チワワの受難。本人気にせず。

昨日の出来事。
帰宅のため会社から駅へ歩いている途中で
それは起こったのです。

道は幅4、5mで車は一通。
人通りも、まぁほどほどにあります。
と、そこに向こうから数人の歩行者とともに
チワワと散歩途中のオババが歩いてきている。
このとき、そのオババと自分の距離は
そうだなぁ、、50m、もうちょっとあったか
(後日談:実際は50mもなかったかな。25mくらいか?)
「あ、人がくるな」くらいのもんでした。
チワワだ、とか思っていたその時!!

ガーーーーン・・

オババ、チワワをつないでいたリードを
グイっと上にひっぱり、チワワ宙づりに!
そのまま平然と反対側に渡るオババ。
つまり、首輪によって首つり状態になり
首がオエッと絞まっているってことですよ。

宙づりの間、チワワは少し歩いているつもりで(?)
足をヒョイヒョイと動かしていましたが
着地した時も、さほど気にしていないようで
宙づり前の小股でチョコチョコした歩みを
何事も無かったかのように続けていました。

あの、大人の猫より小さくて
常に震えている潤んだ瞳の超小型犬。
体重も軽くて体の比率としては
首も太く丈夫かもしれません。
んが!そんなに急いで横切る必要もなく
躾けのためにリードを引くわけじゃない。
オババとチワワの平然っぷりに
我が目を疑いました。幻覚だったのか?いやいや

少々荒く扱っても大丈夫って感覚なのかな。
こちらは慣れない情景にギョッとしましたよ。

犬を飼ったことがないので分かりませんが、
ウサギの耳を掴むとか
猫の首根っこを掴むとか
そういった範囲のことなのか・・・?
いや、しかし・・・なぜあのオババは。

謎は深まるばかりです。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-02-27 22:53 | 今日のひとしゃべり
<< バンド・ワゴン あっこんちはっ あっこんちはっ >>