ククーシュカ

第二次世界大戦時、
ドイツの服を着せられたフィンランド人兵隊と
敵国ロシアの兵隊が
ラップランドの原住民ミーサ人女性の家で
共同生活を送ることに。

んーーむ・・
最後にメイキングでスタッフの話しを聞いた方が
より映画のストーリーが見える気がします。
タイトルのククーシュカはカッコーって意味だそうですが
映画の柱になっています。
原住民のアンニの行動にも関係あり。

三人それぞれ通じていないのに好き勝手一方的に話し
「なるほどねっ」と勝手に解釈しているので
ツッコミのいない漫才みたいで面白い。
日本人の自分には全部聞き慣れない言葉なので
普通に会話してるように混乱します。
見ながら「この三人は通じてないんだな」と
強く意識しておく。

そして幻想的のようで所々
現実にこんなことあっただろうなと思わせる場面があります。
冒頭の岩に鎖でつながれるシーン。
持ち物をそのまま残してくれるってのは
食料もあるし銃もあるので
生き延びることができるかもしれない。
反対に頭上で戦闘機が通り抜けるし
岩の上なので標的にされやすく
襲撃される可能性もある。

あと最後。
あぁ・・哀しい。
でも家族ができてよかったのかなぁ。★★★

ラップランドといえば『ニルスのふしぎな旅』
小さい頃1冊、子ども絵本を買ってもらって
何回も眺めたなぁ。
あの本どこいったっけ?

e0038717_1395551.jpgククーシュカ
フィンランド最北の地・ラップランドを舞台に、言葉の通じない3人の共同生活をユーモラスに描く感動ドラマ。1944年、戦争により傷ついたフィンランド人とロシア人兵士を、先住民族・サーミ族の未亡人が助ける。彼らは一緒に暮らすことになるが…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-03-04 13:17 | 海外映画
<< ブロークン・フラワーズ バンド・ワゴン >>