と。
隣人に発破をかけられピンク色をキーワードに
元恋人たちの家を探しにいくのだが・・・

何故、この人が美人にモテるのか?
場所が違えど同じ体勢でぼ〜〜っと無気力な顔。
長嶋茂雄さんかビートたけしさんに似ているなぁと
思っていたけれど、ドン・ファン並のモテっぷりは
どこから?口説き方が上手そうでもないし
優しさか?にしてもなぁ
隣人に薦められるがまま
嫌がりつつも気になる様子。
この隣人も旅行代理店並みに計画をたててくれる。
ドライブ中のCDセレクトまで。マメだねぇ
エチオピアンミュージックって言ってたっけ?
'60〜'70年代っぽくてカッコイイ。

見ている側にもヒントは与えられず
ドンと同じように「この人か?この人なのか?」と
予想するも思わせぶりな人や物が次々出て
全く分からない。
ハッピーエンドでもアンハッピーエンドでもないし
妙に余韻が残る作品だったな。
とても緩やかな流れで進展していきます。
微妙な表情で微妙な気分になる ★★★

映画中の風景で
山道や高速は車線こそ違うけれど
日本と言われても分からないくらいよく似ていた。

e0038717_18234490.jpgブロークン・フラワーズ
身に覚えのない息子の存在を知らされ、あたふたと過去に付き合った女たちを訪ね歩く中年男という役で、このビル・マーレイほどぴったりの役者はいないだろう。表情の変化は最小限に留めつつ、男の悲哀を観る者に伝える。その名人芸に感情移入してしまうのである。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-03-11 18:27 | 海外映画
<< 幸せのポートレート ククーシュカ >>