ビフォア・サンセット

前作に『ビフォア・サンライズ』って作品があるようです。
それから9年後に再会する。

前作を見ていないのですが
二人の会話の端々から
だーいたいのことは分かりました。
しかしこの映画、1時間30分ぐらいあるのですが
その間、冒頭と合間のやりとりを除いて
ズーーーーーーーーーッと
二人がしゃべりっぱなし。すごい勢いでしゃべるよなぁ
場面展開も二人が出会ってから数時間
散歩しながら移動なので流れが繋がっています。

前作でどんな出会い方したんだろう。
瞬発的に恋に落ち、再会を約束して
その約束が果たされたのかってところで終わったようだ。

この作品を見ていると
親しい友人に会ったような感じ。
恋心があまり見えないカラッとした親しさ。
それ以来互いに想いを残しながら
ニアミスしていたことも発覚。
しかし片方が結婚していたこと
9年のブランク
突っ走りたいのに突っ走れない。
どうなっていくんだろうと
見ている側も想像を膨らませていきます。

んーどうなっていくんだろ。
前作同様、おそらく共通のテーマである
含みを持たせた終わり。
男女の心の距離、
くっつきそうでくっつかない微妙な揺れ。
余韻が残るなぁ    ★★★☆

あ!へぇーあの人がイーサン・ホークっていうのか。

e0038717_2110259.jpgビフォア・サンセット
9年前、ユーロトレインの車内で出会い、ウィーンで一夜だけを共に過ごした恋人たち。別れの時約束した半年後の再会を果たせないまま9年の月日が流れ、二人は遂にパリで再会した。しかし、二人が一緒に過ごせる時間はジェシーがNY行きの飛行機に向かうまでの、わずか85分。人生について、社会について、恋愛について、セックスについて…9年前の恋の結末を確かめたい気持ちとは裏腹に、とりとめのない会話を重ねる二人に、タイムリミットは刻一刻と迫っていく…
[PR]
by ukigumo-kaza | 2007-02-18 21:39 | 海外映画
<< インサイド・マン 僕の大事なコレクション >>